• 道内最大級の映画レビューサイト

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』 作品レビュー

作品紹介

1996年アトランタ爆破事件の実話。その日、全国民が敵になった。 爆破事件の容疑者にされた男〈リチャード・ジュエル〉。彼の味方になったのは、世界いち無謀な弁護士だった。今、全国民を相手に反撃がはじまる。
「この物語は、今、我々の周りで起きていることとすごく似ているんだ。」クリント・イーストウッド(監督)
事件の第一通報者から第一容疑者となったリチャード。FBI内部からのリークによるメディアの実名報道、それに便乗する世間の誹謗中傷 。 『アメリカン・スナイパー』巨匠クリント・イーストウッド監督が描く、爆破の容疑者と真実を追う弁護士を描いたサスペンスドラマ。アカデミー賞俳優、サム・ロックウェル&キャシー・ベイツ出演。
本年度ゴールデングローブ賞ノミネート。 SNSが人々の生活に根付き、姿なき誹謗中傷が蔓延する現代社会。誰もが「被害者」、あるいは「加害者」にもなりえる混沌とした時代へ、クリント・イーストウッドが警鐘を鳴らす。

ストーリー

爆破事件の容疑者にされた男。その時、彼の味方になったのは、無謀な弁護士だった。今、全国民を相手に反撃が始まる。 1996年、アメリカ・アトランタで起きた爆破事件。数千人の命を救ったのは、勇気ある警備員のリチャード・ジュエルだった。しかし、国家とメディアの陰謀で、彼は容疑者として、顔と実名を世界中に晒されてしまう…。 過熱する報道、FBIの執拗な追求、世論からの誹謗中傷。しかし、たった一人、彼の無実を信じる無謀な弁護士ワトソンがいた。リチャードとワトソンは、巨大な権力に立ち向かうのだがーー

作品レビュー

今から20年以上前にオリンピックが開催されていたアトランタ。その最中にその地で実際に起きた爆破テロ事件。監督はクリント・イーストウッド。

イベント会場で怪しいリュックを見つけ、その中に爆発物があることに気付いた警備員のリチャード。物心ついた時から警官に憧れていた彼は率先して人々の避難を誘導し被害を最小限に抑え、一躍ヒーローとなる。

がしかし、F B Iがその爆破テロの犯人としてリチャードに疑惑を持っていることをマスコミが嗅ぎつけるとヒーローが一瞬にして罪人扱いに一転。最後まで息子の無実を信じる母親、そして彼の弁護士が最後まで味方としてリチャードに寄り添う。

記憶に新しい映画「ジョーカー」でも感じたが、アメリカは母一人子(息子)一人の家族を階級的にとても低い位置に置いている事実。私の思い過ごしだろうか、日本ではそこまで感じたことはない。本作もリチャードはその正義感と融通の利かなさで職を転々とする羽目になっているがニートではないし、家もごくごく一般的なので貧しい印象はない。が、リチャードが容疑者となるや大衆は「やっぱりね」という彼の家庭環境下を嘆く。

「ジョーカー」では病気の母親を息子である主人公が1人で支えていたので確かに弱小感は否めなかったが(家も貧しかった)今回は特にアメリカ社会における世間の目を痛感した。

そしてまたこの親子が真面目でお人好しで、その中で懸命に生きている姿が辛い。

母親役には「ミザリー」の怪演が今だに印象深いキャシー・ベイツ。息子の快挙を誰よりも喜んでいたが、第一容疑者として扱われるや否や常にオロオロし、いつでも泣けるような表情を浮かべている。そのどこにでもいる普通の母親を見事に演じきっており、さすがのキャリアを感じた。後半、息子の無実を世論に訴えるシーンはキャシー・ベイツだからこそ成せるリアリティだったと思う。

それにしてもF BIのずさんな捜査、権力に物を言わせた威圧的な対応、状況証拠以上の確証は何も得ていないにも関わらずリチャードを犯人だと祭り上げるマスコミには辟易する。にも関わらず自分を陥れようとしているFBIに協力的な善良リチャード。彼は自分の身の潔白を知っているからこそ、まさかFBIが真実をねじ曲げようとしているなど露ほどにも思わない。自分が憧れている法執行機関がそんなことをするはずはないと信じて疑わないのだ。

そんな若干面倒くさいリチャードの弁護士役はサム・ロックウェル。今回もいい味を出している。彼は役に恵まれていることもあるだろうが毎回魅力的である。今後の活躍も強く期待できる俳優の一人だ。

本作は登場人物すべての視点から観て体感してもらいたい作品となっている。

そして信じがたいが実話に基づくストーリーであること、クリント・イーストウッド監督が伝えたいことを是非読み取って欲しいと思う。

『リチャード・ジュエル』

監督/製作: クリント・イーストウッド
原作: マリー・ブレナー、バニティ・フェア 「American Nightmare:The Ballad of Richard Jewell」
脚本: ビリー・レイ「キャプテン・フィリップス」
製作: ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル
出演: サム・ロックウェル(「スリービルボード」(18))
キャシー・ベイツ(「ミザリー」(91))
ポール・ウォルター・ハウザー(「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」(18) )
オリビア・ワイルド(「トロン:レガシー」(10))
ジョン・ハム(ドラマ「MAD MEN マッドメン」(07‐15))

US公開:12月13日(金)
公式サイト
上映時間:2時間11分

©2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!