• 道内最大級の映画レビューサイト

文豪ロマン・ガリの自伝【母との約束、250通の手紙】 作品レビュー

  • 2019年12月18日

作品紹介

セザール賞4部門ノミネート!
動員100万人を超える大ヒットを記録。フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪ロマン・ガリ。その波乱万丈で数奇な人生を描いた自伝『夜明けの約束』を、本作でセザール賞にノミネートされたシャルロット・ゲンズブールと、俊英ピエール・ニネという豪華共演で映画化。破天荒ながらも強い愛情を息子に注ぐ母親と、母の途方もない夢を叶えようと邁進する息子。あなたがいたから、僕がいる。激動の時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた母と息子。想像もしないラストに涙する感動エンタテインメント。

ストーリー

思い込みが激しく負けん気の強いシングルマザーのニーナ。彼女は息子のロマンがフランス軍で勲章を受けて外交官になり、大作家になると信じてその才能を引き出すことに命を懸けていた。母と共にロシア、ポーランド、ニースに移り住んだロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、幼い頃に母と取り交わした「約束」を果たすべく、いよいよ努力を惜しまないようになっていく。ニーナは、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなくー

作品レビュー

なんとも強烈な母親である。フランスの高名な作家であり、かつ外交官、さらには映画監督までをこなしたという異色の文豪ロマン・ガリの自伝小説の映画化は2度目だという。

史上まれにみる偉業をなしとげた大作家と、その生い立ち、母親との関係はいかなるものであったのか。小学生の息子がいる自分にとっても興味をそそられる物語である。

移民として異国に住むシングルマザー、ニナと息子ロマンの生活は決して恵まれた環境ではなかったし、まだ何者でもない幼い息子を天才と呼んでやまない母親の姿は痛々しくも映る。しかし後年息子の成し遂げることを目の当たりにすると、信じる力のもたらす結果に唸らされるばかりである。

のちに大作家となる息子ロマンの母親は豪傑なキャラクターで、シャルロット・ゲンズブールの怪演ぶりが光っている。将来息子は輝かしい成功を成し遂げるのだが、この母親の才覚も並ならぬものがある。

外国から移り住んできたシングルマザーは詐欺まがいのハッタリで高級ブティックを立ち上げたり、失敗しながら移り住んだ街でホテル業を始めたりと、波乱万丈の生きざまである。

息子を崇め、溺愛しながら恐ろしい重圧をかけ続ける姿は洗脳か、あるいは栄光への呪いとでも呼べそうな険しさであるが、息子もまた、そんな母の激しすぎる期待に応えようとする姿がいじらしい。

日々息子に手を焼いている私は、大げさな期待など少しも持てない状況であるが、信じる姿勢が子供の力を伸ばすものだろうか・・・などと考えさせられた。
とはいえあの母親の真似をするのは無理と言うか、子どもを壊しかねない勢いである。

母も激しい性格だが、息子もまた破天荒に育っていた。あちこちでトラブルを起こしがちな若者だが、母への愛情も人一倍である。病気で入院した母を思うあまり、主治医に対するキレっぷりは母譲りのせいか、狂犬なみである。息子ロマン役、ピエール・ニネの熱演にも魅せられる。

やがて戦地に赴いた息子を支え続けた母の手紙には、数奇な秘密が隠されていた・・・

ラストは息が詰まるほどの、裏切りとも言える母の深い愛に言葉を失う。彼女の生きざまこそがまるで、大作家のようでもあり、大いなるアーティストであったとも思える。

驚くべきエピソードで満ちているのは実話ならではか。思いがけないドラマあふれる秀作であった。

【母との約束、250通の手紙】

原題・英題
La promesse de l’aube
監督・脚本:エリック・バルビエ
出演:シャルロット・ゲンズブール、ピエール・ニネ
フランス=ベルギー/フランス語、ポーランド語、スペイン語、英語
上映時間: 131分
配給:松竹
公式サイト

© 2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

 

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなので映画レビューサッポロのライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!