2018年11月19日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

玉木宏主演『悪と仮面のルール』あらすじ 感想

作品紹介

日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出作品『悪と仮面のルール』が待望の実写映画化。

“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏。そのほか、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結。

メガホンをとるのは、数々のPVやCMを手掛けてきた新鋭・中村哲平。壮大なサスペンスと深遠で哲学的なドラマを圧倒的な演出で描きます。

ストーリー

“悪”になるために創られた男。

彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。

やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。

そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

 

試写の感想

清潔感がある役どころが多い玉木宏の新境地とも言える、邪の心を持ちながら愛する女性を守る純愛ラブストーリーは、エロティックで残酷な描写も含まれている。

主人公の久喜文宏は、父親に邪になると告げられていた。久喜家の養女となり施設から貰われてきた香織は、年頃になると父から性的虐待をされるようになる。
香織を愛する文宏は、彼女を守るために父を殺害目的で別荘の地下に閉じ込めてしまう。

物語は文宏が整形で新たな顔を手に入れたところから始まる。父を殺害したことで自分の中の邪と葛藤する文宏。しかし文宏の中の『邪』が正直つかみにくい。

邪は香織を虐待し文宏をコントロールする父親そのものだ。
後に登場するクレイジーな文宏の腹違いの兄は桁違いの『邪』である。
文宏は最初から最後まで、愛する女性を守り抜くヒーロー的な役どころで、例え狂気の父を殺した過去があっても、王子様のように素敵な男性にしか見えない。

映画の中には複数の邪が含まれており、重くて暗いトーンで展開していく。『邪』はどんな人の心にも潜む悪の部分。その小さい心の邪が段々と大きくなりテロを起こす。そして物語には武器密輸が絡み、さらには戦争へと結びついていく。

芥川賞作家・中村文則氏の深い闇の世界と恋愛を結びつけた、独自の世界観は、実に抽象的で考えさせられる映画である。

 

予告動画

2018年1月13日(金)、ユナイテッド・シネマ札幌

シネプレックス旭川にてロードショー!

キャスト:玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)

監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉

主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)

2017年/カラー/5.1ch/138分

企画制作:PlusD  配給・宣伝:ファントム・フィルム

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!