• 道内最大級の映画レビューサイト

綿矢りさの恋愛小説を映画化『ひらいて』10月22日公開 作品レビュー

作品紹介

「たとえ」が好き でも、彼には「秘密の恋人」がいた
芥川賞受賞作家・綿矢りさが描く小説「ひらいて」を、今映画界で注目を集める弱冠26歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜が実写映画化。主人公の女子高生・木村愛役に若手の中でも最注目の女優・山田杏奈を大抜擢。彼女と共に熾烈な三角関係を描く主要キャストに、映画初出演の作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)と実力派若手女優・芋生悠を迎えた、青春映画の系譜を飛び越えた乱反射する少女の愛憎エンターテイメントがついに公開。

ストーリー

高校3年生の愛(山田杏奈)は、成績優秀、明るくて校内では人気者。
そんな彼女は、同じクラスの“たとえ”に片思いをしている。彼はクラスでも目立たず、教室でもひっそりと過ごす地味なタイプの男子。だが寡黙さの中にある聡明さと、どことなく謎めいた影を持つたとえに、愛は高1の時からずっと惹かれていた。しかし、どこか人と関わりを持つことを避けているようなたとえに、愛はなかなか近づけずにいた。
自分だけが彼の魅力を知っていると思っていた。だが、彼が学校で誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然見てしまった事で事態は一変する。「たとえに、好きな人がいるのではないかー」その疑惑がぬぐいきれず、愛はある夜、悪友たちと学校に忍び込み、その手紙を盗んでしまう。手紙の差出人は、糖尿病の持病を抱える陰気な少女・美雪。その時、愛は、初めてふたりが密かに交際していることを知るのだった。
学校内でも目立たない彼女の存在が突如たとえの彼女だと知り、熱い恋心が乱反射する。そして自らの気持ちを隠して美雪に近づいていく愛。そこから愛と美雪、たとえの関係は思いもよらぬ方向へ・・・。

作品レビュー

主人公・愛のエキセントリックな恋愛ぶりには驚くばかりだった。まだ恋愛に未熟な高校生ゆえに綺麗に描写されているが、いい年齢の大人だと単なるドロドロの三角関係にしか見えない。本作『ひらいて』では愛・美雪・たとえ、三人の関係と心模様の変化を深く掘り下げている。

華があり人気者の愛の好きな男子たとえには、美雪という大人しい彼女がいる。彼らの交際を壊すために美雪に近づく愛。思いもよらない心理戦を含んだ恋愛模様が展開する。

手に入らないなら全て壊してやりたいと突き進む、身勝手で自己愛の強い愛が、計画的に美雪と深い関わりを持つことで複雑な感情がわき起こる。

ラストまで愛の気持ちはよく理解できなかった。もちろん年齢的なギャップもあるとは思うが、真の恋愛と自己愛や承認欲求は紙一重だと感じた。
たとえが好きな愛だが、実は自分だけが好きなのだろう。そんな愛が少しだけ成長し誰かのために行動するところが私は好きだ。

倫理観や価値観によって『ひらいて』の感想はかなり異なるだろうが、『こじらせ女子』を得意とする綿矢りさ作品の中でも、愛は究極のこじらせ女子である。愛の理解し難いダークな世界を心配しながら観てしまう。
そして地味なはずの男子たとえ役の(HiHi Jets/ジャニーズJr.)作間龍斗の憂いのある美しさが逆に際立っていた。

予告動画

『ひらいて』10月22日公開

山田杏奈
作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 芋生悠
山本浩司 河井青葉 木下あかり
板谷由夏 田中美佐子 萩原聖人
監督・脚本・編集:首藤凜
原作:綿矢りさ『ひらいて』(新潮文庫刊)
音楽:岩代太郎
主題歌:大森靖子「ひらいて」(avex trax)
配給:ショウゲート
上映時間: 121分
PG12
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
公式サイト

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!