• 道内最大級の映画レビューサイト

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」11月13日公開 作品レビュー

作品紹介

『コララインとボタンの魔女』、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』など超絶技巧のアニメ表現で世界を魅了し、今年、設立15周年を迎えるスタジオライカの最新作は、『トイ・ストーリー4』、『アナと雪の女王2』等を抑えストップ・モーションアニメとして史上初となるゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞を受賞!自分勝手で風変わりな英国紳士が、もっと変わった生きた化石を“秘密の相棒”にして、人類の<失われた(ミッシング・)環(リンク)>の謎に迫る。ヒュー・ジャックマン等ハリウッドの豪華声優陣が彩る、美しい圧巻の映像と想像を超えるエモーショナルな冒険物語は、人種や個々の違いを超えた“大切な友情”を教えてくれる。

~“ミッシング・リンク”とは?~

生物進化の過程を鎖に見立て、「失われた環」を意味する言葉。類人猿から人間へと進化する過程で、その中間をつなぐ未発見の生物のこと。(ダーウィン「進化論」考察より)

ストーリー

ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家のライオネル卿は、伝説の生物の存在を探し求めて、アメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、巨体で全身毛むくじゃら、人間の言葉を話す少しおっちょこちょいの生きた化石だった!ひとりぼっちで仲間に会いたいと願う―その名も“Mr.リンク”と野心家のライオネルは地球の裏側にある伝説の谷シャングリラを目指す。超ユニークな凸凹バディが、壮大な旅路の果てに発見する、世界の常識を覆す“驚くべき真実”とは―?

作品レビュー

「KUBO クボ 二本の弦の秘密」などで知られるアメーションスタジオのライカが手がけたストップモーションアニメがいよいよ公開となる。
今までストップモーションアニメというと「PINGU」が好きというかむしろそれしか浮かばなかった自分だが、「KUBO クボ 二本の弦の秘密」をはじめて観た時にあまりのスケールと色とりどりな美しさ、精密さ、しっかりとしたストーリーに度肝を抜かれてしまった。
そんなスタジオライカの新作長編アニメーション作品となれば期待せずにはいられない。
今回はどんな驚きをくれるのかワクワクしながら観たが、KUBOとはまた全く違う見せ方で楽しませてくれた。
これがCGではなく全てストップモーションアニメで撮影されていているというのだからただただ感心してしまう。
表情の豊かさや手の込んだ背景も圧巻だった。

物語の舞台はヴィクトリア朝時代のロンドン。
「神話と怪獣研究の第一人者」を自称する風変わりで自分勝手なライオネル卿が主人公だ。
英国紳士というとついゲームのキャラクターのレイトン教授が思い浮かぶが、ライオネル卿はレイトン教授のような冷静で温厚な性格とは程遠い。
冒険の旅に出た彼が伝説の生き物と遭遇しその生物を“秘密の相棒”とするのだがそれぞれかなり個性的なキャラクターで面白い。
景色や食べ物を一緒に楽しんだり不用意な一言で傷つけたりと、そのやりとりは人間関係と同じ。
お互いを認め合い理解する事の難しさや、最低限必要な気遣いや優しさにも気付かせてくれるストーリーとなっていた。
相棒やかつての恋人との会話でも存分に自己中心的な部分が発揮されてしまうライオネル卿だが、彼の事をなんだか憎めないのが不思議だ。

ライオネル卿を演じたのは、『ウルヴァリン』シリーズや『グレイテスト・ショーマン』などハリウッド随一のエンターテイナーとして活躍しているヒュー・ジャックマン。
ライオネル卿は子供のように純粋な心を持っている上にお洒落でユーモアのある冒険家で知性にあふれている。
信念を持ち忖度せず真っ直ぐに進む凛々しさもあるライオネル卿の一言一言がヒュー・ジャックマンの声で発せられる事により一層魅力が増したというのもあるだろう。
監督がキャラクター・スケッチの段階からヒュー・ジャックマンをイメージしていたという噂はあながち嘘ではないと思う。
そのくらい共鳴し合っていた今作をヒュー・ジャックマンが好きな人には是非観てほしい。

予告動画

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」

監督・脚本:クリス・バトラー(脚本『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』)
声の出演:ヒュー・ジャックマン(ライオネル卿)、ゾーイ・サルダナ(アデリーナ)、ザック・ガリフィアナキス(Mr.リンク)、エマ・トンプソン(長老)、他
原題:Missing Link
2019年/カナダ・アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/93分/G(一般)
公式サイト:https://gaga.ne.jp/missing-link
配給:ギャガ

©2019 SHANGRILA FILMS LLC.

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!