• 道内最大級の映画レビューサイト

あの”ペットたち”が帰ってくる!「ペット2」作品レビュー

作品紹介

『怪盗グルー』シリーズ、『SING/シング』を生み出したイルミネーションの最新作!!あの”ペットたち”が帰ってくる! あなたの知らない、家族(ペット)たちのドタバタ騒ぎが始まる。

ストーリー

飼い主ケイティのもとにリアムという名の新たな家族が誕生し、穏やかな生活に異変が起きるマックス。 リフレッシュのために旅行へ出た田舎町では、ニューヨークの街並みと異なる世界が広がり動揺を覚 えるマックスですが、農場犬のリーダーのルースターに出会うことによって、ある一歩を踏み出すことに。

一方、ヒーローへと姿を変えたキャプテン・スノーボールは、デイジーとともにホワイトタイガーを救う極 秘のミッションを遂行、猫と化したギジェットは本物の “ネコ軍団”を引き連れ、凛々しい表情へどこか へ向かおうとしていたりと、前作のユルくて陽気な大騒動から、何かに挑戦するために立ち上がるペッ トたちの姿が描かれていく本映像。

一体、最新作のペットたちにはどのような試練が待ち受けているのか、マックス、スノーボール、ギジェッ トをはじめとするペットの仲間たちは、無事その試練を乗り越えることができるのか!?
飼い主が知ら ない間、勇気をもって困難に立ち向かうペットたちの新たな大冒険に是非ご期待ください


作品レビュー

前作の『ペット』から3年振りの続編となる本作『ペット2』。前作ではマンハッタンとブルックリンが舞台で、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりと、人間に捨てられた元ペットたちVSペットの対立をコミカルに描いていたが、ペット2はその続編となる。

彼らペットの3つの物語がオムニバスドラマのように錯綜し、彼らが結集して敵に立ち向かうという壮大な物語。

主人公は前作同様、NYマンハッタンで飼い主のケイティに愛されて暮らすテリア系のマックスと、相棒の大型犬デューク。
ケイティが結婚、出産とマックスの環境が目まぐるしく変化し、ケイティのベイビー・リアムのモンスターぶりに、最初は逃げまとうマックスであったが、リアムの成長と共にマックスの心に変化が生じる。環境の変化に弱いペット犬が、新たな家族の登場に戸惑いストレスを感じる様子がリアル。

前作で捨てウサギの元ペット軍団のボス・スノーボールは、愛いされ飼いウサギとなっていた。自分をスーパーヒーローと思い込み、新キャラの毒舌女子シーズー犬・デイジーと共に、悪徳サーカス団で捕らわれたホワイトタイガーの赤ちゃんを救い出すミッションを引き受ける。

一方、ポメラニアンのギジェットはマックスの留守中に預かった、マックスの大切なオモチャ『ミツバチ君』を猫屋敷で失くしてしまい、それを取り戻すため猫になる訓練を受ける。

これら3つのストーリーが絡み合い、ペットの可愛いらしさに相反したスピーディーで躍動感の溢れたアクションと、コミカルだが味わいあるストーリーの絶妙なバランスのエンターテイメントで前作よりスケールがパワーアップした。

3つのストーリーの中で個人的にお気に入りなのは、ポメラニアンのギジェットが、デブ猫クロエから、猫屋敷に捉えられたミツバチ君を救出するために猫になる訓練を受け、猫屋敷へ潜入するところ。この面白シーンは猫の習性を詳しく知らないと思いつかないはず

またマックスが環境の変化というストレスから動物病院に行き、エリザベスカラーを付けられるシーンは、犬を飼った方なら理解できる。ペットはストレスに弱く飼い主の行動をいつも気にしているのだ。

リアムが誕生し臆病になるマックスが、旅先で出会う農場犬ルースターと交流し自ら行動し変化していく。彼らを育む成長が今回の大きな肝となっている。ルースターの声優は字幕オリジナル版では、ハリソン・フォードが声を務め、日本語吹き替えは内藤剛志が声優をしている。

今回の敵は悪徳サーカス団の団長セルゲイと凶暴なオオカミたち。彼らがどのようにして強大な敵に立ち向かうのか?様々な環境に生きる動物たちと人間の関係に視点が広げられ、ワクワク感をもらえる。前作を鑑賞していない方は『ペット』を観てから劇場で観るのがオススメだ。

予告動画

『ペット2』札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 ほか 全国ロードショー

監督:クリス・ルノー
制作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
日本語吹替え:バナナマン(設楽統・日村勇紀)、佐藤栞里、永作博美、内藤剛志、宮野真守、中尾隆聖 ほか
配給:東宝東和
上映時間:86分
原題 : THE SEACTET LIFE OF PETS 2
ペット2:公式サイト

ⓒUNIVERSAL STUDIOS

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!