• 道内最大級の映画レビューサイト

【MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間】

トランペットを手放し
創作活動を休止した〝空白の5年間″

%e7%84%a1%e9%a1%8c

『ホテル・ルワンダ』ドン・チードル主演、共同脚本、制作、そして初監督に!『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』

マイルス・デイヴィスはトランペット奏者にとどまらず、「ジャズ界の革命児」「ジャズの帝王」とも称されている。しかし彼には、半世紀のキャリアにおいて、創作活動を休止した“空白の5年間”があった。なぜ、彼は活動を休止したのか?そして彼に何があったのか?最愛の妻との別れ、ドラック、襲い来る現実と幻想、そして天才であるがゆえの創作の苦しみや隠遁願望…。マイルス・デイヴィスの実像を映画化するのは、極めて厳しいとされてきた。しかし、この作品は史実とフィクションを織り交ぜ、彼の真実に迫り“マイルス・デイヴィス”を描き切った意欲作。

ストーリー

帝王マイルス・デイヴィス(ドン・チードル)は、1970年後半の5年間、すべてのミュージックシーンから姿を消した。一人きり自宅にこもった彼は、慢性の腰痛に悩まされ、ドラッグや鎮痛剤の影響ですさんだ生活を送っていた。そこへしたたかな音楽レポーター、デイヴ・ブレイデン(ユアン・マクレガー)が強引におしかける。それから二日間、ふたりは盗まれたマイルスの最新曲のテープを取り戻すため思わぬ追跡劇に巻き込まれる。もともと気まぐれなマイルスの言動に拍車をかけるのが、元妻であり彼のミューズでもあったフランシス・テイラー(エマヤツィ・コーリナルディ)との破綻した結婚生活の思い出だ。苦悩と絶望から死をも考えたマイルスだが、音楽から救いを見出し、復活への道を模索していく…

映画を観ての感想

監督、製作、共同脚本、主演兼任のドン・チードルが手がけた、クラウドファンディングで資金を集めた念願のプロジェクト。

ドン・チードルと言えば【アベンジャーズ】シリーズのウォーマシン役としてのイメージが定着しているが、マイルス・デイヴィスを演じる上でトランペットの訓練を積み、彼の些細な仕草やハスキーな声色を再現し、入魂の演技を披露した。

マイルス・デイヴィスほどの才能に恵まれた人間でも、長いスランプがあった。彼のミューズでツキを呼んでくれた最愛の妻との離婚を後悔し、次のステップに進めずにいた。しかしローリング・ストーン誌の記者デイヴ(ユアン・マクレガー)との出会いにより状況は変化する。

単なる伝記映画ではない。史実と幻想を織り交ぜながら、思い出のマスターテープを取り戻すというスリリングなバディムービーを観て、モダンジャズ界の帝王の空白の5年間がいかに混沌としていたかが理解できた。

ドン・チードルがマイルス・デイヴィスに起きた出来事からインスピレーションを得たストーリーは、マイルスの家族からも「最高だ!」と絶賛されたそうだ。没後25年すべてのミュージシャンのカリスマとして、今でも語り継がれるマイルス・デイヴィス本人を描いた初の映画。音楽ファンには是非観ていただきたい作品です。

 

道内公開劇場 札幌シネマフロンティア 2017年1月7日から公開

【MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間】

原題 MILES AHEAD


監督・共同脚本・制作・主演:ドン・チードル 音楽:ロバート・グラスパー

出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルディ
2015年/アメリカ/上映時間:100分 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!