• 道内最大級の映画レビューサイト

衝撃の続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』 作品レビュー

作品紹介

大切な人を“スマホ”から守れますか?
“全てを知っている存在=スマホ”が、ある日、あなたを裏切る――。
恋人が落としたスマホをきっかけに命を狙われ、ついには誰にも知られたくなかった過去を暴かれてしまうヒロインを描いたSNSミステリー「スマホを落としただけなのに」。2018年に映画化されるやいなや、スマホ世代の圧倒的な共感を集め邦画実写作品として4週連続1位になるなど社会現象に。誰もが予想しなかった物語の結末に日本中が震撼した“あの”衝撃作が、“まさか”の続編映画化決定!

前作で事件を解決に導いた刑事・加賀谷を演じた千葉雄大が本作では主演を務め、連続殺人鬼・浦野の怪演が話題となった成田凌も続投。加賀谷の恋人・美乃里には白石麻衣を迎えて、スマホから迫りくる恐怖を新たに描きます。絶対に安心なセキュリティなんてない。そして一度狙われ、個人情報が流出したら、その連鎖は止まらない……。追う側と追われる側が禁断のタッグを組み、観る者すべての予想を裏切る、衝撃のSNSミステリー第二弾がここに誕生する

ストーリー

長い黒髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。
事件を追っていた刑事の加賀谷(千葉雄大)が、
連続殺人鬼の浦野(成田凌)を捕まえて事件は幕を閉じた。
と、誰もが思っていた――。

犯人を捕まえたにも関わらず、
同じ殺人現場から次々と発見される、
若い女性の遺体。

捜査が混迷を極める中、加賀谷は最後の手段として、
囚われの殺人鬼・浦野への面会を申し込む。

「お前が、殺したのか……?」

刑務所で自由を奪われた浦野は、
かつて自分にネット犯罪の全てを教えた、
謎の人物「M」の存在を明かし、
自分ならMに近づくことができると加賀谷にささやく。

仕方なく浦野と手を組むことにした加賀谷だったが、
恋人の美乃里(白石麻衣)が謎の男に狙われていることに気が付く。

なぜ犯人は美乃里を狙うのか。
これは模倣犯の仕業? それとも浦野の犯行?

やがて事件は誰もが予想しない急展開を見せ、
加賀谷は愛する者の命だけでなく、
自分が抱えるヒミツまでもが危険に晒されてしまう。

ただ、スマホを落としただけなのに……。

作品レビュー

日本中を震撼させ話題となった衝撃作の続編。
今回は前作で犯人逮捕に導いた加賀谷役の千葉雄大が主人公となっている。北村匠海を期待していたファンの方ごめんなさい。

加賀谷の恋人、美乃里役には乃木坂46の卒業が決まっている白石麻衣。前回のヒロインと系統が似た美女だが北川景子の時は物足りなかったサービスショットが今回はあるのでお楽しみに。

パート2となる本作ではスマホを落とさずとも簡単に個人情報を盗まれてしまう恐怖が描かれている。

安易にフリーWi-Fiを利用するのは止めようと誰もが思うだろう。

警察の力だけではどうしようもないと判断し、苦肉の策として前作の犯人、浦野に協力を求めることにしたのだがこれが全ての発端だった。浦野の手のひらで転がされ続ける警察だが救いようのない無能ぶりには辟易させられた。浦野の見張り役が1人しかいない、美乃里のS P役も1人しかいない、警察が簡単に一般人を巻き込む等あり得ないことだらけだった。正直日本の警察をバカにしているとしか思えず、いかにしてスマホの情報が盗まれるかばかりクローズアップされていた。犯人を追う警察の行動に緻密という文字はなく、あまりに雑に扱われており、それらを踏まえスピンオフの域を脱してないのは否めない。

今回は加賀谷が結婚に踏み切れない原因として過去と家族の秘密が明らかとなる。これは前作の最後に明かされた北川景子演じる麻美の秘密もそうだったが、相手を不安にさせるという点でシンクロさせている。

そして前作に輪をかけた惨殺シーンがちょっと怖い。音尾琢真はイメージを一新しないといつまでもチンピラ役しか与えられないのではないかと不安になる。

後半は畳み掛けるように襲いかかるドンデン返しの連続。

そして終わったと思いきやまだ続きがーー、というパターンが2、3度続くので最後の最後まで席を立たずに見届けて欲しい。

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

原作:志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)
監督:中田秀夫 
脚本:大石哲也
キャスト: 千葉雄大 白石麻衣 
鈴木拡樹/音尾琢真 江口のりこ 奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ ko-dai(Sonar Pocket)  

平子祐希(アルコ&ピース) 谷川りさこ アキラ100%・今田美桜(友情出演)/田中哲司
北川景子(特別出演) 田中圭(特別出演) 原田泰造(特別出演)
成田凌/井浦新
上映時間: 118分
公式サイト

©2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!