• 道内最大級の映画レビューサイト

北村匠海主演『とんかつDJアゲ太郎』10月30日公開 作品レビュー

作品紹介

プチプチ……ジュワ~!サックサクゥ〜!! ジューシーなとんかつを揚げる音とフロアを熱狂の渦に巻き込むビートが見事に融合!  これまで体感&音感したことのない〈とんかつ×DJ〉映画がここに爆揚(アゲ)登場する。渋谷にある老舗とんかつ屋の三代目でDJを目指す主人公・勝又アゲ太郎を演じるのは北村匠海。 調子だけはいい駆け出しDJをこれまでにないポップさとアゲキャラで演じ切る。さらにアゲ太郎が思いを寄せる憧れ女子・苑子には山本舞香、 ライバルDJでIT社長の屋敷に伊藤健太郎というフレッシュな顔ぶれが揃った。

またアゲ太郎の師匠的存在であるDJオイリーに伊勢谷友介、厳格な父・揚作にブラザートムなど脇もしっかりアガってる。 原作は、ウェブコミックとして話題を集めアニメ化もされた「とんかつDJアゲ太郎」(イーピャオ/小山ゆうじろう)(集英社 少年ジャンプ+)。 主題歌はブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」がご機嫌に映画をアゲる! また、本編ではSugar(Maroon5)、D.A.N.C.E.(Justice)、Star Guitar(The Chemical Brothers)といった誰でも一度は聞いたことがある 往年の名曲から新曲までなんと67曲も登場することが明らかに!まさに映画全編を通じて、邦画史上最高ともいえる楽曲数and神曲プレイリストとなっている! 監督は『チワワちゃん』で若者の疾走する今を見事に切り取った、俊英・二宮 健。 クラブミュージックも日本のソウルフード・とんかつも常に人を幸せにしてくれるもの。 音楽にノッて、気分をアゲて、さらにお腹を満たす、新体験エンターテイメント誕生!

ストーリー

豚肉もハートもアゲたい。 東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。勝又アゲ太郎はその三代目だ。店を継ぎたいわけじゃないけれど、他にやりたいこともみつからない。 父・揚作の元、豚肉にはまだ触らせてもらえず、キャベツの千切りの毎日。ある日、弁当の配達で渋谷のクラブへ。はじめて訪れたその場所で、アゲ太郎は 密かに憧れていた女性・苑子に出会い、ドキドキする。そして音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得た。


「……かっこいいDJに俺もなりたい!」。 アゲ太郎は、その時プレイしていた中堅DJのオイリーに弟子にしてほしいと願い出る。旅館、書店、電気屋、薬局…それぞれ三代目の地元っ子である“三代目ブラザーズ”に協力してもらいDJ修行をはじめるがー DJ機材にも触ったことのないアゲ太郎の道のりは一に勢い、二に勘違い、三は運命の出会い!?と爆走爆笑のハプニングだらけー しかし、ある日、アゲ太郎はDJオイリーのプレイを見て、「とんかつ」と「DJ」のまさかの共通点を見出し始める!?!? アゲ太郎はとんかつもフロアもアゲられる男、そして一目惚れした苑子のハートを射止めるために、「とんかつDJ」として2つの高き頂点を目指す!

作品レビュー

目指すのは、とんかつもフロアもアゲれる男“とんかつDJアゲ太郎”!

東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。
サラリーマンや学生達で賑わい混雑時には店の前に列が出来る程人気のとんかつ屋だ。
勝又揚太郎(北村匠海)はその三代目だが、父・揚作(ブラザートム)の厳しさ故に豚肉にはまだ触らせてもらえない。
家業を継ぐ事自体には不満を持っていないが向上心もやる気もない揚太郎に突然転機が訪れるのだがここからの揚太郎の変わり様が面白い。
今まで北村匠海はあまり本音を語らないような影のある役を多く演じてきていたように思う。
ハイテンションで我が道を行くようなタイプを演じる事は無かっただろうし、ミュージシャンとしての彼をみていても元気いっぱいというイメージではない。今回は彼にとって新たな挑戦だったのではないだろうか。

キャベツの千切りの毎日からフロアを揺らすDJへ。
そのきっかけは調子の良いDJオイリー(伊勢谷友介)と、憧れの美少女・服部苑子(山本舞香)だった。
クセの強い仲間たちと共に、悪戦苦闘しながら飛び込んだDJの世界!
とんかつとDJという異種ジャンルも彼にとっては同じ事なのだ。
言われてみるとそうかもしれない、と思わず納得しそうになる程の勢いある思い込み。
最初こそDJと呼べるのかが怪しいものだったが、ただ単純に面白かったので”とんかつDJ”の動画がバズるのは理解出来るしアゲ太郎の発想と仲間たちの偏ったセンスが理屈抜きに笑える。
どう見ても胡散臭いオイリーに弟子入りし音楽の世界にのめり込んでいくのも良い流れだった。
DJの概念を打ち壊し新たなスタイルを確立するのが痛快だ。
若き天才DJとしてアゲ太郎に立ちはだかる屋敷役を伊藤健太郎が務め、コメディ作品でありながらもキャストも申し分ない。

様々なテーマを打ち出し問題提起するような映画も良いが、深いようで浅く浅いようで深いこんな映画も良いだろう。
映画を観た後に食事に行ったのだが食べたのは勿論とんかつだった。

オフィシャルサイトでは”今日のラッキーアゲモノ&ラッキーソング”がチェック出来るのでこちらも楽しんで欲しい。

予告動画

『とんかつDJアゲ太郎』10/30公開

キャスト : 北村匠海 山本舞香 伊藤健太郎 加藤諒 浅香航大 栗原類 前原滉 池間夏海 片岡礼子 ・ ブラザートム 伊勢谷友介
原作:「とんかつDJアゲ太郎」
原案:イーピャオ、漫画:小山ゆうじろう(集英社ジャンプ・コミックス刊)
監督・脚本:二宮健
主題歌:ブルーノ・マーズ 「ラナウェイ・ベイビー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 100分
公式サイト

©2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!