• 道内最大級の映画レビューサイト

日露共同製作映画「ハチとパルマの物語」5月28日公開 作品レビュー

  • 2021年5月13日

作品紹介

検疫検査を通過できず仕方なく空港に置き去りにされる忠犬パルマ。いつの日か飼い主が迎えに来ることを信じて、今日もパルマは滑走路の傍らでじっと待ち続ける…。

2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で待ち続け、今も多くの人に語り継がれる感動の実話“パルマの物語”が待望の映画化。世界に先がけ2021年3月にロシアで1,500館規模の超拡大公開、そして初夏、日本をはじめ世界に向けて感動を届けます。

パルマを見守り、その孤独を分かち合う少年コーリャとの触れ合い。意外なきっかけで結ばれるハチ、そして大館の秋田犬(あきたいぬ)たちとの絆。国境も時代も超えた子どもたちと犬の物語に、いま世界の注目が集まっています。

主役のコーリャ少年には、映画初主演となるレオニド・バーソフ。そして、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のヴィクトル・ドブロヌラヴォフをはじめとする熟練のキャストが脇を固めています。さらに日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演。また、フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場します。

主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)がソロ・アーティストとして手掛け、本作にも出演しています。監督は俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフJr.。

撮影は2019年からロシア・モスクワと秋田県大館市で行われました。ロシアと秋田が生んだ奇跡の感動作、是非ご期待ください。

ストーリー

話は現代の秋田県大館市、秋田犬の里オープニングセレモニーから始まる。ロシアの空港で働くコーリャ。テレビで流れる秋田犬の話題に目が留まる。ふと我に返ると、自分の小さな頃の犬との忘れられない思い出があふれてくる。

旧ソ連の空港でのできごと。飼い主とともにプラハに行く予定だったジャーマンシェパードのパルマは、搭乗のための書類不備で乗機を拒否される。飼い主は仕方なく、こっそりパルマを滑走路に放つ。パルマは空港に住み着き、毎日滑走路で飛行機を見上げ、2年間も飼い主の帰りを待ち続けた。その姿はやがて空港のシンボルとなり、人々の心を打つ。

時を同じくして、9歳のコーリャ少年が空港に現れる。彼は母親を亡くし、パイロットである父親に引き取られるのだが、母を失った悲しみと、良い思い出のない父親との生活ですっかり心を閉ざしてしまう。コーリャとパルマ、孤独なもの同士の友情はすぐに生まれた。

ある日、空港に日本人に連れられた秋田犬が現れる。飛行機への搭乗を待つ秋田犬に、パルマは仲間を見つけたかのように走り寄るが、その傍らには優しい主人がいる。二人を見送るパルマの眼に、この上ない寂しさが宿っていることにコーリャは気付く。彼はパルマに自分の姿を投影する。「飼い主のもとへ戻してあげたい」と、たくさんの人の協力を得て行動を起こす。少しずつ心を開き始め、父親もコーリャに向き合おうと努力する。そしていよいよパルマと飼い主の再会の日、パルマは嬉しそうだが、なぜかコーリャのもとを離れようとしない…。

予告動画

作品レビュー

日露合作映画の本作は、日本での場面や日本の俳優陣も出演していて親近感を覚える。

ソビエト時代のロシアを舞台としているが、犬と少年が主人公のせいか、ストーリーやキャラクターがわかりやすいためか、全体的に邦画を見ているような気分になる。

ロシア人と日本人が話すとき、それぞれが自国の言語のみを話しつつも、互いによく理解しあっている場面があり斬新だった。現実ではそこまでかみ合わないのではと思いつつ、映画という世界の中で、あえて通訳的なポジションをあてがわなくてもシーンの意味は差し障りのないものだと納得した。

ロシア映画を観る機会は少ないが、悪役やピエロ的なキャラクターがこうもわかりやすく、コテコテ感があるのも昔懐かしい邦画の趣がある。一方で主要人物の過去の傷や葛藤については繊細に描かれていて、共感しやすくなっている。

母を亡くし、パイロットである父に引き取られた少年コーリャと飼い主に置き去りにされたパルマと呼ばれる犬が主人公だが、少年はともかく犬の方は、空港という重要スポットにおいてかなりのドタバタ騒動を巻き起こし、アウトな存在に見える。

それでもパルマを守ろうとする少年や好々爺的なおじさんなど、良い出会いに恵まれパルマを取り巻く環境は驚くべき変化を遂げてゆく。少年と父の葛藤や関係性の築き直しなど、親子の絆や信頼といった人間ドラマにも引き込まれる。

犬や動物が好きな人が楽しめるポイントもふんだんに盛り込まれている。犬同士の出会いや秋田犬のシーンはとても可愛い。こうして見ると、犬ながらパルマは外国人の顔で、秋田犬は日本人の顔のように見えてくる。個人的には秋田犬の素朴で涼し気な目元やこざっぱりしたルックスに魅了されてしまった。

犬好きの方はもちろん、そうでなくとも犬を飼ってみたいと憧れてしまうかもしれない。老若男女を問わずお勧めできる、良作であった。

「ハチとパルマの物語」5/28 札幌シネマフロンティア 他で公開

キャスト: 渡辺裕之 藤田朋子 アナスタシア 壇蜜 高松潤 山本修夢 早咲 アレクサンドル・ドモガロフ レオニド・バーソフ ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ 阿部純子(友情出演) 堂珍嘉邦(友情出演) アリーナ・ザギトワ(友情出演)
監督:アレクサンドル・ドモガロフJr.
脚本:アレクサンドル・ドモガロフJr./村上かのん
主題歌:「愛の待ちぼうけ」堂珍嘉邦(AGレーベル)
配給:東京テアトル
上映時間: 110分
akita-movie.com

©2021 パルマと秋田犬製作委員会

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなので映画レビューサッポロのライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!