• 道内最大級の映画レビューサイト

小樽が舞台の韓国映画『ユンヒへ』2022年1月7日公開 作品レビュー

作品紹介

韓国から小樽へ。降り積もる雪の下に隠されていたのは、母とその初恋の女性が閉じ込めた恋の記憶。東アジアに生きるふたりの女性の愛を描き、世界中で絶賛されたラブストーリー。

2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020 年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞を W 受賞した映画『ユンヒへ』の監督・脚本を手掛けたのは、長編2作目となる新鋭のイム・デヒョン。岩井俊二監督の『 Love Letter 』にインスパイアされた本作ではロケ地を北海道・小樽に選び、二人の女性達が心の奥にしまってきた恋の記憶を描き出す。

ストーリー

韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒの元に、長い間、連絡を絶っていた初恋の女性から一通の手紙 が届く。
母の手紙を盗み見てしまった高校生の娘セボムは、自分の知らない母の姿をそこに見つけ、手紙の差出人である日本人女性ジュンに会わせようと決心をする。セボムに強引に誘われるかたちで、ジュンが暮らす北海道・小樽へ旅立つユンヒ。それは、二十年前の自分と向き合う、心の旅でもあった――。

作品レビュー

韓国ではタブー視され、正面から表現されることが無かった女性同士の恋愛を、岩井俊二監督の映画『 Love Letter 』のように、劇中で主人公のユンヒとジュンが綴った手紙を互いに読むという、モノローグが中心となっている。

ユンヒが住む韓国の地方都市と、ジュンが住む北海道小樽市の映像の対比が特徴的である。韓国KTXが流れるように走り去る風景から突然、JR小樽行き列車の冬の海の風景へと場面が切り替わる。

2019年・釜山国際映画祭のクロージング作品で、小樽での撮影は2019年1月~3月。両親の実家が小樽市という筆者には、小樽は見慣れた風景だが、韓国に住む方には、小樽の深い雪景色とノスタルジックな風景に魅力を感じることだろう。

ユンヒとジュンのレズビアンとしての性的マイノリティ、韓国と日本のミックスというジュンのマイノリティという少数派の生きづらさが、本作のテーマとなっている。
小樽でユンヒとジュンを20年振りに再会させる、ユンヒの娘・セボムとジュンの叔母・マサコ。3世代の女性の物語は、小樽の美しい景色を背景にしっとりと流れていく。

朝里の宏楽園ホテル、グランドパークホテル、ル・キャトリエム 運河通り店、小樽運河、旧手宮線など小樽市民には見慣れた風景が登場する。小樽っ子と、小樽が大好きな方々に鑑賞してほしい。新型コロナ感染の終止符が来たら、また多くの外国人観光客が、小樽へ訪れてくれることを願う。

予告動画

『ユンヒへ』2022年1月7日シアターキノ札幌で公開

監督・脚本:イム・デヒョン
出演:キム・ヒエ、中村優子、キム・ソへ、ソン・ユビン、木野花、瀧内公美、薬丸翔、ユ・ジェミョン(特別出演)ほか
2019年/韓国/シネスコ/カラー/ 105 分/ 5.1ch /原題 윤희에게 /
 配給:トランスフォーマー
公式サイト
©2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTUR ES. ALL RIGHTS RESERVED.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!