2018年12月18日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

11.23(金・祝)最強の物語が動き出す!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 試写の感想

 

作品紹介

今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいなニュートに、最強の敵が登場! 魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」の力に試される、仲間たちの絆。 果たしてニュートたちは世界を救えるのか!? 魔法の冒険はホグワーツ、そしてパリへ。最強の物語が動き出す!

ストーリー

主人公ニュート・スキャマンダーは、ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生。シャイで、おっちょこちょいな、愛すべき魔法動物学者。魔法動物を守るため世界中を旅する彼がいつも持ち歩いているのは、中が無限に広がる不思議なトランク。その中には、ありとあらゆるユニークな魔法動物たちが……!

ある日ニュートは、捕えられていた強大な敵、“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツ魔法学校のニュートの恩師ダンブルドア先生はニュートに告げる。「黒い魔法使いを倒せるのは、君だけだ」と。魔法界と人間界の支配を企む黒い魔法使いを追って、ニュートが仲間や魔法動物たちとともに向かったのは、パリ!  しかし、悪の力は仲間たちにまで及ぶことに!?  試されるニュートと仲間たちとの絆──果たして彼らは世界を黒い魔法使いの手から守れるのか?

二重三重の面白さが組み込まれたストーリー、繰り出される圧巻の魔法と新しい魔法動物たち。そして、物語の鍵を握る、ホグワーツで起きた驚くべき“出来事”とは──? この冬の最大のイベントを見逃すな! 

試写の感想

多くの人が胸を踊らせ公開日を今か今かと待ちわびているだろう「ハリー・ポッター」魔法ワールドの最新作!
既に公開されている予告映像を観るだけでもワクワクしてしまう。
ファンタビシリーズ好きとしては期待をしすぎてかなりハードルを上げた状態で試写に臨んだが、想像を遥かに超えたその仕上がりには驚いた。
観終えた直後にもう1度観たくなるような作品にはそうそう出会えないが、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』はまさにそんな作品だ。
あのドキドキをまた早く体験したいし、この映画をより深く理解したくなっている。

主人公ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生。
ニュートは学生時代から魔法動物を愛す青年で変わり者扱いされ学内で孤立していたが、魔法動物を守る為に世界中を旅する心優しい魔法動物学者へと成長していた。
久しぶりに再会を果たす仲間達もそれぞれ大人になったように感じる。

ニュートや仲間達が対峙しなければならない相手は黒い魔法使い グリンデルバルド(ジョニー・デップ)。
グリンデルバルドは力づくで無理矢理支持者を増やすわけではない。
言葉巧みに誘導し相手の心を捕らえ、自らの意思で彼の元へと集わせるのだ。
グリンデルバルドを倒せる程の力を持つ魔法使いはダンブルドア(ジュード・ロウ)しかいないと誰もが思い始める中、彼はニュートにその役目を果たしてくれるよう依頼する。
それは何故なのか。
その理由と共に徐々に明らかになるダンブルドアの過去。
不謹慎だが物憂げなダンブルドアもまた、良い。
今作はダンブルドアや彼以外の人物の深い傷にも迫り、ハリー・ポッターシリーズではお馴染みのいくつもの場所や魔法動物も登場する。
自分とは何か、信じるものや守るべきものは何かを問われる苦悩。
ダークさが増して一層壮大になったファンタビの世界は、絶対的な”悪”と”善”というよりは真っ直ぐさ故に分かり合えない悲しみが描かれていた。

衣装や音楽や美術やCG、そのどれもに世界最高峰の技術とこだわりと情熱が込められている。
ファンタビには欠かせない魔法動物達も魅力的で見所満載。
続きが気になりすぎて早くも次回作への期待が高まるがそれはまだしばらく先の事…
それまでの間、お気に入りの魔法動物はどの子かな なんて楽しく話をしてみるのも良いだろう。

それにしても…エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドルなど俳優陣の美しさたるや!
この豪華な顔ぶれが揃うのだから、それだけで劇場まで足を運ぶ価値がある。
まだハリー・ポッターの魔法ワールド未体験の方は、まずは前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観て準備万端な状態で映画館に行く事をおススメしたい。

予告動画

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌、ディノスシネマズ札幌劇場 他 11月23日公開

監督:デイビッド・イェーツ(「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品) 
出演  エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)  

公式サイト  
公式twitter: @fantabi_jp #ファンタビ  
公式インスタグラム: @fantasticbeastsjp  
Film Hashtag #FantasticBeasts
魔法ワールド公式サイト
2018年 アメリカ映画/2018年 日本公開作品/原題:FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD
上映時間:134分
配給  ワーナー・ブラザース映画

© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © J.K.R.

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!