• 道内最大級の映画レビューサイト

広瀬すず×松坂桃李【流浪の月】5月13日公開 作品レビュー

作品紹介

広瀬すず 松坂桃李 ダブル主演 
本屋大賞受賞の傑作小説×監督:李相日が贈る、ある「愛」のかたち。

実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じます。さらに、横浜流星が事件から15年後に文と再会してしまう更紗の現在の恋人・亮を、多部未華子が癒えない心の傷を抱える佐伯文に寄り添う看護師・谷あゆみを演じるほか、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明他、豪華俳優陣が脇を固めます。

いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負い、息を潜めるように生きてきた2人。誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えたまま再会した2人が選んだ道とは――?

恋愛、友情、家族愛……そんな既存の言葉では括れない、限りなく稀有な2人の関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『悪人』『怒り』などの李相日監督。また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術監督・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結します。

ストーリー

雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。
それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて…

作品レビュー

「事実と真実は違う」がテーマの本作。
小児性愛、誘拐、DV、ネグレクトと、なかなか壮絶な内容である。9歳のときに誘拐事件の被害者と報道された少女・更紗(広瀬すず)と、更紗を誘拐したという罪で逮捕された19歳の大学生・文(松坂桃李)。彼らの事件当時と現在の物語だ。

小学生の更紗の父は他界し、母は出て行ったため叔母の家に住むが、あることから家に帰りたくなかった。更紗は雨降りの公園で19歳の文と出会い同居することに。

2ヶ月間の同居で更紗は安堵し、ふたりは楽しく暮らしていたが、結果的に更紗は発見される。ふたりに恋愛と性的な関係はなかったけれど、誘拐の被害者、誘拐と小児性愛の加害者というレッテルに、15年間苦しむこととなる。

15年後、大人になった更紗はエリート商社マンの亮(横浜流星)と出会い同棲していたが、亮の性格との暮らしを不安に思う。ある日、偶然文が働くカフェを発見する。15年経っても若くて変わらない文に興味を持ち、コーヒーを口実に店を訪れる…

私たちは、周囲や集団の意見を自分の意見のように受け止め、他人のジャッジに影響されて生きている。他人批判をする際に「皆がそう言ってるから」という言う人は、多勢を借りた自己主張の正当化をしているだけで、実は自分の意見など持ち合わせてはいない。

世間は更紗を誘拐された可哀想な女性とされ、文は小児性愛者と位置づける。社会が勝手に作り上げた常識や偏見と噂によって、ふたりの人生は大きく変わってしまう。

文役を演じた松坂桃李は、その圧倒的な演技力と無機質な雰囲気に驚かされた。19歳と33歳の文にそれほど違いはなく、老化しない原因はラストの方で何となく理解る。年齢に拘わらず、更紗に優しい態度で接する文に愛おしさを感じる。

更紗を暴力で支配する亮を務めたのは横浜流星。
イケメンで優しい好青年のイメージを覆す、横浜流星の極悪非道ぶりの怪演に驚く。

長年のデジタルタトゥー(ネット上の個人情報)で晒され、15年経過しても他人の噂の的になる更紗役を演じた、広瀬すず。
客観的に作られた事実の否定をせず、真実を暴露しなかった更紗には共感できないが、優しい文に惹かれるのは理解できる。世間を気にしない更紗の行動には少しイライラし詰めが甘いと感じた。

33歳の文が付き合う女性・あゆみ役に多部未華子。文との恋愛を進展させたいが、更紗の出現を不審に思う。

文の母親役は内田也哉子で、樹木希林を思い出す強い存在感を放っている。

デジタルでの誹謗中傷は、今の社会が抱える闇の一つでもある。理不尽や偏見との闘いなど、様々なメッセージが含まれている。

『皆もそう言ってるから』は稚拙な言い分である。集団圧力や噂話に惑わされないようにしたい。「愛」のかたちも多様化しており、恋愛と結婚が当たり前だった時代はもう終わったのだ。

150分の映画という短い尺の中で、文の身体的な問題や小児性愛嗜好の真実はぼかされているので、さらなる詳細は原作を読んで確かめてほしい。

予告動画

【流浪の月】5月13日公開

原作: 凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社 刊)
出演: 広瀬すず、松坂桃李 横浜流星、多部未華子 / 趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子 / 柄本明
監督、脚本: 李相日
撮影監督: ホン・ギョンピョ
配給:ギャガ
上映時間: 150分
公式サイト

©2022「流浪の月」製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!