2018年11月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

地球規模の同時多発災害勃発!『ジオストーム』

  • 2017年11月12日

 

作品紹介

「ジオストーム」:地球規模の同時多発災害のこと

「300」ジェラルド・バトラー主演、その弟役に「クラウド・アトラス」ジム・スタージェスが熱演。「インディペンデンス・デイ」のチームが、これでもか!?とパニック映像を繰り出し、往年のハリウッド・スターも配した贅沢なエンタメ大作。

ストーリー

ある日、天気が支配された。
世界中が度重なる自然災害に悩まされている中、
全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、
世界の天候は完璧に管理されていた。
ところが、ある日、衛星が暴走を始めた!
リオ・デジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に・・・
想像を絶する空前絶後の災害が勃発!
なぜ!? 地球はどうなる!!?
その時、科学技術者ジェイクは仲間と共に地球の危機に立ち向かった。

試写の感想

自然災害とは容赦ないものだ。無秩序で、無慈悲で、理不尽この上ない。
世界中で、いつ起こるかもわからないそれらに人類は多大な犠牲を払いながら蹂躙され続けてきた。ただそういうものとして、その存在を受け入れるしかなかった。

 

そんな災害や天候をコントロールできるとしたら。まさに人類にとって夢の世界だろう。

神の領域にほかならない。

 

近未来、気象コントロール衛星「ダッチボーイ」の開発に成功し、世界は自然災害の恐怖から解放された。ダッチボーイを完成させるために、各国は自国の利益のみを追求するのではなく、協力してひとつの目的を達成させる必要があった。

 

ジェラルド・バトラー演じるジェイクはダッチボーイの開発者。完璧なシステムを生み出したが、率直で歯に衣着せない言動や行動によっていざこざが絶えなかった。それまでトラブルを収めてきたジム・スタージェス演じる弟のマックスも兄をかばいきれない。ジェイクはクビになり、マックスがダッチボーイ運営の責任者となった。

 

数年後、完璧にコントロールされていたはずの世界の気象は突如暴走を始める。恐ろしい災害の場面はまさに地獄絵図。圧倒的で絶望的な、これまでに見たことのない狂った自然の脅威が画面いっぱいに展開される。

 

ダッチボーイの不具合を修復しなければ世界各地で深刻な災害が同時に多発する最悪の事態「ジオストーム」を引き起こす。それは人類の滅亡を意味していた。異変に気付いた人たちは次々に不慮の死を遂げ、マックスの要請を受けて調査に乗り出したジェイクも命を狙われる。

 

ショッキングな災害映像に息を飲むだけではなく、ミステリーと人間ドラマもまた見どころである。ダッチボーイの不具合は事故か、あるいは何者かによる不正操作か・・・?
スパイ、裏切り者の存在を疑えばきりがなく、誰を信じられるのか疑心暗鬼になってしまう。

 

ジェイクとマックス、兄弟の確執のたどり着く先は?

登場人物たちの恋愛のゆくえは・・・?等々、異なる要素のストーリーの面白さにも引き込まれる。

 

かつて見たことのないパニック映像、魅力的な役者陣の演技。
まさに王道と言うべきエンターティメント大作。
ぜひとも劇場で味わっていただきたい。

 

予告動画

『ジオストーム』2018年1月19日(金) 全国ロードショー

 

■キャスト
 ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アンディ・ガルシア、エド・ハリス

■スタッフ
 監督:ディーン・デヴリン
 脚本:ディーン・デヴリン&ポール・ギヨー

■配給
 ワーナー・ブラザース映画

■公式サイト:http://www.geostorm.jp/
  公式Twitter:@warnerjp  #ジオストーム地球破壊

■上映時間
 1時間49分

■原題
GEOSTORM

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなのでHMRライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!