• 道内最大級の映画レビューサイト

オリバー・ストーン監督【スノーデン】作品レビュー

米国最大の機密を暴いた男。
家族、恋人、自由。
すべてを捨てた若者“エドワード・スノーデン”の真実に迫る、衝撃の実話。
オリバー・ストーン監督×ジョセフ・ゴードン=レヴィット

 

【衝撃の実話】アメリカ政府による膨大な個人情報監視の事実。米国最大の極秘機密を告発した元CIA職員エドワード・スノーデン。彼は英雄か。それとも国家の裏切り者か?
家族、恋人、自由。すべてを捨てて国家を告発した元CIA職員“エドワード・スノーデン”の人物像に迫るヒューマン・ドラマ。

 

作品レビュー

エドワード・スノーデンの暴露は、アメリカ政府が一般国民の電話やインターネット、監視カメラを利用し全世界に向けてスパイをしてきたという衝撃の事実であった。しかしドキュメンタリー映画【シチズンフォー スノーデンの暴露】の中では、彼の年代順の細かいディテールを知ることは無かった。

米軍特殊部隊に志願する程の愛国者だったスノーデンが、何故合衆国を告発したのか?この映画はオリバー・ストーン監督がモスクワでスノーデンと会談し、取材した上で撮影したという、新たなドキュメンタリーに近い実話である。

米国がインターネットや電話、監視カメラを使ってのスパイは、アメリカ国内だけに留まらず日本もその標的であった。またスノーデンの構築したシステムが、驚くような使われ方で人命を奪ってきたという事実を知り驚愕した。

CIA勤務を経てからNSA時代の年収は軽く2000万円以上稼いできたスノーデンが、高給・家族・友人、全てを捨てて亡命した理由や彼のプライベートライフが明らかになる!

またスノーデンの恋人リンジー・ミルズと、どのようにして恋に落ち、ストレスに苦しむスノーデンを支えてきたのか。緊張感のあるストーリーの中に彼らのロマンティックな恋愛模様か混在する。

現在はロシアでインターネットを用いた、対談や講演会等で稼いでいるというスノーデン。トランプ政権で米国のスパイ活動がどう変化していくのだろう。

出演

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
シャイリーン・ウッドリー
メリッサ・レオ
ザカリー・クイント
トム・ウィルキンソン
スコット・イーストウッド
リス・エヴァンス
ニコラス・ケイジ

監督  オリバー・ストーン
脚本  キーラン・フィッツジェラルド & オリバー・ストーン
原作 「Time of the Octopus」 著:アナトリー・クチェレナ
原作  「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」 著:ルーク・ハーディング (日経BP社)
製作  モーリッツ・ボーマン/フェルナンド・サリシン/フィリップ・シュルツ=ダイル/エリック・コペロフ
撮影  アンソニー・ドッド・マントル
美術  マーク・ティルデスリー
編集  アレックス・マルケス/リー・パーシー
衣装  ビナ・ダイヘレル
音楽  クレイグ・アームストロング

2016年/アメリカ・ドイツ・フランス/135分/カラー/シネマスコープ/原題:SNOWDEN/PG-12

公式WEBサイト: http://www.snowden-movie.jp/

(c)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!