• 道内最大級の映画レビューサイト

生きる、をテーマにした心揺さぶる感動のスペクタクル超大作。『エヴェレスト 神々の山嶺』鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

無題

世界最高峰に命を懸ける男たちを圧倒的スケールで描く“感動”の超大作
『エヴェレスト 神々の山嶺』

世界的大ベストセラー・夢枕獏著「神々の山嶺」。そのスケールの壮大さから映像化が困難とされていた原作を『愛を乞うひと』の平山秀幸監督が待望の映画化!岡田准一、阿部寛、尾野真千子が、邦画初となる標高約5,200Mでの撮影に命懸けで挑んだ、感動のスペクタクル超大作

———————————————

実写化不可能と言われ続けてきた夢枕獏の原作。

平山秀幸監督がメガホンをとり、「芝居でもあり、ドキュメントでもある」と表現をしたこの作品は、日本映画史上初となるエヴェレスト標高5,200Mでの撮影が行われた。

つまり、エヴェレストで撮影されたことこそが、この映画の醍醐味なのである。

主人公の深町誠(岡田准一)は、売れない山岳カメラマンなのだが、借金までしてエヴェレスト撮影に挑むほどの野心家で、ふらりと立ち寄った骨董屋で見つけたマロニーのカメラに引き込まれていく。

そこで出会ったのが、数年前に消息不明になったと言われている天才クライマー、羽生丈二。(阿部寛)

羽生はアン・ツェリンというシェルパと共に現れ、そのカメラは自分たちから盗まれたものだと言って、カメラを持っていってしまう。

何故、マロニーのカメラを羽生が持っているのか?

日本に帰国した深町は、山岳史上最大のスクープかもしれないと、羽生について調べ始める。

そして羽生の過去を追い続ける深町のもとに、元恋人の岸涼子(尾野真千子)が現れる。

彼女もまた、自分の前から突然消えた羽生を探し続けていたのだ。

深町は、涼子とともに再び羽生に会うためにカトマンドゥへ向かう。

そこで目にしたのは、エヴェレストの最難関ルート、南西壁を冬に単独で制覇するという偉業に挑もうする羽生の姿だった。

WEB_メイン

主人公を演じる岡田准一といえば、かっこいい正当派ヒーローのイメージが強い。

そんな岡田准一からは想像のつかない野心家の深町誠は、仲間の滑落を目の前で見ておきながら、お金や名声など自分のことしか考えていない。

それに対する阿部寛が演じる羽生丈二も、昔を知る山岳仲間からはクズだ悪魔だと言われるほど。

そんな二人が、山へと引き摺りこまれていくのを尾野真千子演じる岸涼子の「山に何があるっていうんですか」という嘆きは二人には届かない。

愛する人を捨ててまで、前人未到の登頂に挑む羽生と、その挑戦をカメラマンとして見届ける深町。

命を削ってまで挑む、エヴェレストの山嶺とはなんなのか。

生きる、をテーマにした心揺さぶる感動のスペクタクル超大作。

『エヴェレスト 神々の山嶺』 

出演:岡田准一 阿部寛 尾野真千子

ピエール瀧 甲本雅裕 風間俊介 テインレィ・ロンドゥップ 佐々木蔵之介

原作:夢枕 獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)

監督:平山秀幸  脚本:加藤正人

(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

error: Content is protected !!