2018年11月17日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

ついにDC超人集結!『ジャスティス・リーグ』

 

作品紹介

オンリーワンが集まれば、世界も救える。

ヒーロー新時代、開幕。
オンリーワンな超人集結!連携プレイで暴れまくる!
――新たなヒーロー映画の時代がここから始まる。
完全無欠のヒーロー”スーパーマン”亡き後の世界。宇宙からステッペンウルフの侵略の魔の手が迫っていた。もう一人のヒーロー、バットマンは、世界滅亡の危機をいち早く察知。一人じゃ世界は救えないーーバットマンの超人スカウト作戦が始まった。集まったのは、オンリーワンな能力を持った超人たち。つきぬけたチカラが、つきぬけたチームをつくる!

リーダー”バットマン”はその統率力で、チームのまとめ役”ワンダーウーマン”はその腕力で、ヒーロー未経験者の”フラッシュ”は世界一のスピードで、海の王”アクアマン”はチーム1の闘争本能で、人間デジタルデバイスの”サイボーグ”は世界中のコンピュータにアクセスできるデータ分析力で、”超”にもほどがある連携プレイで強大な敵に立ち向かうーーこれぞまさしく、正義のために戦う最強の“リーグ(=仲間たち)”!

ベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラーら豪華キャストが結集!

『バットマンvsスーパーマン』のザック・スナイダー<監督>×MARVEL『アベンジャーズ』ジョス・ウェドン<脚本>がタッグを組んで放つ、2017年最大・最高の興奮を体感せよ!
秒殺、興奮!2017年№1アクション!

 

ストーリー

正義の象徴だったスーパーマン亡き後の世界。各地で犯罪が急増しているばかりか、その隙を狙い、宇宙から来たステッペンウルフが侵略の魔の手を伸ばそうとしていた。

目的は、3つ揃えれば強大な力を手にすることができる“マザーボックス”。女戦士アマゾン族の島、海の王国アトランティス、人間社会の3ヶ所に封印されている。バットマンこと、実業家ブルース・ウェインは、一人では勝てない敵の襲来に備え、ワンダーウーマンとともに、オンリーワンな特殊能力を持つ超人たちをスカウト。

かくして、ザ・フラッシュ、アクアマン、サイボーグの3人が参戦し、“ジャスティス・リーグ”が結成される。だが、彼らは今まで人間社会からその存在をひた隠し、孤独に生きてきた一匹狼たち。個性も我も強く、チームワークがとれているとはお世辞にも言い難い。果たして、彼らは力を合わせ、最悪の敵に勝つことができるのか?そして物語は、想像もつかないラストへーー。

 

 

試写会の感想

スーパーマンが前作の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 で命を落としてしまい、その結果地球の犯罪率が増加したばかりか、宇宙から謎の敵、ステッペンウルフが地球破壊のために侵略を開始した。その目的は3つ揃えれば強大な力を手にすることができるマザーボックスだ。

マザーボックスは、宇宙から来たエネルギー物質で、太古の昔地球であった戦いで、アトランティス人、アマゾン族、人類の3つの種族が封印し守ってきた。

マザーボックスを狙う、ステッペンウルフのパワーに立ち向かうため、スーパーヒーローたちが集結させようと、バッドマンとワンダーウーマンは、特殊能力を持つ超人たちをスカウトのため奔走する。

●統率力のバッドマン。
自分の特殊能力はリッチな資産家であることだ!と、ジョーク混じりに語るバッドマンだが、20年間もひたすら正義のために戦い抜いてきた。しかし命を犠牲にして地球を守ったスーパーマンを目にし、ブルース・ウェインは再び人類への信頼を取り戻し、世界を救うべき超人を集めてチームを結成する。

●豪腕で愛と正義の美女戦士ワンダーウーマン
世界で最初にして最強の女性スーパー戦士。ジャスティスリーグに最初に入り、その生まれ持った知性と自信から、チームに欠かせない存在である。

●電脳デジタルデバイスのサイボーグ
半分人間、半分機械のサイボーグは、かつて瀕死の事故で重症を追うものの、彼の父親が宇宙から来たマザーボックスの力を用いて体を再生し、電子と肉体を融合させたヒーローとなった。

●超速最強の男 ザ・フラッシュ
無実の罪で逮捕された父親を救おうと刑事司法を学ぶ学生。超高速で動く能力はあるが実戦経験は乏しい。

●海洋生物の王、アクアマン
人間とアトランティス人のハーフ。優れた闘争本能を持つ海の神。
世界を救うバッドマンの呼びかけに応じてジャスティスリーグに参加。

それぞれがヒーローとなる理由を模索しながら成長する。

前作の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でも戦いは神の域に入っていたが、ワンダーウーマンや、アクアマンが参戦したことで、迫力ある宇宙人VS神の戦いは見ものだ。

中盤から驚愕の事実が映画の流れを変え、ここからは一切のネタバレ禁止となる。しかし期待以上のストーリー性とユーモアがあり、ダイナミックな娯楽映画として、楽しさが伝わることは間違いない。
あっという間の121分、彼らのアメージングな戦いぶりを、ぜひ大画面で体感してほしい! 

 

予告動画

『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝) 丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国ロードショー
【スタッフ&キャスト】
監督:ザック・スナイダー
キャスト:ベン・アフレック、エズラ・ミラー、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー

【上映時間】121分
【原題】JUSTICE LEAGUE
【配給】ワーナー・ブラザース映画

公式サイト 公式twitter
公式タグ #ジャスティスリーグ

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!