• 道内最大級の映画レビューサイト

第 89 回アカデミー賞 作品賞受賞!『ムーンライト』あらすじ 感想

第 89 回アカデミー賞 作品賞、脚色賞、助演男優賞 受賞 『ムーンライト』

 

本作は、当時まだ誰もその存在を認識していなかった無名の監督による作品 が、 2016 年のテルライド映画祭での上映を皮切りに、圧倒的な支持を得て 北米で大ヒットを記録。主なオスカー前哨戦では、最も多くの“作品賞”を受 賞していました。(329  部門ノミネート・158 部門受賞)。さらに、アカデミー賞の歴史の中で、ジェンダーを越えた愛を描いた作品が作品賞にノミネートされることはあっても、作品賞を受 賞することは過去になかったことを考えると、(『ミルク』、『ブローク・バックマウンテン』、『ザ・キッズ・オールライト』などは作品賞ノミネート/『キャロル』は作品賞ノミネートならず)まさに「映画史の歴史を変えた作品」であります

【イントロダクション】

自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで革新的な映像美と情緒的な音楽と共に 3 つの時代 で綴ったこの愛の物語に、世界中が瞬く間に虜になった。 なぜ『ムーンライト』が世界中を魅了しているのか―。

それは、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的 な感情が描かれているから。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも 心に残る後悔・・・思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、 私たちの心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれ、深い感動と余韻に包まれる。

エグゼクティブプロ デューサーにブラッド・ピットを迎え、キャストには主人公の母親に『007』シリーズのナオミ・ハリス、少年の父 親代わりになる男に人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で人気を博したマハーシャラ・アリ。

そして それぞれの時代で主人公シャロンを演じた 3 人の俳優は、同じ内面を感じ生きる“目”を持ち、一人の人間の 感情の揺れ動きを見事なまでに表現している。

ストーリー

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。そんなシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらな い日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・

試写会の感想

予告編を観て楽しみにしていた期待の作品が、ラ・ラ・ランドを破りアカデミー賞の最高峰である作品賞を獲得し驚いた。

主人公シャロンの少年期、思春期、青年期でのストーリーの大きな変化に戸惑いを感じたが、この作品で感じたことは、家族や愛を追い求めながらも、世界中の何処かで実際に過酷な状況で生きる人々がいるのだ。
しかし既にセクシャルマイノリティーへの偏見は時代遅れである。

多様性への認知が低く、偏見を持つ人はまだ大勢いるのが現状である。
映画の中から歴史や過去を学んできたが、映画『ムーンライト』で愛や自分のアイデンティティを探した、シャロンの困難や哀しみを知り、また一つ何かを学ぶことができた。是非多くの方に知ってほしい映画だ。

予告動画

スタッフ/キャスト

  • 監督・脚本:バリー・ジェンキンス
  • エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット
  • キャスト:トレバヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホーランド、ジャネール・モネイ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒ バート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 配給:ファントム・ フィルム

【2016/アメリカ/111 分/シネマスコープ/5.1ch/R15+】原題:MOONLIGHT

公式サイト: http://moonlight-movie.jp/

© 2016 A24 Distribution, LLC

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!