• 道内最大級の映画レビューサイト

プリンスプロジェクト始動!!【PRINCE OF LEGEND】作品レビュー

 

作品紹介

”胸キュン”の時代は終わり、“新時代”が幕を開ける。
個性豊かな王子が大渋滞!!
映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベント…。
“プリンスバトルプロジェクト” が始動!
王子たちの聖戦が今、はじまろうとしている―。

『王子』 それは世界中の女子たちの憧れ。
『王子』 そう呼ばれるのは、ほんの一握りの者たちだけ・・・。
これは選ばれし王子たちの物語。

「ある日突然、目の前に白馬に乗った王子が現れ、自分と恋に落ちたら―」そんな“女の子”として生まれたすべての女子たちの”シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクトが誕生!

“王子”といっても、好みは人それぞれ。
ここには、「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」「ダンス王子」「先生王子」
「美容師王子」と、バリエーション豊かな王子が大渋滞!
圧倒的なルックスを誇る王子たちがハイレベルな争いを繰り広げ、“伝説の王子”が誕生します!

 

キャストは、今年、自身初の単独ドームツアーを成功させるなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのGENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー。


劇団EXILEより、映画・TVドラマをはじめ出演作が相次ぐ鈴木伸之、町田啓太。
昨年のメジャーデビュー以降、人気実力ともに急上昇中のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎。


その他、モデルとして活躍中の飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち らが集結!


この作品でしか観ることのできない「圧倒的王子感」を持つ出演者たちが集結しました。

ここ数年、”胸キュン”が世の中を席巻しましたが、その時代はもう終わり。
「PRINCE OF LEGEND」は”胸キュン”の次元を超え、今までの常識を覆し、TVドラマ、映画、ゲーム、ライブなどあらゆるメディアと連動して、個性豊かな王子たちとの<新時代ラブエンタテインメント>をお届けします

ストーリー
◆連続ドラマ
彼らがなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか・・・?
14人の王子たちの物語からはじめよう。
総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄涼太)は容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、バイリンガル、仕草のすべてが気品に溢れる”セレブ王子”。
ある日、父親からの紹介で下町ヤンキー界のカリスマである”ヤンキー王子”京極尊人(鈴木伸之)と出会う。住む世界も性格も真逆の2人だが、あることをきっかけに”大切なもの”をかけてバトルすることになる。

しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野玲於)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも参戦してきて――。

14人の王子がなぜ『伝説の王子』を目指すことになったのか。
それぞれの王子が王子としてのプライドをかけて闘う”プリンスバトル”が今、はじまろうとしている。

◆映画
セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者ただ一人だけが、「伝説の王子」として認められる。
そして今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、14人の王子たちがここに集結!

「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな―。」
王子たちの憧れの存在である果音のこの一言がきっかけとなり、
かつてない王子たちの聖戦(プリンスバトル)の火ぶたが切って落とされる!!
果たして、「伝説の王子」の座を射止める者は誰か―?

◆伝説の王子七箇条
その1 王子たる者、美しくあれ
その2 王子たる者、やさしくあれ
その3 王子たる者、逞しくあれ
その4 王子たる者、知性を持て
その5 王子たる者、カリスマ性を備えよ
その6 王子たる者、統率力を持て
その7 王子たる者、女性を守れ

「伝説の王子」は、その名を世に広めていくため、王子活動に従事する。

試写の感想

女性ホルモンがキュンキュンする映画です!

2018年10月にテレビドラマが放送。

深夜にイケメンだけを見続け、そのまま寝ると夢に現れそうなくらい幸せな気持ちになったドラマの最終章を、映画館の大スクリーンで見ることができた。

もう夢みたい!!

映画の冒頭はドラマのダイジェストをしっかりと紹介。

そして成瀬果音を奪い合うプリンスバトルのプロローグが始まる。

「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」「ダンス王子」「先生王子」「美容師王子」。

好みは人それぞれ。でも、誰も彼もカッコイイ一面を持っているから、バトル中のドアップと甘い言葉に顔がにやける。

全部王子だから主役は誰?と聞かれると好みの王子を言ってしまいそうだけど、作品上の主役は朱雀奏、アヒル口で微笑む笑顔とキラッキラの瞳に吸い込まれそうになる

奏のライバルは京極尊人、ヤンキーだけど必死で一途な彼を応援したくなった人も多かったと思う。さらに生徒会長王子こと綾小路葵、なぜ着物?と思ったがその鍛え抜かれた筋肉美にはため息がもれた。あの筋肉シーン、見逃さないように気を付けて!

そして、プリンスバトルの競技がまた観客をキュンキュンさせる。

こんなイケメンにあんなことされたら膝から崩れ落ちる!!

気が付くと目じりが下がってニヤけている自分がいた。

エンドロールとともに現実に引き戻されないように気を付けて!

キュンキュンして女子力アップ!ぜひご鑑賞ください。

予告動画

【PRINCE OF LEGEND】3月21日 全国東宝系にてロードショー

【キャスト・スタッフ】
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久
【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー
【チームネクスト】吉野北人・藤原樹・長谷川慎
【チーム先生】町田啓太
【チーム3B】清原翔・遠藤史也・こだまたいち
【チーム理事長】加藤諒・大和孔太・白石聖

監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Piece of me/m-flo
上映時間: 94分

公式サイト

©2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

投稿者プロフィール

Kieko
Kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
error: Content is protected !!