2018年11月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

≪体感型アトラクション・ムービー≫『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』あらすじ 感想

★ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018オープニング上映作品★

すべての『スパイダーマン』シリーズを抜き去りソニー・ピクチャーズ独自製作/配給作品全世界歴代1位に! 全世界興行収入9億ドル突破!

映画紹介

学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が、「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を偶然にも発見!プレイするキャラクターを選択した途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれ、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまったぁぁぁ!しかも、そこはジャングル!さらに、現実世界の自分とは体格も性別までも違うキャラに入れ替わりぃぃぃ!

気弱なゲームオタクの男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家(ドウェイン・ジョンソン)に入れ替り男らしさ倍増!セルフィー大好きな金髪インスタ美人は、まさかのヒゲもじゃぽっちゃりオヤジ(ジャック・ブラック)という衝撃的な姿になってしまった!現実世界に帰りたければ、各自のスキルでゲームのステージをクリアして生き残るしか道はない!!

ゲームの世界に突如入り込んでしまった4人の高校生たちが、現実世界での自分とは全く違う姿になって、予測不能なゲームにチャレンジしながら、危険なジャングルでサバイバルを繰り広げる姿が描かれている。彼らの腕に刻まれた3本の線は<ライフ>を意味し、もしも3回死んでしまったらゲームオーバー・・・!
ゲームの中から出ることができない!!息つく暇がないほど次々と、巨大なゾウ、獰猛なヘビ、大きな口を開けて飛び出してくるワニ、雄々しいツノを持つサイの大群が主人公たちに襲いかかる!しかし、4人はゲームのアバター特有のスキルをそれぞれ持っており、華麗に飛んだり、怪力でぶっ飛ばしたり、とにかくものすっごいパワーを秘めていることが垣間見られる。まだ明らかになっていないスペシャル・スキルにも注目だ!

主人公には『ワイルド・スピード』シリーズで不動の人気を獲得した“ロック様”こと、ドウェイン・ジョンソンのほか、『スクール・オブ・ロック』(04)、『ガリバー旅行記』(11)のコメディー俳優・ジャック・ブラック、『リベンジ・マッチ』(14)のケヴィン・ハート、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役女優カレン・ギランといった個性的なキャストが集結!

果たして彼らは、〈ゲームクリア〉して現実世界に無事に戻ることができるのか~!?予想もつかない危険度・興奮度MAXのサバイバル・ゲームが、今始まる!

ストーリー

学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を偶然にも発見。
プレイするキャラクターを選択した途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれ、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってしまった!
しかも、そこはジャングル!さらに、現実世界の自分とは体格も性格も性別までも違うキャラに入れ替わり!気弱でやせっぽっちなゲームオタクの男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家(ドウェイン・ジョンソン)のアバターに入れ替り。
セルフィー大好き金髪インスタ美人は、まさかのヒゲもじゃぽっちゃりオヤジ(ジャック・ブラック)という衝撃的な姿になってしまった。
現実世界に生きて帰りたければ、難攻不落のステージを各自のスキルを使ってクリアするしか道はない!!
果たして彼らは、〈ゲームクリア〉して現実世界に戻ることができるのか~!?予測不能&危険度MAXのサバイバル・ゲームが、今始まる!

試写の感想

1996年の記念すべき第一作目、ロビン・ウィリアムズ主演の「ジュマンジ」の続編ではない。

ジュマンジの妙なドラムの効果音、ジャングルを爆走し襲って来るサイの群れ、ゲームのミッションで「ジュマンジ~!」と叫ぶところは同じだが、オリジナルをリスペクトして生まれた全く新しい「ジュマンジ」が本作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』だ!

高校生の主人公たちが、呪われたテレビゲーム「ジュマンジ」の中に吸い込まれ、本人達の性格や容姿のかけ離れたアバターとなり、ゲームの舞台である、ジャングルのミッションをクリアしていく、アクションRPG・エンターテイメント。

主人公の痩せっぽちでゲームオタク、パシリ男子高生のスペンサーが、ムキムキマッチョな冒険家で博士(ドウェイン・ジョンソン)のアバターとなり、セルフィーとインスタ大好き、スマホ中毒のイケイケ女子高生ベサニーは、デブおやじの地図専門家(ジャック・ブラック)となってしまう。
それぞれが性別、身体、性格が真逆のキャラに入れ替わりするのだ。

面白いのは、アクションヒーローとしてパーフェクトな、ロック様ことドゥエイン・ジョンソンが、オタク男子でアレルギー持ち、気弱な男子高校生となり、その中身と見た目のギャップがたまらない。

女子高生ベサニーのアバター役を演じた、ジャック・ブラックは久々のコメディ大作に出演だが、女子高生キャラを演じきれるのは、もう彼しかいないという圧倒的な存在感!フェミニンな可愛い表情がツボで笑わせてくれた。

超危険な猛獣だらけのジャングルで、危険なトラップをくぐり抜け、仲間と力を合わせ敵と戦い、ゲームクリアに向かって突き進む、大胆なアクションとコメディのバランスが絶妙で「マジジュマンジ~!」と叫びたくなるオモシロな展開が次々とやってくる。

オリジナル版は、ファミリー向けのファンタジー・アドベンチャーだったが、新「ジュマンジ」は体感型アクション・エンターテイメント・コメディ。どの世代が観ても間違いなく楽しめるだろう。

DVDが出てから自宅鑑賞・・・とは言わず、是非劇場の大画面で驚愕のジュマンジ・ワールドを目撃してほしい!

予告動画

4月6日(金)
札幌シネマフロンティア
ディノスシネマズ札幌劇場
ユナイテッド・シネマ札幌 ほか全国ロードショー! 

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

原題: Jumanji: Welcome to the Jungle 
全米公開:2017年12月20日
上映時間:119分

監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』) 
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)
ジャック・ブラック(『スクール・オブ・ロック』)
ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)
カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)
ニック・ジョナス 

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:http://www.jumanji.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/JumanjiJP
公式Twitter:https://twitter.com/JumanjiJP
#ジュマンジ

#マジジュマンジ

※「マジジュマンジ」とは予想のナナメ上ゆく事を意味する

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!