• 道内最大級の映画レビューサイト

感動の実話『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』近日公開 作品レビュー

作品紹介

選手でない彼らが、
メダルのために命をかけて飛ぶ―。1998年長野オリンピックスキージャンプ団体。悲願の金メダルを狙う日本代表チーム〈通称:日の丸飛行隊〉
その中心選手、原田雅彦のジャンプを特別な想いで見つめる男がいた。元日本代表・西方仁也(田中圭)だ。前回のオリンピック団体戦で、原田の失敗により惜しくも銀メダルに終わった西方は、長野での雪辱を誓う。
しかし4年後、願いは叶わず、不本意ながら裏方であるテストジャンパーとなっていた。


そして迎えた団体戦当日、日本は1本目のジャンプでまさかの4位にとどまり、2本目に逆転の望みをかけるが、猛吹雪により競技は中断。このまま終わればメダルを逃すという絶体絶命の危機に——。
そんな中、運命を託されたのは、西方ら25名のテストジャンパーたち。審判団の判断は、悪天候の中、全員無事にジャンプを成功させれば競技を再開するというものだった。

ストーリー

誰もが知るあの栄光の裏には、誰も知らない25人のテストジャンパーたちが起こした、奇跡があった―。

長野オリンピック・ラージヒル団体で日本初の金メダルを狙うスキージャンプチーム。そこに、エース原田のジャンプを複雑な想いで 見つめる男―元日本代表・西方仁也(田中圭)がいた。前回大会・リレハンメルオリンピックで、西方は原田とともに 代表選手として出場するも、結果は銀メダル。4年後の雪辱を誓い練習に打ち込んだが、代表を落選。失意の中、テストジャンパーとして オリンピックへの参加を依頼され、屈辱を感じながらも裏方に甘んじる。そして迎えた本番。団体戦の1本目のジャンプで、 日本はまさかの4位に後退。しかも猛吹雪により競技が中断。メダルの可能性が消えかけた時、審判員たちから提示されたのは、 「テストジャンパー25人全員が無事に飛べたら競技を再開する」という前代未聞の条件だった…。
命の危険も伴う悪天候の中、金メダルへのかすかな希望は西方たち25人のテストジャンパーに託された―。この隠された真実に、あなたはきっと涙する-

作品レビュー

1998年2月。日本で語り継がれる歴史的な冬季オリンピックが開催された。

開催地は日本、長野。個人的にも冬季オリンピックの記憶はこの長野オリンピックが最も古い。とにかくとても盛り上がったのをはっきりと覚えている。オリンピックが日本国内で行われたという点は勿論のこと、金5、銀1、銅4とメダルの数がとても多かったのだ。

ちなみに前のリレハンメルでは金1、銀2、銅2。後のソルトレークシティでは金0、銀1、銅1である。比較すると長野オリンピックがいかに盛り上がったか想像するに容易い。

中でも日本のスキージャンプはこの時がピークだったのではと思うほど強かった。

特に岡部選手、齋藤選手、原田選手、船木選手のラージヒル団体競技は白熱した。テレビの前で原田選手の男泣きにもらい泣きをした国民も多いだろう。

だがそんな彼らを、日本の金メダルを影で支えていた25人のテストジャンパー達がいたことを知る人は少ないはず。本作はそんなテストジャンパーだった1人、西方仁也選手が主人公である。

リレハンメルオリンピックの銀メダルの1つは西方選手が出場したラージヒル団体競技である。金メダル目前でまさかの原田選手の失敗により日本は惜しくも金メダルを逃す。原田選手と同学年だった西方選手は雪辱を果たすべく日々練習に励んでいたが腰の怪我という不運に見舞われ代表候補から落選。そして奇しくも前回のオリンピックで失敗した原田選手は再び代表選手となる。

西方選手の悔しさは計り知れない。一時はスキージャンプを引退しようと頭をよぎる。テストジャンパーに誘われるも半ばヤケクソに近い。「どうして俺がこんな目に」と思う反面、ライバルであり同志であった原田選手を疎ましく思う。

この辺りの「不貞腐れ演技」は主人公演じる田中圭はとても得意だと思う。過去にも彼のこの「不貞腐れ演技」を幾度となく見てきた。プロデューサーの平野氏が田中圭を主人公に抜擢した理由のひとつに、長い下積みを経て現在に至っている田中圭だからこそスーパースターではない西方選手の痛みを自然に表現してもらえるのではないかと期待したからとのこと。私個人としてもこの配役は適任だったのではないかと思う。

またテストジャンパーの中には実在する人物も存在する。山田裕貴は聴覚障害がありながらもラージヒル選手として功績を残しテストジャンパーに参加した選手。小坂菜緒(日向坂46)が演じた女性テストジャンパーも実在するモデルが存在している。

中でも主要キャストの1人、原田選手を演じた濱津隆之は特徴ある話し方や仕草を完コピしているので是非注目してもらいたい。原田選手を知る人なら誰しも納得する逸材だろう。

今更ながら金メダルと銀メダルの違いは大きい。人に与える印象もまるで異なる。銀メダルも言うまでもなく素晴らしいが、上書きされない限り永遠に「銀メダリスト」のままであることをこの映画を観て改めて痛感させられた。

また大きなスクリーンだからこそ感じられる迫力の雪景色、ジャンプする選手たちの躍動感、オリンピックさながらの舞台を体感することができるので、是非劇場に足を運んでもらいたい。

予告動画

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』近日公開予定 全国東宝系にてロードショー

田中 圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒 (日向坂46)/濱津隆之/古田新太監督:飯塚健
脚本:杉原憲明、鈴木謙一
主題歌:MISIA「想いはらはらと」(Sony Music Labels)
挿入歌:MAN WITH A MISSION「Perfect Clarity」(Sony Music Labels)
上映時間:115分
公式サイト
©2021映画『ヒノマルソウル』製作委員会

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!