2018年5月20日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

大人向け仮面ライダー映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』5月19日公開 試写の感想

 

作品紹介

「仮面ライダーアマゾンズ」は2016年からAmazonプライム・ビデオにて配信が始まった。仮面ライダーというヒーローの原点である「アクション性」「怪奇性」に立ち還り、仮面ライダーの“牙を取り戻すため”始動したプロジェクトは、待ち望んでいた多くの人々に熱狂を持って迎えられた。そしてついに、その熱は冷めやらぬまま、映画化へと突き進んだのである。

 

本シリーズは、人工生命体アマゾンと、それを取り巻き、巻き込まれる人間と人非ざる者との「生」を描いてきた。劇場版で語られる最後の物語は、人間によるアマゾン殲滅作戦が佳境を迎える場面から始まる。この世に生存が確認されているアマゾンは残り2体、「水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ」と「鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ」。この2体を狩れば、すべてが終わる、はずだった。
「アマゾン畜産計画」と謎の養護施設、水澤悠を追うアマゾン駆除組織4C、共生と競生、肉食と草食ーー
新たな出会い。さらなる死闘。
そして、「現代に生きるもの」の狭間に立つヒーローの苦難と葛藤に、終止符が打たれる。激しい運命に翻弄された悠と仁の決着と共に。

覚悟はいいか
「仮面ライダー」遺伝子に刻まれた
闘いの結末を、焼きつけろ

真の仮面ライダーを生きる覚悟はあるか

試写の感想

Amazonプライム・ビデオで配信中の「仮面ライダーアマゾンズ」の劇場版にして完結編。

「仮面ライダーアマゾンズ シーズン2」の最後の戦いから2年後の世界で生存が確認されているアマゾンは2体。残るは「水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ」と「鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ」。

食人欲求を起こす人工生命体アマゾン。

そんなアマゾン細胞を宿す、水澤悠と鷹山仁。

2人を狩るためのアマゾン殲滅作戦から逃れた水澤悠が訪れた養護施設から物語が始まる。

ダークな世界観は劇場版でも健在で、舞台となる養護施設は「いかにも」な洋館で、怪しさ満点。何かを隠している…いったい何を企んでいる?と不安を掻き立てる不気味な演出に、序盤からグイっと心を掴まれた。

そしてこの劇場版で、2体の仮面ライダーが宿命の対決に決着を着けるべく遂に対峙する。

アマゾンとして生まれ「自分は守りたいものを守る」ことを正義とした水澤悠と、この世のすべてのアマゾンを狩るために自らアマゾンとなった鷹山仁。

共に力を合わせ戦ったこともあった。己の信じる正義のために、命を奪い合うこともあった。お互いに対するこれまでの様々な想いが入り混じり、複雑な感情を抱きながらも覚悟を決めて戦う姿には鬼気迫るものを感じた。

人ならざる者、アマゾンが苦悩する姿や、そんなアマゾンへ理解を示す一部の人間達。その一方でアマゾンの利用を企む者たち。

個性的で魅力的な役者陣が織りなす、ドラマチックでホラーテイストのストーリーや迫力のアクションは、大人の方々も夢中させるはずです。

大人の仮面ライダーここに完結。

水澤悠と鷹山仁の最後の決着の行方をぜひ皆さんもご覧ください。

予告動画

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』
5月19日(土)公開

 

キャスト:藤田富 谷口賢志
武田玲奈 東亜優 三浦孝太 俊藤光利
籾木芳仁 田邊和也 宮原華音 勝也
姜暢雄 国府田聖那
神尾佑 加藤貴子 藤木孝
原作:石ノ森章太郎 脚本:高橋悠也 監修:小林靖子 監督:石田秀範
音楽:蓜島邦明 アクション監督:藤井祐伍
主題歌:EAT, KILL ALL / Project.R(小林太郎、NoB)
上映時間:101分
オフィシャルサイト
劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 ©石森プロ・東映

The following two tabs change content below.
Atushi Kitashima

Atushi Kitashima

なんとなく立ち寄ったミニシアターで映画の面白さを知り、学生時代に日本映画に夢中になりました。 最近は邦画・洋画問わず、アクション、ミステリー、ホラーを好んで観ていましたが、映画レビューサッポロへの参加をきっかけに、より幅広いジャンルの映画の魅力を知りたいと思っています。