• 道内最大級の映画レビューサイト

蜷川実花監督作品『人間失格 太宰治と3人の女たち』9月13日公開 作品レビュー

 

ストーリー

 

 

作品紹介

世界で活躍する写真家であり映画監督の蜷川実花が、構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化!
主人公の太宰治を演じるのは小栗旬。蜷川監督と初タッグを組み、大幅な減量も敢行しながら、究極のダメ男でモテ男、才気と色気にあふれた最高にセクシーでチャーミングな、かつてない太宰像を創りあげた。
太宰の正妻・美知子に宮沢りえ。作家志望の愛人・静子に沢尻エリカ。最後の女・富栄に二階堂ふみ。それぞれの世代を代表する女優たちが、一見太宰に振り回されているように見えて実は自分の意志で力強く生きている女性たちを、圧巻の演技力で魅せる。太宰と女たちを取り巻く男性陣にも、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也と超豪華キャストが集結。
太宰が死の直前に完成させた「人間失格」は、累計1200万部以上を売り上げ歴代ベストセラーのトップを争う、“世界で最も売れている日本の小説”。その小説よりもドラマチックだった<誕生秘話>を初映画化。

ストーリー

男と女に起こることのすべてがここにある

天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・。

今、日本中を騒がせるセンセーショナルなスキャンダルが幕を明ける

予告動画

作品レビュー

太宰治が嫌いだった。
教科書に載っている『走れメロス』は友を信じる男の正義の物語だ。だが戦後は作風が変化した。卓越した文豪でありながらも狂気と死を匂わせ、救いようのない心の弱さや破滅的な作品が増えた。その代表作である『人間失格』は日本で一番売れている小説だという。

破天荒で女にだらしがない上、家族を置いて愛人と心中をした太宰の晩年と、蜷川実花監督が作る人間失格の世界に興味が湧いた。

映画の冒頭で太宰は執筆のために心中し、女だけ死なせてしまうシーンが登場するが、これは実話である。太宰はネタのためには心中未遂や自殺未遂をする男だ。

妻とふたりの愛人がいて、酒と結核そして睡眠薬の常用。見た目が良くて優しい言葉で愛を語ったとしても、やはり知り合いたくないタイプの男が太宰治である。

しかし魅力的な側面のある太宰の人物像と、蜷川実花監督の映像美は、季節の花に彩られ昭和レトロを感じさせない艶やかさがありお洒落。彼らが織りなす人間模様と激しい恋は、まるで別次元の話のように見える。

ダメ男を支えながらも作品を書かせる妻・美知子、太宰を利用する静子、独占したい富江。彼が『人間失格』を書き上げるまでの、それぞれの物語がオムニバスドラマのように映し出される。

太宰の正妻・美知子に宮沢りえのシーンで、思わずもらい泣きしてしまう。長男にダウン症の障害があり、夫婦には子育ての辛さもあったと思う。
太宰のような心の弱い男は家庭や現実から逃げ、女・酒・薬に溺れてしまうのだろう。

人間失格を執筆した後に、太宰は何故自殺しなければならなかったのか?放っておいても結核で死ぬだろう太宰が、富江と入水心中するシーンを観て苦々しく感じた。

『恥の多い人生を送ってきました。』
人間失格の冒頭で綴る太宰の物語は、彼の生誕100年の今も現代の人々に語り継がれている。太宰は鬱病か統合失調症、もしくはストレスに弱かっただけのか?人間失格は自分自身の弱い部分を執筆した実話なのか?
太宰亡き今となっては全て謎だ。

好きなように生き、好きなように死んでしまった、太宰の晩年の実話を元にしたこのオリジナルストーリーは何故か心に強く残ってしまい、魂が抜かれるような気持ちになった。そして私は以前ほど太宰治が嫌いではなくなったと思う。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』札幌シネマフロンティア 他で9月13日公開

監督:蜷川実花

出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ

成田 凌 / 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾 / 藤原竜也

脚本:早船歌江子 音楽:三宅純 プロデューサー:池田史嗣

主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)

上映時間 : 120分

製作:2019「人間失格」製作委員会

企画:松竹  配給:松竹 アスミック・エース  © 2019 『人間失格』製作委員会

公式webサイト
公式Twitter、Instagram:@NSmovie2019
<R-15>

 

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意です。FMラジオ番組で最新映画紹介の生出演をしています。
error: Content is protected !!