• 道内最大級の映画レビューサイト

オスカー有力!『ジョジョ・ラビット』2020年1月17日公開 作品レビュー

作品紹介

世界が笑い、涙する、映画史に残る一大ヒューマン・エンターテイメント。
監督/脚本/製作を手がけるのは、マーベル・スタジオ作品『マイティ・ソー バトルロイヤル』を大ヒットに導き、本作では“空想上のヒトラー”役も演じる、今世界で最も注目を浴びる才能、タイカ・ワイティティ。出演は、主人公ジョジョ役に愛くるしいヴィジュアルと天才的な演技力で見事オーディションを勝ち抜いた注目の新星ローマン・グリフィン・デイビス。ジョジョに溢れる愛情を注ぐ快活な母親役にハリウッドのトップスター、スカーレット・ヨハンソン。破天荒な大尉役に『スリー・ビルボード』でアカデミー賞®を受賞したサム・ロックウェルなど最高のキャストが集結。
戦争への辛口のユーモアが利いたハートフル・コメディの形をとりながら、いかなる困難の中にあっても輝く希望と生きる喜びを、ビートルズ、デヴィッド・ボウイらの名曲とともに謳い上げ、世界中を魅了し続ける本作がついに日本上陸。

ストーリー

第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、青少年集団ヒトラー・ユーゲントの立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺せず、教官から<ジョジョ・ラビット>という不名誉なあだ名をつけられる。そんな中、ジョジョは母親と二人で暮らす家の隠し部屋に、ユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気づく。やがてジョジョは皮肉屋のアドルフの目を気にしながらも、強く勇敢なエルサに惹かれていく——。

作品レビュー

第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年である主人公のジョジョはナチスに心酔し兵士を目指している。だが根が優しく訓練でウサギも殺せないジョジョは、空想上の友達アドルフ・ヒトラーの助けがないと勇気が持てずにいた。

独裁者の代名詞とも言えるヒトラーをコミカルに演出していることに、始めはやや緊張感があったが、すぐに腹の出たおっさんを心の友としているビジュアルや2人のやり取りが面白く、声を出して笑ってしまった。

空想中のヒトラーを演じているのは本作の監督兼脚本も担っているタイカ・ワイティティ。戦争真っ只中の重くなりがちなストーリーをコメディ満載で制作されている。だが決して軽すぎないバランスは見事。戦争を皮肉りながらも愛に溢れたメッセージ性の強い作品になっている。思わずユダヤ人迫害をテーマとした名作「ライフ・イズ・ビューティフル」を思い出した。

ジョジョの母親役は「アベンジャーズ」シリーズでお馴染みのスカーレット・ヨハンソン。華のある演技と存在感に圧巻だ。父親不在の中で逞しく大きな愛でジョジョを支えている。序盤から何度も母親の足元が映し出されるのだが、その伏線が回収されたときは誰もが息をのみ涙を流さずにはいられないだろう。母としてだけではなく、人としてとても強い信念を持っていたことが明かされる。

また、「スリー・ビルボード」で高い評価を得たサム・ロックウェルが破天荒な大尉役で良い味を出している。途中までユルすぎて、でもそこが面白くて、後半は真の大人の男を魅せてくれる。

音楽もビートルズから始まりデヴィッド・ボウイなどが様々なシーンでセンス良く使われている。

ナチスの思想を強く持っていた(この時代のドイツの子供達は多くがそうだったのかも)ジョジョだったが、母親がユダヤ人の少女を屋根裏で匿っていたことを知り、愛国心が大きく揺さぶられる。まさにボーイミーツガールだが、そこに時代背景が加わることで、老若男女誰もが心に響くものを感じることができるだろう。最後に大人も子供も関係なく銃を持ち捨て身で突撃する様は、それまでとのギャップが大き過ぎて追いつけないほどだったが、とてもリアリティで忘れられないシーンだった。

ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイビスはオーディションを勝ち抜いて選ばれた若き新星だ。愛くるしいだけではなく表情豊かな演技力を備えている。特別な男の子ではなく、どこにでもいる普通の男の子が主人公だからこそリアルを感じられるのだろう。

個人的にはジョジョとポッチャリした親友の2人が出ているシーンが、どれも大好きだった。

ラストも素晴らしかったがウィンクがあればもっと良かったのにと思う。惜しい。

あらゆる人に無条件で勧めたくなる秀逸な作品である。

予告動画

『ジョジョ・ラビット』 2020年1月17日 シアターキノ他で公開

監督/脚本/製作/出演:タイカ・ワイティティ 
キャスト : ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン
原題: JOJO RABBIT
配給 : ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間 : 109分
公式サイト

© 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!