• 道内最大級の映画レビューサイト

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』12月9日公開 作品レビュー

作品紹介

運命に翻弄されながら再会を願い続けた2人の
11年に及ぶ愛の実話―
「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」
零下40度を超える厳冬のシベリアで、死と隣り合わせの日々を過ごしながらも、
家族を想い、仲間を想い、希望を胸に懸命に生きる男が実在した――
第二次世界大戦終了後、60万人を超える日本人がシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留され捕虜となった。あまりにも残酷な日々に誰もが絶望する状況下において、ただ一人、生きることへの希望を捨てなかった人物…、それが山本幡男<やまもと はたお>である。ラーゲリでの劣悪な環境により栄養失調で死に逝く者や自ら命を絶つ者、さらには日本人捕虜同士の争いも絶えない中、山本は生きることへの希望を強く唱え続け、仲間たちを励まし続けた。自身もラーゲリに身を置き、わずかな食糧で過酷な労働を強いられていたが、仲間想いの行動とその力強い信念で多くの捕虜たちの心に希望の火を灯した。

そんなラーゲリで一筋の希望の光であった山本幡男の壮絶な半生を、その高い演技力と豊かな表現力で俳優・アーティストとして、多くの人々に希望を与え続けてきた二宮和也が演じ、映画化されることが決定。

そして、時代に翻弄されながらも愛する夫を信じて待ち続ける山本幡男の妻・山本モジミを、様々な役を演じ分ける実力派俳優として男女問わずに高い人気を得ている、北川景子が演じる。

更に、山本と共に極限のラーゲリを生き抜く捕虜仲間として、豪華キャストが集結。戦禍で友人を亡くしたトラウマから自身を「卑怯者」と思い悩む松田研三を松坂桃李、最年少でムードメーカーの新谷健雄を中島健人、昔ながらの帝国軍人として山本に厳しくあたる相沢光男を桐谷健太、過酷な状況下で心を閉ざしてしまう山本の同郷の先輩・原幸彦を安田顕が熱演する。また、山本幡男の長男・顕一の壮年期を、テレビドラマ「収容所から来た遺書」(93/CX)で山本幡男を演じた寺尾聰が担う。日本映画界を牽引する演技派俳優陣の共演により、観る者の心を掴んで離さない珠玉の人間賛歌がスクリーンに描き出される。

ストーリー

第二次大戦後の1945年。そこは零下40度の厳冬の世界・シベリア…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」絶望する捕虜たちに彼は訴え続けた――

身に覚えのないスパイ容疑でラーゲリに収容された山本は、日本にいる妻・モジミや4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じ、耐えた。劣悪な環境下では、日本人同士の争いも絶えなかった。戦争で心の傷を負い傍観者を決め込む松田や、旧日本軍の階級を振りかざす軍曹の相沢らに敵視されながらも、山本は分け隔てなく皆を励まし続ける。更に、元漁師の純朴な青年・新谷には学問を教え、過酷な状況下で変わり果ててしまった同郷の先輩・原にも声をかけ続けた。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた捕虜たちの心を次第に溶かしていく。

終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲をくぐり抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。たった一人で子どもたちを育てている妻を想い、山本は涙を流さずにはいられなかった。

誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には彼の体は病魔に侵されていた…。体はみるみる衰えていくが、愛する妻との再会を決してあきらめない山本。そんな彼を慕うラーゲリの仲間たちは、厳しい監視下にありながらも、山本の想いを叶えようと思いもよらぬ行動に出る。そしてモジミに訪れる奇跡とは――

作品レビュー

実話をもとに制作された本作。

主要キャストが全員主役級という豪華な顔ぶれで、力の入りようが感じられる。

戦争映画は多く存在するが、本作は戦争が終わったにも関わらず長く続いた日本兵の捕虜の実態を描いている。終わりの見えない過酷な環境下の過酷な労働。映画ということでかなり緩和された表現にはなっていたが、現代人の我々には目を背けたくなるようなシーンがいくつもあった。まさに「地獄」である。

そんな中で希望を持ち続けた男、山本を演じたのが二宮和也。最初こそ遠巻きに見ていたり鬱陶しく感じていた周りの人間も、いつしか命をかけて彼を守りたいと思うようになる。

そんな山本の妻役には北川景子。戦後まもない日本でひもじい思いをしながらも、シベリアの強制収容所で過す夫とは雲泥の差である。彼女もまた周りが諦めている中、必ず再会できると希望を持ち続け子供たちと一緒に、夫の帰りを待っている。

先述のとおり、実際の捕虜生活は数倍も過酷だったと想像するに容易い。そんな中で聖人君子のような山本が本当に実在した人物なのか、正直信じられない。生きる信念が凄まじい。現代人は自分も含め簡単に諦める。諦める方が楽だからだ。

そして家族という大事な存在が、どれだけ当時の兵士たちの心の支えになっていたのか痛いほど伝わってくる。重みが全然違う。自分が生きる意味がどこにあるのか、全くブレを感じさせなかった。

果たして奇跡は起きるのか、山本と家族は再会できるのかーー。

人間が同じ人間を人として扱わない世界が、間違いなくあった。

そしてそれは現在もあるのかもしれない。

なぜ今この映画が制作されたのか、何を伝えたいのか。平和な日本に生きる私たちは、改めて考えるきっかけを与えてもらったと思う。

「64ロクヨン」「糸」「護られなかった者たちへ」等、今まさに旬な監督のひとりである瀬々敬久監督には今後も期待したい。

『ラーゲリより愛を込めて』12月9日公開


キャスト: 二宮和也 北川景子
松坂桃李 中島健人 寺尾聰 桐谷健太 安田顕 ほか
原作:辺見じゅん 『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(文春文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:林民夫
上映時間: 134分
公式サイト

(C)2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 (C)1989 清水香子

投稿者プロフィール

坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!