2018年5月20日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

片想いをしたことのあるすべての人たちへ「先生! 、、、好きになってもいいですか?」

片想いをしたことのあるすべての人たちへ――新しい純愛映画が登場します。

今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、生田斗真×広瀬すずの豪華初共演で映画化。
メガホンを取るのは青春ラブストーリーの名手・三木孝浩監督。恋をしたことがあるすべての人たちへ――新しい純愛映画が、この秋誕生します。

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。
その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。
「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。

ストーリー

私が生徒じゃなかったら 先生は、私を選んでくれますか?

 高校2年生の響(広瀬すず)は、まだ恋を知らないちょっぴり内気な女の子。楽しそうに恋 バナに花を咲かせるクラスメイトの千草(森川葵)や浩介(竜星涼)を、どこか不思議な気 持ちで眺めている。そんな響が初めて好きになった人は、世界史の伊藤先生(生田斗真)。
めったに笑わない不愛想な先生だけど、授業を忘れてベンチでうたた寝しちゃったり、担任 でもないのに最後まで居残り授業に付き合ってくれたり。そしてたまに見せるびっくりす るくらい優しい笑顔。「好きになってもいい?」「俺はやめとけ」そう言われても、ただ好き で、どうしようもなく好きで。
そんなまっすぐ過ぎる響の想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶 かし始めていることを、響はまだ知らない。
最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋 上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。動揺する響だったが、事態は響の知らない ところで急速に変化しようとしていた。2人を引き離そうと躍起になる大人たちと、響を熱 い友情で支え応援する仲間たち。様々な思いが交錯する中、響の初めての恋の行方は……?

まっすぐに気持ちをぶつけることは素敵だけど、どこか怖い。そんな恋に少し臆病になって しまっている人たちの背中を、『先生!』はそっと押してくれるはずです。

試写会の感想

主人公の響(広瀬すず)は可愛くて、素直で、優しくて…真っ直ぐな女の子。
イマドキこんなにピュアな女子高生ホントにいるのか?と思うくらい真面目で一途。

対する教師の伊藤(生田斗真)は、イケメンで背が高くてカッコイイ。

まさに夢のカップル誕生か?
学園キラキララブストーリーは、高校生と教師の禁断の恋がテーマだ。

最近ドロドロどっぷり重たいR15指定邦画ばかり試写で観て疲労困憊していたので、この映画で不思議と癒された気持ちになった。

爽やかな胸キュンラブストーリーは、教師と生徒の恋愛模様にドキドキしつつも、響の目線で彼女の恋愛を応援したくなる。

誰にでもある甘い初恋や、恋に落ちた瞬間。
それは魔法に掛かったように、キュンとときめいて全てが薔薇色に感じる。
好きな相手しか見えなくなり、いつも彼のことで頭がいっぱいになる。
時々自信を失くして、心の中で不安が湧き上がる。
私のことなんて好きじゃないと、勝手に妄想し自己否定をして悲しくなる。

片思いをしたことのある方なら、誰でも判る恋愛中の心模様。

相手が広瀬すずちゃん…もとい!可愛いらしい響なら、速カップル成立か?と思いきや、先生と生徒の恋愛はハードルが高く思うように進まない。

しかし伊藤先生の気持ちが次第に変化していき・・・ここからが見どころで、ドキドキ度はMAXへ!!

年齢を問わず女性ならば、響の恋愛に共感することでしょう。

甘くて苦い青春時代を思い出すのに、ピッタリな純愛映画です。

予告動画

キャスト/スタッフ

キャスト:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
監督:三木孝浩
脚本:岡田麿里
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:113分
英語タイトル:SENSEI!
オフィシャルサイト 公式 Twitter:@sensei_movie
#先生好きになってもいいですか

(c)河原和音/集英社 (c)2017 映画「先生!」製作委員会

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • シネプレックス旭川
  • シネマ太陽函館
  • シネマ太陽帯広
The following two tabs change content below.
佐藤 友美

佐藤 友美

2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。 道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。