• 道内最大級の映画レビューサイト

青春&音楽映画『花と雨』 作品レビュー

作品紹介

今や世界のポップカルチャーの中心的価値観となり、日本でも新世代ラッパーたちの台頭やMCバトル番組の人気などで独自の盛り上がりを見せているラップ・ミュージック(≒ヒップホップ)。『花と雨』が描いているのは、そんなラップ・ミュージックというアートフォームの根底にある若者の自己承認欲求、息苦しい社会への怒り、地続きの場所にあるアウトローの世界といった、これまでの日本の映画やドラマが真っ正面から捉えることができなかった現代の若者のリアルな肖像を描いた映画である。

ストーリー

〈SEEDA〉伝説のアルバムからインスパイアされた儚くも、激しく美しいリアルユースムービー。

ロンドンで幼少期を過ごした吉田(笠松将)は、閉塞的な日本社会や学校の空気に馴染めないまま有名私立高校に通っていた。ある日、学校の外で偶然出会ったヒップホップ。

日本に帰ってきて初めて自分を表現できる場所と仲間を見つけて、身も心もヒップホップにのめり込んでいった。唯一の理解者である姉との約束を胸に、成功を目指してラッパーとしてのスキルに磨きをかける吉田だったが、ストリートでは仲間とドラッグディールに手を染めるようになっていく。ようやくデビューにこぎつけるものの、CDは思うように売れず、業界人からは裏切られ、ラップバトルでは因縁の相手に敗北。心の底から自分の居場所だと思えたヒップホップの世界で、現実の壁にぶつかることとなった吉田は、ただのドラッグディーラーとしての無為な日々を送るようになっていく。やがて、目の前の現実から逃げ続ける吉田を襲う仲間の逮捕、自身の逮捕、そして追い打ちをかけるように、ある悲劇が訪れる。絶望の果てで、吉田はラッパーとして、一人の人間として、もう一度立ち上がろうとする―。

作品レビュー

ヒップホップアーティストのSEEDAによる名盤「花と雨」を原案にし、SEEDAの自伝的エピソードも交えながら描かれた今作。
セリフの分量があまり多くないのだが、主人公・吉田を演じた笠松将の表情や動作からしっかりと感情が伝わってくるのが良い。
映画全体が小説のようで、吉田という青年の人生を1ページ1ページ読み進めるような印象だった。

幼少期をロンドンで過ごした帰国子女の吉田は、”人と違うもの”を受け入れない日本の閉塞的な部分にフラストレーションを溜めている。
学校にも馴染めず孤立していく吉田。そうなると人はどんどん堕ちていくもので、それを想像するのは容易い。

ここ数年で日本も色々と変わってきたとは思うが、SEEDAは同年代なので彼が学生だった頃は今よりもその差別的な要素は強かったのではないだろうか。
個性よりも協調性が求められていた時代だ。
今よりもずっと規制が緩く自由な時代に個性はおざなりで、コンプライアンス云々で様々な事を抑制させるこの時代に個性を大切にする風潮が生まれるという矛盾が実に日本らしいと改めて思う。

映画の話に戻ろう。
学校にほとんど行かなくなりいつの間にか中退していた彼は、ヒップホップに傾倒するようになる。
そこで見つけた仲間たちと、音楽で人生を切り開いていくのかと思いきや一筋縄ではいかない。
いくつもの悲しみや苦労の先に、ようやく彼が見つけた物。手にしたもの。大切にしたい想い。
後半、それらが一気に押し寄せてくる場面では観ている側も心が軽くなった。

個人的に、洋邦問わずヒップホップの世界ではドラッグが絡んでくるのがあまり好きではない。
ドラッグ無しで良い音楽は出来ないとでもいうのだろうか。
オーバードーズで亡くなってしまった敬愛するミュージシャンや俳優は数多くいる。そのほとんどは孤独や不安から逃れる為だったりもするのだろう。
ただ、彼等・彼女等の才能はドラッグ無しでも保ち得たと信じたい。
周りに流されたり、なんとなく格好良いからという理由で手を出すのはやめて欲しいと切に願う。
あなたの大切な人、あなたを大切に思う人が悲しむという事をどうか忘れないで欲しい。

『花と雨』ミュージックビデオ

『花と雨』

キャスト: 笠松将

大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平

花沢将人 MAX  サンディー海 木村圭作

紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐

つみきみほ  松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史  

原案:SEEDA・吉田理美

脚本:堀江貴大・土屋貴史 
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS

配給:ファントム・フィルム

2019年|日本映画|シネマスコープ|5.1ch|114分|PG12

公式サイト

©2019「花と雨」製作委員会 

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!