2019年3月23日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

アカデミー賞®メイクアップ&ヘアスタイリング受賞【バイス】4月5日公開 試写の感想

作品紹介

本年度アカデミー賞8部門ノミネート!
アカデミー賞®メイクアップ&ヘアスタイリング受賞

ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(クリスチャン・ベール)受賞!

アメリカ史上最強で最凶な副大統領(バイス)

チェイニーの裏側を描く前代未聞、仰天の実話!

ストーリー

「バイス」:バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、“悪徳”や“邪悪”という意味もこめられている―ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に支配し、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の姿の前代未聞の裏側を描いた社会派エンターテイメント!

試写の感想

本年度アカデミー賞®メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞作。
クリスチャン・ベールが演じた、チェイニー元副大統領の特殊メイクと太った体型を見て驚愕する。彼の美しさが消され嫌悪を感じるほど醜いチェイニーへの変貌ぶり。

過去に30キロ減量した【マシニスト】で不眠症の男を演じたクリスチャン・ベールが20キロ増量したので、彼の俳優人生で50キロの体重を増減ことになる。そのストイックな役作りがこの映画の見どころだ。

物語にはマイケル・ムーア風のナレーションが入り、主人公であるチェイニーがロクでなしと呼ばれた若かりし頃と、大学を中退した彼がどのように政界で下剋上をしていくのか説明を交えながら、ドキュメンタリータッチの時系列を行ったり来たりしチェイニーの極悪ぶりを伝えている。

時代劇の悪代官のように小賢しく、政治を操作し頭角を現していくが、9.11同時多発テロ事件頃からチェイニーの悪徳性が強くなってきている。

ディック・チェイニーには国民や国家のために働き、より良い社会を作る政治家としての意識は全く無い。

彼がCEOを勤めた、石油企業ハリバートンによって私腹を肥やし、ジョージ・W・ブッシュ元大統領やパウエル元国務長官を巧みに操り、イラク進行により罪もない人々を大量虐殺するよう仕向けたのがチェイニーと再現フィルムのように示している。

情報の出どころが明かされていないため、本作の一部始終の真偽は定かではない。
ブラックなポリティカルスリラーもしくは、ハリウッドメディアのプロパガンダと捉えて楽しむのも良いかと思うが、この黒歴史が全て真実ならば、偉大な国アメリカを目指すのは到底無理だとトランプ大統領に伝えたい。

予告動画

【バイス】4月5日 ユナイテッド・シネマ札幌、シアターキノにて公開

監督・脚本:アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーヴ・カレル、サム・ロックウェル
原題: VICE
配給:ロングライド
公式サイト
上映時間:132分

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意です。FMラジオ番組で最新映画紹介の生出演をしています。
error: Content is protected !!