• 道内最大級の映画レビューサイト

大泉洋&小池栄子主演『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』2月14日公開 作品レビュー

作品紹介

太宰治もあの世で笑ってる? 未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる!
没後70年を経てもなお人気の衰えない昭和の文豪・太宰治。彼の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させ、舞台で上演したのが2015年。舞台「グッドバイ」は観客を笑いと多幸感で包み込み、第 23 回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。この作品が、情けないのになぜかモテるダメ男・田島役に大泉洋、美貌を隠し我が道を生きるパワフル女・キヌ子には、舞台版で同役を「当たり役」とした小池栄子という最強キャストを得て、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。共演は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊という華麗な実力派俳優陣。監督は『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。 嘘(にせ)夫婦の計略を見届けたとき、あなたの人生ももっと愉快に輝き出す―!

ストーリー

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。闇稼業で小金 を稼いでいた文芸誌編集長の田島周二は、優柔不断なくせ に、なぜか女にはめっぽうモテる。気づけば何人もの愛人を抱 え、ほとほと困っていた。そろそろまっとうに生きようと、愛人たちと別れる決心をしたものの、別れを切り出すのは至難の業。一 計を案じた田島は、金にがめつく大食いの担ぎ屋・キヌ子に 「嘘(にせ)の妻を演じてくれ」と頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗えば誰もが振り返る女だったのだ!男は女と別れるため、女は金のため―。 こうして、水と油のような二人による“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

作品レビュー

美人な愛人たちと別れるため「すごい美人」を妻として連れて歩く。

正妻と愛娘に会うために・・・

気弱で女たらしのダメ編集長を演じるのは大泉洋。北海道民なら彼のダメ男役はハマリ役と言っていいほど自然に受け入れられた。そして偽妻の「すごい美人」役に小池栄子。だみ声で闇市の担ぎ屋をしている彼女がまさかの絶世の美女。小池栄子の変身ぶりに目を奪われたのは大泉洋だけではなかったハズ。

「美人は3日で飽きる」と言われているが、小池栄子演ずるキヌ子はギャップ萌えする美人だ。

別れを告げられる美人な愛人たちも一筋縄ではいかない個性的な女性ばかり。

花屋の女性を演じる緒川たまき、画家の女性を演じる橋本愛、女医を演じる水川あさみ。別れを切り出すには何か理由が必要な女性を妖艶な色気で演じている。

そして、正妻を演ずるのは木村多江。和服でしとやかに微笑む姿は正妻ハマリ役。

ダメ男のダメ奮闘が終戦後の明るく楽しい時代を音楽とともに滑稽に描いている。

職場や映画館での喫煙シーンは新鮮に見えるだろう。

いつの時代も女は強し。

仕事より女が好きなダメ編集長につけがまわってくる。

どこからだろう、ダメ編集長に慈悲の心が芽生えてきたのは・・・

おそらく編集部の純朴な社員役の濱田岳に、輝く笑顔がこぼれ始めたあたりからだったと思う。

ストーリーが進むにつれコメディ感がアップしていく、最後の最後まで楽しめる痛快喜劇映画です。

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』 札幌舞台挨拶 2020年2月6日 in 札幌シネマフロンティア

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』2月14日(金)札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他で公開

【出演】大泉洋 小池栄子/水川あさみ  橋本愛  緒川たまき  木村多江/
   皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ  犬山イヌコ  水澤紳吾 /
  戸田恵子・濱田岳 / 松重豊
【監督】成島出(『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』)
【原作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より)
【音楽】安川午朗
【脚本】奥寺佐渡子
【配給】キノフィルムズ
上映時間: 106 分
公式サイト
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

投稿者プロフィール

Kieko
Kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
error: Content is protected !!