• 道内最大級の映画レビューサイト

綾野剛主演 待望の続編【新宿スワンⅡ】

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

新宿 VS. 横浜!全面戦争に突入。生き残るのは、どっちだ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

伝説再び。破天荒で純情。愛すべきアイツが、帰ってくる!

金髪・天パーのスカウトマン、あの白鳥龍彦が帰ってくる!和久井健の超人気コミックを映画化、2015年に公開 され大ヒットを記録した『新宿スワン』。一文無しで歌舞伎町にやってきた龍彦がスカウトマンとして成長する姿と、 ライバル秀吉の謎の死までを描いた前作から一年。待望の続編『新宿スワンⅡ』がついにそのベールを脱ぐ。 原作の中でも特に人気の高い「横浜王国編」をベースに、シマの拡大のため横浜進出を目論む新宿バーストと、 その新宿さえも飲み込もうとする横浜ウィザードの全面戦争を背景に、男たちの熾烈な駆け引き、女たちの火花 散る戦いが鮮やかに描かれる。

%e7%84%a1%e9%a1%8c4

ストーリー

新宿バースト、“タキ王国” 横浜にケンカを売る。

南秀吉の死から1年。歌舞伎町を仕切るスカウト会社・バーストのスカウトマン、白鳥龍彦(綾野剛)は、ある夜 マユミ(広瀬アリス)と出会い、助けを求められる。ヤミ金からの借金返済に追われるマユミに、龍彦は涼子ママ(山田優)の店・ムーランルージュを紹介する。その頃、ハーレムとの合併によりスカウトマンの数が倍増した バーストでは、スカウトする女の取り合いが起こっており、社内の雰囲気は最悪だった。

業を煮やした社長の 山城(豊原功補)はシマを拡大するため、横浜に進出することを決断。その任務を横浜出身の関(深水元基)と、 龍彦に命じる。嫌がる龍彦だったが、突然新宿から姿を消した同僚・洋介(久保田悠来)が横浜にいるという話 を聞き、歌舞伎町にしばしの別れを告げる。

%e7%84%a1%e9%a1%8c3

試写会の感想

日本映画としては珍しいSONYピクチャーズの製作で、和久井健原作の超人気漫画『新宿スワン』映画化の第二作目。

綾野剛が演じる主人公・龍彦は、熱い性格で真面目で誠実。表情が豊かで泣いたり笑ったり、他人のために頑張り、命を掛けて友情を守る。その誠実さから人の縁を引き寄せ、のし上がって来た龍彦が横浜進出によって新たな展開に遭遇する。

スカウト会社バーストが横浜に進出することで巻き起こる抗争劇は、ほぼヤクザ映画に近い。秀吉殺害という前作の名残はしっかりと残し、麻薬の取引とヤクザの介入を織り交ぜながら最悪の事態へと突き進んでいく。更には秀吉殺害事件の犯人の謎解きもあり、園子温監督ならではのバイオレンスに、サスペンスの要素を盛り上げながら、目をみはるアクションシーンの連続がある。

眠らない街、新宿歌舞伎町や横浜の裏側をカオスに映し出し、そこに集まる人々の群像を余すところ無く物語にした【新宿スワンⅡ】2017年1月21日から公開!


映画『新宿スワンⅡ』主題歌 MAN WITH A MISSION/Dead End in Tokyo

プロデューサー:山本又一朗  脚本:水島力也  監督:園子温

主演:綾野剛 浅野忠信 伊勢谷友介 深水元基 金子ノブアキ 村上淳 久保田悠来 上地雄輔 広瀬アリス  山田優  豊原功補  吉田鋼太郎/椎名桔平

2017年1月21日(土)より全国ロードショー

道内公開劇場

札幌シネマフロンティア
ディノスシネマズ札幌劇場
ユナイテッド・シネマ札幌
イオンシネマ江別
イオンシネマ小樽
ソラシネマちとせ
イオンシネマ旭川駅前
シネプレックス旭川
ディノスシネマズ旭川
T・ジョイ稚内
ディノスシネマズ苫小牧
シネマ太陽函館
イオンシネマ北見
イオンシネマ釧路
シネマ太陽帯広

© 2017『新宿スワンⅡ』製作委員会

公式webサイト: http://ss-2.jp/

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!