• 道内最大級の映画レビューサイト

ハリウッド・リメイク「THE UPSIDE/最強のふたり」12/20全国公開 12/21札幌公開 作品レビュー

作品紹介

スラム街出身の無職の男とハンディキャップを持つ大富豪、住む世界の違うふたりがたどり着く<人生のアップサイド>とは?

フランスで2011年の興行No.1を獲得し、ヨーロッパ各国、そして日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』。あの熱狂から8年、ハリウッドでリメイクされ、今年1月に全米で公開されると初登場1位にランクイン、その後7週連続でトップ10入りの大ヒット!オリジナル版の200倍のオープニング成績を上げるという、驚愕の社会現象を巻き起こした本作がついに日本に上陸!
すべてが真逆のふたりのギャップに笑い、まさかの友情が涙を誘う感動ストーリーはそのまま、ふたりが互いに影響を与えることでたどり着く<人生のアップサイド>とは何かを描き、オリジナル版とは異なる感動のエンディングが待ち受ける。

スラム街出身の主人公・デルに扮するのは、コメディアンとして高い人気を誇り、『ペット』シリーズや『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』などで俳優としても活躍するケヴィン・ハート。全身麻痺の大富豪・フィリップには、TVドラマ「ブレイキング・バッド」で人気を獲得し、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』でアカデミー賞🄬にノミネートされたブライアン・クランストン。さらに、オスカー女優の中でも最高峰に立つ『めぐりあう時間たち』のニコール・キッドマンもフィリップの秘書・イヴォンヌ役でアンサンブルに加わる。

どうすれば幸せいっぱいの<人生のアップサイド>にたどり着けるのか―。
人生を豊かにするたくさんのヒントをくれる、実話から生まれた新たな感動作がここに誕生。

ストーリー

スラム街で生まれ育った黒人男性のデル(ケヴィン・ハート)は仕事をしておらず、妻子からは愛想を尽かされてしまう。あるとき彼は、車椅子で暮らしている白人の大富豪フィリップ(ブライアン・クランストン)の介護人になる。フィリップの秘書のイヴォンヌ(ニコール・キッドマン)らは、教養もスキルもないデルを起用することに強く反対していた。しかし二人は、周囲の心配をよそに充実した毎日を過ごすようになる。

作品レビュー

全米初登場第1位!日本でも大ヒットを記録!実話をもとにした2011年公開のフランス映画「最強のふたり」がハリウッド版としてリメイクされた。
オリジナルの公開からさほど年月が経っておらず物語のプロットも大きな違いが無いのでフランス版を観た方には物足りないかもしれないが、今作が初見であれば十分響く作品だと思う。
“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの音楽や、ニコール・キッドマンが好きな人にはリメイク版の方をオススメしたい。

スラム街出身で職もない上にそもそも職を見つけようともしていないように見えるデル。
その場しのぎの嘘ばかりを重ね、あまりに破天荒な彼に対して最早家族は全く期待していない。
当たり前と言えば当たり前なのだが、いつまでもだらしないデルは遂に妻子に見限られてしまう。
そんなデルが失業手当の手続きに必要な不採用のサインを貰う為に渋々臨んだ面接。
しかももともと受けるハズだった仕事とは違う面接でまさかの採用となるのだから、人生何が起こるかわからないものだ。
結果的に、デルは事故の後遺症による四肢麻痺で車椅子生活を送る大富豪フィリップの介護人として住み込みで働くことになる。
なんだかんだと文句はいいつつも短絡的かつポジティブな思考故に新しい生活にすぐに順応したデルは、有り余る富と名声がありながらもオペラアリア『誰も寝てはならぬ』が響き渡る室内で孤独と向き合う日々を過ごすフィリップの哀しみを知る。
妻子の事さえ思いやれなかったデルが、フィリップとのやり取りを通してようやく一人前の男に成長していく。
空き時間で絵を描いてみたりオペラにハマったりと芸術にも興味を持っていくのだが、彼に絵画の才能があったかどうかは映画を観て確かめて欲しい。

秘書のイヴォンヌをはじめフィリップの周囲の人々はキャリアも教養もない上に下品なジョークを飛ばすお調子者のデルに対して当初は否定的だったが、フィリップとデルが互いにひとりの人間として接し合う姿を観るうちに理解を深めていった。
リハビリを担当しているマギーや専属のシェフまで巻き込んで、楽しく充実した日々を送る中で起こったある出来事…
フィリップが心を閉ざしてしまう姿には観ていて悲しく、心配になってしまった。
そこからのストーリーがしんみりするどころか突拍子も無い方向に進む為、最後まで楽しんで観られる作品になっていた。

主人公デルを「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケビン・ハート、フィリップをブライアン・クランストンが演じた他、ツンデレ秘書イヴォンヌ役をニコール・キッドマンが熱演。
撮影の合間の長い待ち時間にもニコールはいつもセットにいたという裏話からも、改めて彼女の俳優としての素晴らしさが感じられる。

予告動画

「THE UPSIDE/最強のふたり」12月21日(土) シアターキノで公開

監督:ニール・バーガー
出演:ケヴィン・ハート、ブライアン・クランストン、ニコール・キッドマン
原作:「最強のふたり」/アメリカ/上映時間 125分/英語/カラー/原題:THE UPSIDE
配給:ショウゲート
配給協力:イオンエンターテイメント
公式サイト

©2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!