2018年8月17日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

ジョージ・クルーニー監督『サバービコン 仮面を被った街』5月4日公開

 

作品紹介

微笑のウラにはワケがある!?人間不信エンタテイメント!

次期大統領候補とも噂される、ハリウッドの兄貴分ジョージ・クルーニーが、二度のアカデミー賞に輝くコーエン兄弟とドリームチームを結成!

主演は、「ジェイソン・ボーン」シリーズのマット・デイモン。

ほか、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックなど豪華スターが共演。

1950年代に実際に起こった人種差別暴動をもとに、理想のニュータウンの裏側をブラックに描く問題作、いよいよ日本上陸!

ストーリー

この白人少年だけが知っていた、幸せに満ちたニュータウンの真実を。

明るい街、サバービコンへようこそ!

そこはアメリカン・ドリームの街。しかし、そこに住むロッジ家の生活は、自宅に侵入した強盗により一転する。足の不自由な妻ローズ(ジュリアン・ムーア)が亡くなり、幼い息子ニッキーが遺される。

仕事一筋の一家の主ガードナー(マット・デイモン)と妻の姉マーガレット(ジュリアン・ムーア ※二役)は、ニッキーを気づかいながらも前向きに日常を取り戻そうとするのだが・・・。

時を同じくして、白人だけのコミュニティに紛れ込んできた黒人一家の存在が、完璧なニュータウンのもうひとつの顔をあらわにする。街の人々と家族の正体にただ一人、気がつくニッキー。事件は、想像を超える結末へと急展開する。

果たして、幼いニッキーの運命は?ロッジ家は幸福な暮らしを取り戻せるのか!?

試写の感想

事件は隣で起きている!!

実話を盛り込んだニュータウン・クライム・サスペンス。1950年代に作られたニュータウンでの、人種差別暴動事件をモチーフに組み入れたドラマは、今も根強い白人至上主義のアメリカに、一石を投じるスリリングな物語となっている。

第二次世界大戦の名残りを持ちながら、経済成長を続けるアメリカの闇と病み。
コーエン兄弟のひねりあるプロットと、ヒッチコックばりのサスペンス性を効かせた、ジョージ・クルーニー監督。

ペンシルバニア州レヴィットタウンという、ニュータウンで実際にあった白人住民による黒人家族への暴動。
当時の実録映像を本編に散りばめており、よりリアル感を際立たせ、ずっしりと重たい雰囲気を作り上げている。

映画はこの暴動の隣家で起きる、どうしようもない殺人事件を交錯しがら2つの視点で進んでいく。
ワガママな大人の身勝手な行為や犯罪と、それを否応がなしに見てしまう、無垢な少年たち。

マット・デイモンは、ロッジ家の主を演じ、その妻ローズと妻の姉マーガレットの二役を演じ分けたジュリアン・ムーアの演技が見事。

続々と起こる犯罪とハプニングに、アメリカの未来を案じてしまう…。さすが人間不信エンタテイメント、ちょっと嫌な気持ちになる、イヤキモ映画であった。

予告動画

『サバービコン 仮面を被った街』

5.4(FRI)ユナイテッド・シネマ札幌、ディノスシネマズ札幌劇場にて公開!

【監督】 ジョージ・クルーニー 

【脚本】 ジョエル&イーサン・コーエン、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ  

【出演】 マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック

2017年/アメリカ/105分/カラー/ドルビー・デジタル/2.35:1/字幕翻訳:野崎文子/映倫G/原題:Suburbicon/配給:東北新社  STAR CHANNEL MOVIES 

公式サイト

© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.  

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。