• 道内最大級の映画レビューサイト

『52ヘルツのクジラたち』3月1日公開 作品レビュー

作品紹介

本屋大賞受賞 魂が涙する傑作小説、待望の映画化!
杉咲花、志尊淳、宮沢氷魚、小野花梨と、最旬若手実力派キャストが、人間の光と影を見つめ続ける名匠・成島出監督の元に結集。原作は2021年本屋大賞を受賞した同名小説。主題歌は本作に深く共嗚したSaucy  Dogが書き下ろした。「世界で最も孤独なクジラ」たちにも、その声なき声に耳をすませてくれる相手がきっといるCその声はいつか届く 。切なる想いの先に、胸を揺さぶる希望の光を届けてくれる、愛の物語が完成した。

ストーリー

傷を抱え、東京から海辺の街の一軒家へと移り住んできた貴瑚は、虐待され、声を出せなくなった「ムシ」と呼ばれる少年と出会う。かつて自分も、家族に虐待され、搾取されてきた彼女は、少年を見過ごすことが出来ず、一緒に暮らし始める。やがて、夢も未来もなかった少年に、たった一つの“願い’’が芽生える。その願いをかなえることを決心した貴瑚は、自身の声なきSOSを聴き取り救い出してくれた、今はもう会えない安吾とのかけがえのない日々に想いを馳せ、あの時、聴けなかった声を聴くために、もう一度立ち上がる―。

作品レビュー

本屋大賞を受賞した傑作小説が待望の実写化!

東京から海辺の街の一軒家へと移り住んできた貴瑚(杉咲花)。

キナコとも呼ばれていた彼女は辛い現実から逃げるようにこの街へやってきた。

急に若い女性が1人で越してきたという話は一気に広まり、貴瑚は好奇の目で見られる事になるー

杉咲花、志尊淳、宮沢氷魚、小野花梨と、最旬若手実力派キャストが成島出監督の元に結集。

苦しい場面が多いものの、「自分は誰かにとって大切な存在である」と思える事で生きていけるという本質的な部分には少しだけ救われた気がした。

キナコにとっての安吾(志尊淳)がそうだったように、虐待され声を出せなくなった少年にとってはキナコが闇の中の一筋の光だ。

日々のニュースで目にする悲しい事件や、何度も問題視されては忘れられてしまう子供たちへの虐待。

数多くの映画作品でもそれらは描かれているものの、反省して欲しい人たちの元へそのメッセージは何も届かず全くもって解決していない現実。

悲しみと虚しさを感じるが、それでもこれから先もこうしたメッセージを届け続けて欲しいと思う。

声なきSOS。

「世界で最も孤独なクジラ」と言われる52ヘルツのクジラたちだが、その声に気付いてくれる相手もきっといる。

そう信じたい作品だった。

『52ヘルツのクジラたち』


監督:成島出『八日目の蝉』
原作:町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社刊)
出演:杉咲花 志尊淳 宮沢氷魚 小野花梨 桑名桃李  
金子大地 西野七瀬 真飛聖   
池谷のぶえ 余貴美子/倍賞美津子
主題歌:Saucy Dog「この長い旅の中で」
2024年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/136分  
配給:ギャガ
公式サイト

© 2024「52ヘルツのクジラたち」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。
error: Content is protected !!