2018年10月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

少年オギーと家族のワンダーな心の旅「ワンダー 君は太陽」あらすじ 感想

 

映画紹介

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位!全世界800万部突破の小説「ワンダー」が、実写版『美女と野獣』の製作スタッフの手で遂に映画化!

『ルーム』の天才子役ジェイコブ・トレンブレイとジュリア・ロバーツが固い絆で結ばれた親子を熱演。正しさよりも優しさを選ぶ、ただそれだけで自分も世界もハッピーに変えられると教えてくれる感動の物語。

    

ストーリー

遺伝子の疾患で、人とは異なる顔で生まれてきた10歳の少年オギー。27回の顔の手術のせいで自宅学習を続けてきたオギーだが、両親は息子を外の世界へ送り出そうと決意する。

だが、5年生で入学した学校で、オギーはいじめや裏切りなど初めての困難と出会う。

幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギー。そして忘れられない1年を締めくくる修了式の日に、最大の出来事が待ち受けていた―。

試写の感想

遺伝子疾患のため、通りすがりの人が、思わず立ち止まって見てしまうほど特徴ある頭蓋顔面異常の疾患を持つ少年と、家族と周囲の物語。

主人公の少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は生まれながらにして、顔の奇形という疾患がある。

この映画の冒頭に触れた時、デビット・リンチ監督の名作「エレファント・マン」を思い出した。本作は奇形と差別をテーマとするヒューマニズムな側面よりも、ハートウォーミングな、オギーの家族と友人たちのラブストーリーとして、より幅広い層に支持してもらえるだろう。

2013年に出版された、R・J・パラシオの小説「ワンダー」は全世界で800万部の売上を突破した。
執筆のきっかけは、アイスクリーム店で、著者の子供が頭部奇形の少女を見て、怖がり泣き出してしまったこと。
その事件に上手く対応できなかったことを悔み「ワンダー」の執筆を始めた。蓋顔面異常疾患の子を持つ家族への取材を重ねて、書き上げた小説だ。

この作品は外見マイノリティーに対して、我々はどう接するべきか教えてくれる。今まで社会や周囲から一度でも孤立した経験のある方は、主人公のオギーに共感できるだろう。

10歳のオギーは、普通とは違う特別な容姿を気にし、宇宙飛行士のヘルメットを離そうとしない。
学校では他人から痛いほどの視線を浴びる。顔を仮装で隠せるハロウィンを楽しみにしている。
勉強は自宅学習の成果で秀でた才能を発揮するが、結果的にクラスメイトから虐めにあい孤独を感じる。

オギーの姉のヴィアは、親友のミランダが急に離れてしまい悲しい思いをする。オギーが中心の家族で、自分は愛されていない感覚に陥る。

そしてオギーのクラスメイト・ジャックの事情。ヴィアの親友ミランダの事情。
この映画はオギーを中心にした、周囲の人間関係のストーリーをオムニバスタッチで盛り込んでいる。

クラスでの辛い状況をコミカルに自ら実況するオギー。オギーの妄想に登場する、ウィットに富んだスターウォーズのキャラたち。

外見が人とは違うという難しい役にもかかわらず、圧倒的な演技力で観客を魅了する、ジェイコブ・トレンブレイ。主人公オギーが困難に立ち向かう姿に胸が打たれる。

母親のイザベル(ジュリア・ロバーツ)、父親のネート(オーウェン・ウィルソン)の家族へのラブストーリー。あまりにも素敵で、目頭が熱くなり心が震えた。

物事を解決するには愛しか無い。家族愛、他人愛、私たちの周囲に存在する問題の糸口は、全て愛が解決してくれる。

オギーの担任の先生と、校長先生の虐めへの対応が神レベルであり、日本の学校とは様子が違う。

教育者や子供の親には是非観ていただきたい映画。私ももう一度スクリーンで鑑賞したい。

本年度上半期のマイベストムービーとなった感動大作である!
6月公開映画で何がオススメか?と聞かれたら、迷わず本作を推す。

予告動画

監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー

出演:ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ 

 公式サイト                

配給:キノフィルムズ
原題:Wonder
製作年:2017

上映時間:113分

Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!