2018年10月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

親子の絆を描く「あいあい傘」10月26日公開 試写の感想

作品紹介

家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのか―。当たり前だと思っていた日常をとても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えずにいた父と娘の愛にあふれた5日間の物語です。

ストーリー

恋園神社のある小さな田舎町。
年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。

宿に向かう途中、六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、町を案内してもらうことになる。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。
さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとするが。

試写の感想

家族と急に離れてしまったら、自分ならどうするか?家族でいられる当たり前のことが幸せだと改めて思う。

映画の冒頭と時々入る無声の映像に想像力をかき立てられる。

恋園神社の町に住む父の六郎の失踪と、その町に定住した理由。観客にはその映像によって真実が語られる。

時系列が絡み合うため、推測しながら見入ってしまう。

父・六郎(立川談春)と娘・さつき(倉科カナ)別々の人生を過ごした25年間。
重い家族のストーリーの中に、六郎とさつきを応援する、テキ屋の仲間たちのコミカルな掛け合いに思わず笑ってしまう。

高橋メアリージュンと、やべきょうすけが演じた、奇抜な見た目のヤンキーテキ屋カップルと、市原隼人が演じたテキ屋の清太郎。
それぞれの性格にマッチした絶妙なキャスティングが、
コミカルな人情物語を繰り広げる。

娘のさつきが25年間心に溜めてきた怒りをぶちまけ、周りを巻き込むシーンに迫力を感じた。
倉科カナの演技は、さつきがどれたけ辛かったのか必然的に想像し共感する。観ているほうはもらい泣きするだろう。

離れて暮らす父の住む町に、娘が訪れることをきっかけとして、それぞれが抱える秘密や隠してきた想いが交錯していく。

恋園神社周辺の味わい深い日本の和と美を、ノスタルジックな映像で絶妙に映す。その「恋園神社」は、山梨県の金櫻神社で撮影が行われた。

本作の脚本・監督は、小説『あいあい傘』の原案・宅間孝行。
宅間孝行は俳優でもあり、舞台版の『あいあい傘』では、テキ屋の清太郎を演じマルチな才能を見せている。

タイトルの『あいあい傘』の本当の意味を是非劇場で探してほしい。

予告動画

2018年10月26日(金)
ユナイテッド・シネマ札幌 ディノスシネマズ札幌劇場で公開

監督・脚本:宅間孝行
出演:倉科カナ 市原隼人
入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ
立川談春 原田知世
主題歌: 竹内まりあ『小さな願い』
上映時間:116分
公式サイト

配給:S・D・P

c2018映画「あいあい傘」製作委員会

 

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!