2018年12月19日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

「サスペリア」決してひとりでは見ないでください。2019年1月25日公開 試写の感想

 

作品紹介
『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了した
ルカ・グァダニーノ監督最新作は、伝説の傑作『サスペリア』の再構築。
ベネチア騒然!史上空前の賛・否・激・突!!!

女たちが踊る夜、禁断の宴がはじまる

ストーリー

女たちが踊る夜、禁断の宴がはじまる。
1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。
初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。
一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

試写の感想

「サスペリアー。決してひとりでは見ないでください」
1977年、恐怖感を揺さぶる映画のキャッチコピー。

小学生だった私はこのコピーから伝わる恐怖で、この映画の怖さを妄想した。そしてドリフのコントにもなるほどのフレーズ。当時流行語大賞があれば間違いなく「決してひとりでは見ないでください」が受賞しただろう。

従来の怪奇映画から逸脱した、残酷な殺人の描写と不快で恐怖を煽る音楽がセンセーショナルだった。

70年代ホラー映画の金字塔である、「サスペリア」を大胆にもリメイクしたチャレンジャーはイタリアのルカ・グァダニーノ監督。
リメイク版の主役スージーは、フィフティ・シェイズシリーズのダコタ・ジョンソン。
消えたパトリシア役には、クロエ・グレース・モレッツ。

結論から言うと子供の頃に恐れた「決してひとりで見ないで・・。」と期待するほどの怖さはなく、ひとりでも観れる映画だ。

私の中のホラー映画である絶対条件は、鑑賞後にひとりでシャワーを浴びるのが怖くて嫌になる映画のことを指す。この映画を観た夜に熟睡できたので全然怖くなかったということだ。

人物がパズルのように関係する謎がいっぱい登場し、ホラーというよりもミステリーに近い。オリジナル版よりスプラッターの要素は少ない。

不気味な音とサイケデリックな描写で、苦しみや痛みが伝わるよう視覚と聴覚を攻められ、難解なサブリミナル効果で恐怖感を植え付けてくるが、やはりそんなに怖くないのは、日本人に魔女は理解しがたい存在だから。

主人公スージーとマルコス舞踏団の女子たちが、格闘技のように激しく踊るコンテンポラリーダンス。
レディオヘッドのトム・ヨークが奏でる美しい音楽でアートな世界を構築し、出演者のほとんどが女性で若くてカッコいい男性は存在しない。

舞台は70年代のベルリンで終戦の色が濃く、ベルリンの壁が威圧的に存在するこの時代に、ホロコーストのストーリーを加えたことで、本当に残酷なのは魔女よりも、大量虐殺の戦争だと知らしめている気がした。

展開にちょっぴりイライラしたり、殺人シーンなのにクスッと笑いが出てしまうというユニークな作品であったと思う。この映画がホラーかと聞かれたら間違いなくアートと答えるだろう。

尚、日本ではGAGAの配給だが、北米ではAmazonのストリーミング作品として公開されている。

予告動画

「サスペリア」1月 25日(金)札幌シネマフロンティア他 全国ロードショー

監督 ルカ・グァダニーノ
CAST ダコタ・ジョンソン/ティルダ・スウィントン/ミア・ゴス/ルッツ・エバースドルフ/ジェシカ・ハーパー/クロエ・グレース・モレッツ
上映時間 152分
製作国 イタリア アメリカ
配給会社 ギャガ
原題 Suspiria

公式サイト 
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!