• 道内最大級の映画レビューサイト

『DUNE/デューン 砂の惑星』10月15日公開 作品レビュー

作品紹介

『ブレードランナー2049』で異次元の天才と称えられたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「キャリア史上最も重要な作品」と断言する、今最も世界から待望される最新作。主人公のポールに『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメ他、レベッカ・ファーガソン、ジェイソン・モモア、ゼンデイヤ、ジョシュ・ブローリンら超一流俳優が総出演。
世界観が変わる映像体験の『DUNE/デューン 砂の惑星』で、誰も観たことのないスペクタクル・アドベンチャーにダイブせよ!

ストーリー

全宇宙から命を狙われる、たった一人の青年、ポール・アトレイデス。彼には未来を見る能力があった。宇宙帝国の皇帝からの命令で一族と共に〈砂の惑星/デューン〉へと移住するが、実はそれはワナだった!父を殺され、巨大なサンドワームが襲い来るその星で、ポールは全宇宙の未来のために立ち上がるのだが・・・

作品レビュー

1965年に出版された「デューン」は壮大なSF叙事詩だ。ルーカスの『スター・ウォーズ』からスタジオジブリの『風の谷のナウシカ』に至るまで、そのイメージやアイデアなどが多くの作品に影響を与えてきた。

あまりにも広大なストーリーと神話は、アレハンドロ・ホドロフスキーやデヴィッド・リンチといった才能ある映画監督でさえも、それを完全に表現することはできなかった。

ホドロフスキーによる「デューン」の映画化プロジェクトは最終的に頓挫し、リンチの1984年の映画版はカルト的人気を集めたものの商業的な成功とは言えない結果だった。しかし今度の『DUNE/デューン 砂の惑星』は、原作の複雑さと神秘的な世界観を見事に映像化している作品だ。

監督のドゥニ・ヴィルヌーヴはカナダ出身の映画監督で、これまでに『メッセージ』『ブレードランナー 2049』など硬派なSF作品を手がけてきた。原作の壮大さを一本の映画として語ることは困難と判断した監督は、この映画を二部作で製作することを決定している。

本作では原作小説の物語の半分までを描いており、ぶつ切り状態で終わるのだが、続編の具体的な製作スケジュールはまだ決まっていない。続編は、第一部の興行面での成功を前提としているためだ。

物語の中心となるのは、インペリウムと呼ばれる大帝国の下で共存する複数の王朝派閥のひとつ、アトレイデス家だ。レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック)は、皇帝から銀河系で最も価値のある物質“スパイス”の産地である砂漠の惑星アラキス(通称デューン)の統治を任される。しかしそれは、残忍なハルコネン家による恐ろしい謀略のはじまりにすぎなかった……。

レト公爵の息子ポールを演じるのは、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ。彼の魅力的なカリスマ性は本作でも健在だ。その他のキャストには、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のレベッカ・ファーガソン、『アクアマン』のジェイソン・モモア、『アベンジャーズ』のジョシュ・ブローリンらが集結。豪華俳優陣のアンサンブルも見どころだ。

『DUNE/デューン 砂の惑星』は次世代の『スター・ウォーズ』であり、『ロード・オブ・ザ・リング』のようなスペクタクル・アドベンチャーを見せてくれる。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、今やSF分野における優れた映画監督のひとりに挙げられるだろう。

予告動画

『DUNE/デューン 砂の惑星』10月15日公開

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ロス ジョン・スペイツ ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演: ティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン 、ゼンデイヤ
ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム
上映時間:155分
配給: ワーナー・ブラザース
公式サイト

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

投稿者プロフィール

Hayato Otsuki
1993年5月生まれ、北海道札幌市出身。ライター、編集者。2016年にライター業をスタートし、現在はコラム、映画評などを様々なメディアに寄稿。作り手のメッセージを俯瞰的に読み取ることで、その作品本来の意図を鋭く分析、解説する。執筆媒体は「THE RIVER」「IGN Japan」「映画board」など。得意分野はアクション、ファンタジー。
error: Content is protected !!