• 道内最大級の映画レビューサイト

「かがみの孤城」12月23日公開 作品レビュー

作品紹介

2018年本屋大賞を史上最多得票数で受賞した辻村深月のベストセラー小説「かがみの孤城」。子どもから大人まで幅広い世代に愛され、累計発行部数が160万部を突破したこの人気ファンタジーミステリーが、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』などを手掛けた原 恵一監督により劇場アニメ化!當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴、芦田愛菜、宮崎あおいなど豪華声優陣を迎えた。

ストーリー

学校での居場所をなくし、部屋に閉じこもっていた中学生・こころ。ある日突然部屋の鏡が光り出し、吸い込まれるように中に入ると、そこには不思議なお城と見ず知らずの中学生6人が。さらに「オオカミさま」と呼ばれる狼のお面をかぶった女の子が現れ、「城に隠された鍵を見つければ、どんな願いでも叶えてやろう」と告げる。

期限は約1年間。戸惑いつつも鍵を探しながら共に過ごすうち、7人には一つの共通点があることがわかる。互いの抱える事情が少しずつ明らかになり、次第に心を通わせていくこころたち。そしてお城が7人にとって特別な居場所に変わり始めた頃、ある出来事が彼らを襲う――
果たして鍵は見つかるのか?なぜこの7人が集めれたのか?それぞれ胸に秘めた〈人に言えない願い〉とは?すべての謎が明らかになるとき、想像を超える奇跡が待ち受ける───

作品レビュー

学校での居場所をなくし家に閉じこもる中学生・こころを主人公に「鏡の中の城」で巻き起こる出来事を描いたファンタジーミステリー。

原作は直木賞作家・辻村深月氏のベストセラー小説で、この度劇場アニメ化となった。

辻村美月作品はどれも割と物悲しい内容が多いのだが、不登校など今現在多くの学校で問題になっている事をテーマとした「かがみの孤城」には勇気と感動がある。

作者自身も本作が誰かの「城」のような居場所になればいいという思いを込めながら書いたと述べている通り、救いとなるような理解や共感を得られる描写が多い。

アニメでも少年少女の細やかな心情や、学校へ行けない事への様々な葛藤が丁寧に描かれていた。

主人公こころの声を担当したのは當真あみ。

北村匠海はこころとともに「鏡の中の世界」に招かれるリオンの声を、物語の鍵を握るオオカミのお面を被った謎の少女・オオカミさまの声を芦田愛菜が担当するなど話題にも事欠かない。

この冬、この作品に触れて多くの気づきを得て欲しいと思う。

「かがみの孤城」12月23日公開


出演:當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴 / 芦田愛菜 / 宮崎あおい
原作: 辻村深月「かがみの孤城」(ポプラ社刊)
監督: 原 恵一
主題歌:優里「メリーゴーランド」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
脚本: 丸尾みほ
音楽:富貴晴美
配 給: 松竹
上映時間: 116分
公式サイト

©2022「かがみの孤城」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。
error: Content is protected !!