• 道内最大級の映画レビューサイト

岡田准一主演 超絶アクション×コメディ『ザ・ファブル』6月21日公開 作品レビュー

 

岡田准一×超絶アクション×コメディ!!

伝説の殺し屋が挑む究極ミッション!誰も殺さず、一般人として暮らせるか!?

作品紹介

あなたの隣のちょっと変な人は、休業中の殺し屋かもしれない――

週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化!

“どんな相手も6秒以内に殺す――“。通称【ファブル(寓話)】と呼ばれる謎の男は、裏社会では伝説の殺し屋として誰もが恐れる存在だった。しかし、仕事をし過ぎた彼にボスが与えた新たな任務は【佐藤アキラ】という偽名を使い一般社会に溶け込み誰も殺さず、1年間《普通》の生活を送ることだった―。

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、日本映画界を代表する演技派俳優・岡田准一。自らも数種の武術や格闘技のインストラクター資格を持ち、『SP』『図書館戦争』などで高い身体能力を見せた岡田が、コミック原作映画初出演にして、初めての「殺し屋」役に挑戦!「殺してはいけない殺し屋」を、アクション全開ながらも、時にコミカルに演じます。アキラの相棒・ヨウコ役には 木村文乃。ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス役には佐藤浩市。アキラが初めて出会う一般人の女性、ミサキ役に山本美月。アキラを狙う殺し屋・フード役には福士蒼汰

その他アキラと深く関わる裏社会の人間に柳楽優弥、向井理、安田顕。アキラを雇うバイト先の社長に佐藤二朗ほか、これ以上ないほど今の日本映画界屈指の豪華なオールスターキャスティングが実現! かつてない興奮を呼び起こす超一級エンターテイメントがついに始動!

監督には、CM界の巨匠で、カンヌをはじめ数々の広告祭の受賞歴があり、広告界でトップを走り続け、映画やドラマも手掛ける江口カン。
脚本には『20世紀少年』シリーズや『GANTZ』、『進撃の巨人』など、スケール感があるエンタテインメント作品を描かせたら随一の渡辺雄介。また、本作最大の見せ場となるアクションシーンは海外からもスタッフを招聘し、圧巻のシーンに!世界水準の度肝を抜くアクションにも大注目の作品が誕生します!

ストーリー

“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する

作品レビュー

1秒だって目が離せない、瞬き厳禁の痛快アクションコメディが日本映画界随一と言える高い身体能力と超絶アクションを岡田准一主演で映画化。

凄腕の殺し屋アキラ(岡田准一)がボス(佐藤浩市)に相棒のヨウコ(木村文乃)とともに1年間の一般人として休業生活を言い渡され、大阪の街で殺しだけをして生きてきたアキラが不殺の指令を守り奮闘する。

ファブルを追う新世代の殺し屋のフードは福士蒼汰が演じており、大阪のマフィアとして強面を披露する向井理とともに、今までにない役柄で新たな一面を見せつけられた。

見るまではコメディとしての要素が強いのかと思っていたが、目まぐるしくアクションシーンが進んでいくので目が追いつかないくらいで、改めて岡田准一の高い身体能力が存分に披露されている。

監督の江口カンはCM界でその名を轟かせているが、この映画でもところどころで印象的なシーンが多くて目を惹かれてしまう。

ド肝を抜くアクション、ハッピー過ぎる笑い、最後はまさかのグッとくるドラマまで用意された型破り救出ミッションエンターテイメント。

2019年夏、かつてない興奮に震えること必須の、最強エンターテイメントが誕生する!

予告動画

『ザ・ファブル』札幌シネマアロンティア 他 6月21日公開

監督: 江口カン
出演: 岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、佐藤二朗、安田顕、佐藤浩市
上映時間:123分
配給:松竹

公式サイト

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

error: Content is protected !!