• 道内最大級の映画レビューサイト

FOXニュース<セクハラ騒動>の真実。『スキャンダル』2月21日公開 作品レビュー

作品紹介

シャーリーズ・セロン×ニコール・キッドマン×マーゴット・ロビー豪華競演!
世界を震撼させた驚愕のスキャンダルの真実が今、暴かれる――。世界騒然!全米最大TV 局の<あの・・ 騒動・・ >の真実。 ハリウッド至高の3大女優が放つ、衝撃の実話。

ストーリー

密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した―― 全米最大テレビ局の、あの衝撃のスキャンダルの全貌が暴かれる!これは実話。
2016年、アメリカで視聴率 NO.1を誇るニュース放送局「FOXニュース」の元人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、テレビ界の帝王として君臨していた同社CEOロジャー・エイルズを提訴。そのスキャンダラスな報道にメディア界が揺れた――。

騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、上り詰めるまでの自身のキャリアの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面する機会を得ていた――。

作品レビュー

ニコール・キッドマン✕シャーリーズ・セロン✕マーゴット・ロビー、豪華な女優たちが共演で話題のFOXニュースの舞台裏。人気テレビ局で3年前に起きたセクハラ事件を背景に、男性社会と政治の中で強かに闘ってきた女性キャスターたちの実録ドラマである。

「FOXニュース」の元人気キャスターで、元ミス・アメリカのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が同社CEOロジャー・エイルズ をセクハラで提訴するまでの道のりを描く。

人気看板キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、トランプ大統領候補とのTwitterバトルでこき下ろされ、プライドを傷つけられながらもFOX側の意向で、右派のアイドルとしてトランプ支持に回る羽目となる。

若手キャスター志望のケイラ・ポスピシル(マーゴット・ロビー)は、アンカーの地位欲しさに CEOのロジャー・エイルズに近づく。

三人の女性が主軸となってドラマは進むが、焦点はCEOロジャーとFOXエグゼクティブたちのセクハラ疑惑だ。

女子アナ同士のマウンティングと、アンカーの地位を得るため局内セクハラを水面下では容認してきた。ピタピタのボデイコンドレスとミニスカートで勝負する野心の強い女子アナたち。しかし落ち目キャスターのグレッチェン・カールソンの提訴によって、道徳的に自身を問う変化が芽生える。

シャーリーズ・セロンが演じる、アメリカで知らない人はいないキャスターのメーガン・ケリーは鼻っ柱の強い失言女王である。
本人に瓜二つの特殊メイクをし、3Dプリンターで造ったメーガン・ケリーの鼻筋をつけるという手の掛けよう。特殊メイクは日本人メイキャップアーティストの辻一弘氏が担当している。
見た目だけではなく、メーガン・ケリーの話し方を真似し、本人に成りきる努力したそうだ。シャーリーズ・セロンがメーガンを演じていることを忘れてしまうほど、彼女自身の個性を消している。

マーゴット・ロビーが演じるケイラ・ポスピシルは架空の人物で、FOXには実在しない。アンカーを目指す女子アナ志望で、CEOロジャーにセクハラされた女性ふたりの体験談を元に、その気持ちを代弁するポジションのようだ。

スター・ウォーズのキャラクター、ジャバザハットのあだ名で呼ばれるCEOロジャーから性的な関係を迫られ、それをエサにしてキャスターに地位を与えていたロジャー。いかがわしい権力の乱用に吐き気を感じた。

#タイムズアップや#Metooのムーブメントで、ハリウッドやショービズ界のセクハラが露見し、その後にFOX社のセクハラ問題が明るみになったという。日本の芸能界やメディアでもあるだろう権力の乱用。SNSのおかげでセクハラ被害の女性たちの声が響き、問題提起が容易くなったように思う。

セクハラに敏感な女性だけではなく、権力側の男性も訴えられた後の顛末を体感できるので是非観てほしい。

2月21日 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他で公開

監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
出演:シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー
ジョン・リスゴー、アリソン・ジャネイ、コニー・ブリットン
上映時間: 109 分
原題 : BOMBSHELL
公式サイト
配給:ギャガ
©Lions Gate Entertainment Inc.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!