• 道内最大級の映画レビューサイト

ドリームワークス【バッドガイズ】10月7日公開 作品レビュー

  • 2022年9月16日

作品紹介

ユニバーサル・スタジオ×ドリームワークス・アニメーションが贈る

アニメ史上最もクール&セクシーな怪盗ドリームチーム、参上!!

構想6年、世界のトップに立つスタジオが、夢のアニメーション映画を完成させた! 大胆かつスタイリッシュな新作クライム・コメディだ。主人公は、権力者や富豪たちから華麗なテクニックで財宝を奪う怪盗集団〈バッドガイズ〉! 児童書にしてニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト入りを果たした同名コミックを原作とした本作は、予測不能でエキサイティング! 笑いに満ちたキャラクター、スパイ映画のスリル、ノンストップなカーチェイス、斬新なプロダクションデザインや多彩な音楽――そのすべてが合わさり、他のどんなアニメ映画とも異なる没入型の体験をお届けする。

また、日本語吹替版では、バッドガイズのリーダーで、泣く子も黙る“天才的スリ”のミスター・ウルフの声を尾上松也、ウルフの親友で皮肉屋な“金庫破り”スネークに安田顕、ラテン系“肉体派”で歌が得意なピラニアにはA.B.C-Zの河合郁人、“変装の達人”でラップが特技のシャークにチョコレートプラネットの長田庄平、そして “天才ハッカーの毒舌ガール”タランチュラの声をファーストサマーウイカと個性豊かな吹替キャスト陣が勢ぞろい! アニメーション史上最もクール&セクシー、心ときめく怪盗ドリームチームが、いよいよ日本上陸!!

ストーリー

「ワルをやるなら思い切り」を合言葉に、次々とハデな盗みを成功させてきた怪盗集団〈バッドガイズ〉。“天才的スリ”にしてカリスマ的リーダーのミスター・ウルフが率いるのは、“金庫破り”スネーク、“肉体派”ピラニア、“変装の達人”シャーク、そして“天才ハッカーの毒舌ガール”タランチュラだ。
お尋ね者の5人組が次に狙うのは、名立たる強盗たちも奪えなかった伝説のお宝〈黄金のイルカ〉(ルビ:ゴールデン・ドルフィン)。国立美術館で開催されるパーティに潜り込み、大胆な作戦でイルカを手に入れる──も、あと一歩のところで大失敗、逮捕されてしまう!彼らは街の名士マーマレード教授の更生プログラムを受けることになり、〈バッドガイズ〉を〈グッドガイズ〉に変えるという、まさかの実験が行われる。知事と警官の監視のもと、ノッたフリしてウラをかき、〈黄金のイルカ〉強奪の再チャレンジをもくろむバッドガイズ。だが、その裏で、さらなる巨悪が密かに動き始めていた──。
史上最大の盗みをクリアして歴史にその名を刻むはずが、悪の陰謀に気づいてしまった〈バッドガイズ〉。今、悪いヤツらが世界を救うという、前代未聞のミッションが幕をあける!

作品レビュー

オオカミ、ヘビ、サメ、ピラニア、タランチュラ・・・
「バッドガイズ」なるメンバーに、よくぞここまで「ザ・悪役」な面々を思いついたものだと思う。それらをチームにしてコミックの主人公にするという発想が斬新である。

原作はオーストラリアでブレイクした児童書シリーズであり、何年も前から複数のスタジオが映画化権を希望したという注目株である。準備に2~3年、制作に3年、コロナ禍の影響はあったとは思われるが、完成まで約6年もの歳月が費やされたという渾身の作である。

さてオオカミを始めとする「バッドガイズ」なる面子だが、実はひどく悪辣でもなく、どちらかというと愛嬌のあるキャラクター達と言える。仲間のために誕生日パーティーを催したり、一緒に写した写真を愛おしげに眺めたり、財宝を盗むのも無邪気でお楽しみ好きな活動の一環のようである。

本作は鳥山明、宮崎駿といった、日本のビッグネーム達の影響も受けているという。確かに画や動きの雰囲気が某有名怪盗三世を彷彿させる。日本人にはいかにも馴染みやすい世界観ともいえる。

ストーリーはわかりやすくユーモラスで、テンポよく展開してゆく。ツッコミどころ満載、大人も子どもも親しみが持てるのではないだろうか。日本語吹き替えの声優、役者陣もゴージャスな顔ぶれでキャラクターを引き立たせている。

愛すべき面々「バッドガイズ」達のクールでコミカルな冒険と奮闘ぶりを楽しんでいただきたい。

予告動画

【バッドガイズ】10月7日公開


キャスト/スタッフ
ミスター・ウルフ:サム・ロックウェル/尾上松也
スネーク:マーク・マロン/安田顕
ピラニア:アンソニー・ラモス/河合郁人(A.B.C-Z)
シャーク:クレイグ・ロビンソン/長田庄平(チョコレートプラネット)
タランチュラ:オークワフィナ/ファーストサマーウイカ
ダイアン・フォクシントン:ザジー・ビーツ/甲斐田裕子
マーマレード教授:リチャード・アイオアディ/山口勝平
署長:アレックス・ボースタイン/斉藤貴美子
ティファニー:リリー・シン/高橋真麻
監督:ピエール・ペリフェル
原題:The Bad Guys/アメリカ/2022年/上映時間: 100分
配給:東宝東和  ギャガ <東宝東和ロゴ><GAGAロゴ>
公式サイト

© 2021 DREAMWORKS ANIMATION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

投稿者プロフィール

Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなので映画レビューサッポロのライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!