• 道内最大級の映画レビューサイト

『鹿の王 ユナと約束の旅』近日公開予定 作品レビュー

作品紹介

2015年に本屋大賞を受賞するも、その圧倒的スケールの物語から映像化不可能と言われてきた「鹿の王」(角川文庫・角川つばさ文庫/ KADOKAWA)が、日本アニメ界最高峰のスタッフにより映画化!
『君の名は。』『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』の作画監督として活躍した異才アニメーター・安藤雅司監督が、映画史に名を刻むことになる感動巨編を誕生させた。

ストーリー

かつて東乎瑠(ツオル)帝国から恐れられていた戦士団”独角”の頭・ヴァン(堤真一)は戦いに敗れてすべてを失い、囚われの身となっていた。ある日、山犬の襲撃を受けるも混乱に乗じて脱獄に成功するが、その最中、自分と同じように家族を亡くした少女ユナと出会い、共に過ごすことでヴァンは徐々に生きる目的を取り戻していく。

一方、謎の病〈黒狼熱(ミッツァル)〉が東乎瑠帝国で猛威をふるいつつある中、東乎瑠の支配下にあるアカファ王国では、ウイルスを体内に宿す山犬たちを利用して水面下で反乱が計画されていた。抗体を持つことで陰謀に巻き込まれるヴァンとユナだったが、ついにはユナが山犬たちに連れ去られてしまう。
ヴァンはユナを追う途中で、ミッツァルの治療法を探す天才医師ホッサル(竹内涼真)と、それを阻止したいアカファ王国によって送り込まれた跡追い狩人のサエ(杏)と出会い、彼らはそれぞれの思惑を抱えながら共にユナを助ける旅に出る。果たしてヴァンはユナを助け出すことができるのか?

作品レビュー

最初のプロローグで壮大なスケールであることが伺え、観終えたときには大河ドラマを早送りで観たような感覚に陥った。

原作は「精霊の守り人」を書いた上原菜穂子。2015年の本屋大賞1位の受賞作品である。それを前提で本作を観るとなるほどと唸るものがあるだろう。

物語は強大な帝国を舞台に山犬がもたらす謎の流行り病、それに侵される国と人々、抗体を持つかもしれない男とその娘の運命、彼らを追う天才医師と敵か味方かわからない謎の女の話だ。

正直子供向けではない。登場人物も多く話がやや難しいこともあるが、アニメとは言え奴隷たちの過酷な労働や病に冒される様子ははっきり言って恐い。

注目すべきは声優陣だ。

病の抗体を持つかもしれない男ヴァン役に堤真一、天才医師のホッサル役に竹内涼真、謎の女に杏。杏については声優として実績があることは知っていたが他の2人はとても新鮮だ。

普段から渋めの声の堤真一だがヴァン役では更に声に深みが増し野太い。それが大きな体格のヴァンにぴったりハマっている。ナレーションで培った実力が十二分に発揮されている。特筆すべきは竹内涼真である。声に特徴のある俳優というイメージがなかったが特徴はなくともとても上手で正直驚いた。本業だけではなく声優としての更なる活躍に期待大である。

また音楽にも注目してもらいたい。

シーンに沿った耳馴染みの良い音楽がこの壮大なストーリーを盛り上げる。

謎の病はどのようにして封じ込めるのか、そして謎の力を持つヴァンと娘のユナの運命やいかに。事前に民族名と登場人物の名前を覚えておくことをお勧めする。

予告動画

鹿の王 ユナと約束の旅 

【キャスト】
声の出演:
堤 真一 竹内涼真 杏
木村日翠 阿部 敦 安原義人 櫻井トオル
藤 真秀 中 博史 玄田哲章 西村知道
原作:上橋菜穂子『鹿の王』(角川文庫・角川つばさ文庫/KADOKAWA刊)
監督:安藤雅司 宮地昌幸
脚本:岸本 卓
公式サイト
上映時間: 114分

©2021「鹿の王」製作委員会

投稿者プロフィール

坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!