• 道内最大級の映画レビューサイト

韓国発“サイレント”スリラー『殺人鬼から逃げる夜』9月24日公開

作品紹介

韓国から、また衝撃の才能!全く新しい「逃走サイレントスリラー」誕生!
その夜、連続殺人犯の次のターゲットとなったのは、聴覚が不自由なギョンミ。正体を変え、警察を欺きながらどこまでも、どこまでも、追いかけてくる、動機も正体も不明のサイコパスから逃げ切るために、知恵と脚力を駆使し、夜の街を走り続けるギョンミだが、無音の中での逃走は、不利を極めー。展開の全く読めない80分の追走劇。命綱なしで物語に放り込まれるような緊張感で、観る者のアドレナリンとドーパミンを噴出させ、想像を超えたラストへと誘うのは、これが監督デビュー作という恐るべき才能:クォン・オスン。 

出演は、韓国最大企業・サムスングループのエリート社員を辞めて報道記者を経て俳優へ転身と、異色の経歴で話題の『リトル・フォレスト春夏秋冬』のチン・ギジュ。そして、ライジングスターとして注目の『コンジアム』のウィ・ハジュン。あらゆる映像体験を享受してきた全世界の映画ファンを、初めての歓喜と興奮で覚醒させる、傑作スリラーが誕生した!

ストーリー

街で続く連続殺人。その夜、帰宅途中に事件現場を目撃した聴覚障害を持つギョンミは、次のターゲットに。全力で逃げるギョンミだが、聴覚が不自由な彼女には、犯人が追いかけてくる足音も聞こえなければ、助けを呼ぶ言葉も届かない。殺人犯はそんな獲物を。まるでゲームを楽しむかのように巧妙なワナを使って、じりじりと追い詰めていく──いつになったら、この夜は明けるのか?

作品レビュー

サイコパス連続殺人犯(ウィ・ハジュン)が次の殺人ターゲットに選んだのは、聴覚障害者のギョンミ(チン・ギジュ)。聴覚障害のある主人公が圧倒的に不利な中で、殺人者の執拗な追跡から逃げるのが大まかなあらすじ。
見えない目撃者』の聴覚障害者VS殺人者の映画にインスパイアされた雰囲気もあり。ホラー要素たっぷりのスリラー映画。

主人公と殺人者の逃げる追うの攻防劇に、あの名作『シャイニング』を思い出すシーンもある。殺人者の動機が謎なのと、暴力的なシーンの連続に心臓が押しつぶされそうになるが、障害に負けず応戦する主人公のサバイバル能力の高さが救いだ。ホラー映画が好きな方にオススメしたい。

予告動画

『殺人鬼から逃げる夜』9月24日公開


監督・脚本:クォン・オスン
出演:チン・ギジュ『リトル・フォレスト 春夏秋冬』/ウィ・ハジュン『コンジアム』/パク・フン『ゴールデンスランバー』ほか
原題:MIDNIGHT/2021/韓国/カラー/上映時間: 104分
配給: GAGA
※PG12
公式サイト

©2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!