• 道内最大級の映画レビューサイト

グザヴィエ・ドラン監督の最新作『マティアス&マキシム』9月25日公開 作品レビュー

  • 2020年9月22日

作品紹介

グザヴィエ・ドランが『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受け描いた、愛の傑作。1980年代のイタリアを舞台に二人の青年のロマンスを描いた映画『君の名前で僕を呼んで』を観た後「しばらく動けないほどに感動した。そして僕自身の20代の頃を思い返した。」と語ったドランは、この名作に応えるように現代を生きる二人の青年マティアスとマキシムの等身大の物語を誕生させた。また、地元カナダ・ケベックを舞台に6 年ぶりとなる自作への出演を果たし、“仲間役”には本当の友人たちを登場させるなど制作にあたり特別なこだわりを見せた。突如芽生えた感情、溢れ出す愛おしさ、触れたい衝動、追いかける眼差し、誰かを好きなることの切なさと歓びが凝縮された新たな愛の傑作が映画史に刻まれる。

ストーリー

30歳のマティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス)とマキシム(グザヴィエ・ドラン)は幼馴染。その日も一緒に仲間のパーティへ向かうが、そこで彼らを待ち受けていたのは友達の妹からの、あるお願い。彼女の撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じることになった二人だが、その偶然のキスをきっかけに秘めていた互いへの気持ちに気付き始める。美しい婚約者のいるマティアスは、思いもよらぬ相手へ芽生えた感情と衝動に戸惑いを隠せない。一方、マキシムはこれまでの友情が壊れてしまうことを恐れ、想いを告げずにオーストラリアへと旅立つ準備をしていた。迫る別れの日を目前に、二人は抑えることのできない本当の想いを確かめようとするのだがー。

作品レビュー

鑑賞した直後に、再び見返したくなるような映画である。

正直に言えば、一度目はわかりにくい部分もあったのだが、2度目になると、あちこちにちりばめられた含みの部分に気付くことができるし、人物の感情の動きが非常にわかりやすく感じる。

はじめは若者たちの友達づきあいの様子や頻繁に集まって過ごす描写に若いがゆえのイタさが感じられた。友人達と過ごす場面は、それぞれの青春時代を思い出させられるものだろうか。

主役のふたり、マティアスとマキシムはともに不器用な青年のようだ。

近々外国へ旅立つマキシムの顔には大きなアザがある。前半だとわかりかねるが、この彼の顔のアザにはとても意味のある演出が隠されている。

物語の前半は、なんだかモヤモヤしたまま進んでゆく。全編を通してのこの歯がゆさは、素直に正直になれない彼らの状況が凝縮されている。仕事も順調で美しい婚約者もいるマティアスが、複雑な感情に苛まれるところもうまく描かれている。

友人や好きな人を傷つけてしまう時の痛みや、そこからぎこちなく、恋する者たちの触れ合うシーンに心を貫かれる。あれほどまでに切なく、心しめつけられるラブシーンがかつてあっただろうか。愛しさが溢れだし爆発するかのようなマティアス役・ガブリエルの熱演は名場面であろう。

本作の監督グザヴィエ・ドランはマキシム役として主演もこなしている。彼はイタリア映画「君の名前で僕を呼んで」に感銘を受け、ラブストーリーを描きたいと熱望しこの作品が生まれたという。やはりこちらも鑑賞してみたくなった。

この「マティアス&マキシム」も多くの表現者たちの心に触れ、新たな作品を芽生えさせるに違いない。

歯がゆくままならない、理不尽な恋のもどかしさが余すところなく描かれている。観る人それぞれの青春時代が投影されるような、痛く切ない恋を疑似体験させられてしまう、そんな秀作である。

予告動画

『マティアス&マキシム』9月25日札幌シネマフロンティア 他全国で公開


監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
出演:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、グザヴィエ・ドラン、ピア・リュック・ファンク、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァル
配給:ファントム・フィルム
原題:Matthias & Maxime/2019年/カナダ/120分/ビスタ/5.1ch
公式サイト
©2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなので映画レビューサッポロのライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!