• 道内最大級の映画レビューサイト

香取慎吾『犬も食わねどチャーリーは笑う』9/23公開 作品レビュー

作品紹介

コメディだけど怖いんです、いい意味で。笑えない二人の笑えるガチゲンカ、はじまり、はじまり。

「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言うけれど、その喧嘩が大ごとになったら? 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、愛しさ余って憎さ百倍、いや千倍! 万倍!? ひと組の夫婦のゆずらないバトルをコミカルに描いたブラックコメディ。『箱入り息子の恋』『台風家族』などオリジナル脚本でも勝負する市井昌秀監督の最新作。夫の裕次郎を演じるのは、主演の香取慎吾。映画『凪待ち』をはじめ多くの映画で様々な顔(役)を見せてきた香取が、本作では平凡で、情けなくて、ダメな夫を何とも愛おしく演じている。

妻の日和を演じるのは岸井ゆきの。映画『愛がなんだ』『やがて海へと届く』をはじめ、テレビや舞台、幅広く活躍する実力派。可愛らしさと毒舌さ、両方を合わせ持つ日和をチャーミングに演じきった。また、裕次郎の同僚役には、井之脇海、的場浩司、余貴美子というちょっぴりクセ強めのバイプレイヤーがズラリ、夫婦のバトルを盛り上げる!大いに笑って、大いにヒヤリとして、大いに泣ける、ブラック“ラブ”コメディが誕生です。

ストーリー

SNS〈旦那デスノート〉に投稿された、恐ろしい本音の数々!!単なる偶然? それとも……まさかこれって、自分のこと!?
この物語の主人公、裕次郎と日和は結婚4年目の仲良し夫婦? というのは(もちろん)表向き。鈍感夫にイライラする日和は、積もりに積もった鬱憤を吐き出さなきゃやってらんないわー! と、出会ってしまったのは、SNSの〈旦那デスノート〉。そこには妻たちの恐ろしい? 本音、旦那たちが見たらゾッとするようなエグイ投稿がびっしり書き込まれていた。そしてある日、裕次郎もその存在を知ってしまう!「これって俺のことか?」気になる投稿のペンネームはチャーリー。日和と一緒に飼っているフクロウの名前もチャーリー…ってことは!夫婦ゲンカのゴングの鐘が、いま鳴り響く!!

作品レビュー

夫婦喧嘩は犬も食わないとは言うものの、一度こじれると修復は難しい。まして旦那が能天気で、家事を手伝わずに全て妻にお任せでは、恨まれても仕方ない。

主人公の田村裕次郎(香取慎吾)と日和(岸井ゆきの)は、結婚4年目と仲睦まじそうに見えるが、日和は不満を心に溜めていた。日和のはけ口は、旦那デスノートというSNSに旦那の悪口を書いては憂さを晴らし、イイネ数が多いと嬉しい承認欲求で満たされたいた。ある日、日和が自分の悪口をペットでフクロウのチャーリーの名前で書き込みしていることを知り、夫婦の関係に大きな溝が生まれる。

裕次郎の体格が日和の2倍と大きすぎるため、マンションの部屋が狭く感じるし、居間には裕次郎の筋トレベンチがあり、寝室は裕次郎の体格の割りには狭くて夫婦のプライベートスペースが無いため、観ているこちらも圧を感じてしまう。

裕次郎はホームセンターで働き、仕事は真面目だが家事は全く手伝わない。日和はコールセンターで勤務しているが、家事の分担がないため、負担は大きい。不平不満から生まれたSNSへの旦那悪口投稿は、裕次郎には残酷だが全て真実だ。

夫が憎くて嫌いになりつつある日和。妻のSNSでの悪口が耐えられない裕次郎。だけど2人が出会った馴れ初めや、感動を思い出すと虚しさを感じる。

現実的で夫婦ならあるあるネタだろう。
悲劇で喜劇だが、この物語に素敵な脇役たちの騒動が混ざり、面白くて可笑しい映画となっている。裕次郎がポジティブに連発する『いい意味で』、その言葉に苛つく日和に、なんか理解るー!と女性なら感じるはず。

市井昌秀監督・脚本の本作は、香取慎吾を主人公として当て書きされ、「大切な人との関係性を見つめ直す」ストーリーで主人公は「情けない、だらしない、自己中心的な香取慎吾」を書いたという。

結婚直前の方が本作を観ると、マリッジブルーになるかもしれない。夫婦も結婚4年経てば、互いのライフスタイルと価値観が変化する。自己中な夫と、不満を持つ妻の関係を続けていくのは大変だ。夫婦の滑稽な様子を黙ってジッと見つめるフクロウのチャーリー。

夫婦喧嘩の果てに行き着く先は、結局は夫婦ってこんなものなのね…と妥協していくしかないのだろうか?

裕次郎の職場の撮影は島忠ホームズ(ニトリホームセンター)で、閉店後に撮影をしたという。見慣れたホームセンターでの日常感が楽しく、すっきりと楽しめるコメディである。ストレス解消に是非観ていただきたい、いい意味で!

予告動画

『犬も食わねどチャーリーは笑う』9月23日公開


監督・脚本: 市井昌秀
出演  香取慎吾、岸井ゆきの、井之脇海、中田青渚、小篠恵奈、松岡依都美、田村健太郎、森下能幸、的場浩司、眞島秀和、徳永えり、峯村リエ、菊地亜美、有田あん、瑛蓮、きたろう、浅田美代子、余貴美子
製作:“犬も食わねどチャーリーは笑う”
配給:キノフィルムズ
公式サイト
上映時間:117分
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う FILM PARTNERS

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!