• 道内最大級の映画レビューサイト

新田真剣佑✕北村匠海『サヨナラまでの30分』1月24日公開 作品レビュー

 

新田真剣佑×北村匠海:W主演

この世界にいないアキと、この世界が苦手な颯太。

出会うはずのない2人が《今》を駆け抜ける、青春音楽ラブストーリー!

ストーリー

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。

1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。

――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!

偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。

人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。

ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。

一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。

作品レビュー

公開前から話題沸騰中の『サヨナラまでの30分』は完全オリジナル脚本の青春“音楽”ラブストーリー。
監督は萩原健太郎が務める。

ー1年前
ECHOLL(エコール)というバンドがメジャーデビューを目前に解散。
主要メンバーであるアキ(新田真剣佑)が不慮の事故で亡くなった事もあり、バンド再結成の目処は経ってはいない。

ー1年後となる現在
人と関わらずに生きてきた為 就職活動に苦戦中の颯太(北村匠海)が、偶然カセットテープレコーダーを拾った時から不思議な出来事が起こる。
カセットテープを再生する間だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わり1つの体を共有していくという奇跡の30分。
アキの行動力によりメンバーたちとも次第に打ち解けていく颯太だが、アキの恋人であったカナはバンドに戻ってくることを拒否したままだ。
アキと颯太の入れ替われる時間はだんだん短くなっていくのだがポイントとなるのはカセット。
カセットテープ世代としては、この設定が妙に嬉しい。

展開的には想像しやすくいくつか突っ込み所もあるが、俳優と音楽の力がそれを補って余りある。
劇中のバンドECHOLLには実在して欲しいとまで思えた。
バンド特有のアツさもあり青春が詰まった作品ではあるのだが、明るくキラキラしただけのものとは一線を画す。

「ちはやふる」の新田真剣佑と、「DISH//」としても活躍する「君の膵臓をたべたい」の北村匠海のダブル主演となる今作。
個人的に大注目している俳優 清原翔がバンドメンバーとして出演していると言う事もありこのキャストだけでも十分観る価値アリだと思うのだが、何と言っても曲が良い!!

この手の映画の肝はやはり使用される音楽だ。
観ているうちに使用される楽曲と歌詞にどんどん惹きつけられていったのだが、andropの内澤崇仁(Vo・G)が音楽プロデューサーを担当したという事で納得。
6曲ものオリジナル楽曲が制作され、これらの楽曲たちが各場面での重要な柱となる。
演奏シーンの為の猛特訓の成果もあり、バンドメンバーが揃って演奏するシーンからはステージの熱量が存分に感じられる仕上がりとなっていた。
約1か月に渡りオール長野ロケで撮影され、その雄大な大自然もこの作品にマッチしていたように思う。

魅力溢れるキャストと楽曲。
過去と現在、そしてそれを経て一歩歩みを進める未来を予感させるストーリーから感じられる青春の煌き。

友達同士でも恋人同士でも、勿論1人でも楽しめる良作だ。

『サヨナラまでの30分』1月24日 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他で公開

出演: 新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊
監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
音楽:Rayons 
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
上映時間: 115分

公式サイト

©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!