2018年11月14日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

変なおっさんはアナログで行く!!『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』11/9公開 試写の感想

  • 2018年11月2日

抱腹絶倒のスパイ・アクション・コメディ最新作が、遂に日本上陸!

作品紹介

ジェームズ・ボンドと同じく、イギリスのスパイなのにコードネーム(007)は特になし、イーサン・ハントと異なり、どんな作戦(ミッション)も全て不可能(インポッシブル)にしてしまう、恐れを知らない&危険を知らない、そして何にも分かっていない“天災的スパイ”が6年ぶりに帰ってきた!

主人公ジョニー・イングリッシュを演じるのは、“Mr.ビーン”として日本でも大ブレイクした、イギリスを代表するコメディアン、ローワン・アトキンソン。ひねりの効いたジョーク&体を張ったギャグなど、愛すべき“時代遅れ”の“変なおっさん”というキャラクターが生み出すベタな笑いは本作でも健在である。

ストーリー

サイバー攻撃によって、イギリスの諜報機関MI7の現役スパイ達の情報が漏洩してしまい、隠居していたジョニー・イングリッシュが最後の頼みの綱として何故か呼び出される。
早速、裏で   操るハッカーを見つける為に任務を開始するが、限られたスキルしか持っていない彼にとって、  最先端のテクノロジーの方が脅威だった・・・果たして、ジョニーは世界を救う事が出来るの
か?

今、ヨーロッパを股に掛けたアナログの逆襲が始まる!

試写の感想

主演のローワン・アトキンソンと言えば、かつて大ブレイクしたMr.ビーンの役者さんである。昔からMr.ビーンのファンだったので、彼の親友である例のクマのぬいぐるみも所有していたりする。Mr.ビーンごっこをしたい人には必須アイテムであっただろう。

 

その割には、「ジョニー・イングリッシュ」シリーズはチェックしていなかった。試写前にTSUTAYAに借りにいったものの、残念ながら貸し出し中だった。

 

最新作からの鑑賞になったものの、話がわからなくて困るということはなかった。Mr.ビーンのキャラクターがそのまま、ヘボヘボなスパイぶりをいかんなく発揮してくれている。そうは言ってもMr.ビーンよりはセリフも多くて、子供たちに慕われていたり、美女スパイに心ときめかせたり、人間らしい部分も好演していた。

 

間隔をおかずに繰り出されるコメディシーンに声をあげて笑っていたのは私だけではなかった。個人的には、Mr.ビーンでも披露されていた時代不詳の謎のダンスに釘付けだった。車椅子に乗った老婆に暴力をふるうシーンも、スキャンダラスながら笑えてしまう。

 

昔、テレビでローワン・アトキンソン氏のインタビューを見たことがあった。

 

驚愕だったのは、ルックスはMr.ビーンだというのに、ローワン・アトキンソン本人は実に洗練された知的な紳士であったことだ。鋭い洞察力や堂々とした話しぶりに、非常に聡明な人だという印象を受けた。

 

俳優本人もそのまま変な人なんだろうな・・・とイメージしていた自分の、なんと幼稚な思い込みであったことか。あのMr.ビーンのキャラクターは創作で、本来はスマートなローワン氏の変貌ぶりにすっかり騙されていた。

 

Mr.ビーンといい、ジョニー・イングリッシュといい、ローワン・アトキンソンという人はあの強烈なキャラクターを「演じている」という事実に舌を巻いてしまう。恐るべき怪演ぶりである。

 

Mr.ビーンのファンの方にはおすすめしたくなる作品であるのは間違いない。遅ればせではあるが、過去シリーズも全てチェックしたくなった。奇天烈で憎めない、変なおじさんスパイの迷走ぶりに目が離せなくなりそうだ。

予告動画

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他11月9日から公開

 

監督:デヴィッド・カー
出演 :ローワン・アトキンソン、オルガ・キュリレンコ、エマ・トンプソン
原題: JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN 
上映時間:89分
公式サイト
配給:東宝東和

ⓒ2018 UNIVERSAL STUDIOS

 

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなのでHMRライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!