• 道内最大級の映画レビューサイト

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』8月13日公開

作品紹介

 ようこそ、究極のカオスへーー。こいつら、全員ヤバすぎる。

爆食サメ人間、“悪カワ”ハーレイ・クインら全員終身刑のクレイジーすぎる悪党14 人が減刑と引き換えに挑むのは、誰がいつ死ぬかも分からない極秘のデス・ミッションーー。「世界を“カイジュウ”プロジェクトの脅威から救え」

 ジェームズ・ガン監督が仕掛ける“新生スーサイド・スクワッド”、日本上陸!刺激と笑いのサバイバル・アクションが、スクリーンを興奮で埋め尽くす!この夏、最高にクレイジーな衝撃を体験せよ!

史上最もヒーローらしくないヒーローチームの活躍を、ゴキゲンなヒット曲ナンバーと共に描いた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を大ヒットに導いたジェームズ・ガン監督。その飽くなきキャラクター愛と、セオリーを打ち崩す反骨スピリットが映画ファンの絶賛を集め、いま世界で最も注目を集めている監督の1人だ。日本のサブ・カルチャーの大ファンでもある彼が、予測不能な“極”悪党たちを如何に魅力たっぷりに描くのか?

全ての常識を覆すこの超大作に参加するキャストは、続投となるマーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』)、ジョエル・キナマン(『スーサイド・スクワッド』)、ジェイ・コートニー(「ダイバージェント」シリーズ)、ヴィオラ・デイヴィス(『スーサイド・スクワッド』)に加え、「マイティ・ソー」シリーズ/『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演する一方でゴールデングローブ賞受賞経験もある実力派俳優イドリス・エルバも“極“悪党として参戦。

さらに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのマイケル・ルーカー、ジョン・シナ(『バンブルビー』)、デヴィッド・ダストマルチャン(『ダークナイト』『アントマン&ワスプ』)、ダニエラ・メルキオールなどなどの実力者が一癖も二癖もある個性的すぎるキャラクターを演じ、すでにキャラクター渋滞という嬉しい悲鳴が聞こえてくるなか、70歳を超えてもなお、鍛え上げた肉体を武器にスクリーンで大暴れし続けるシルベスター・スタローン(「ロッキー」シリーズ、「ランボー」シリーズ、「エクスペンダブルズ」シリーズ)までもが参戦。レジェンド俳優がインパクトと重厚感を作品にもたらしてくれること間違いなしだ。

放送禁止用語もお構いなしのクレイジーさとノリ、そしてジョークとド派手なアクションで贈る本作に、今から期待に胸が高まる!

ストーリー

政府に招集されたのは、全員終身刑の愛すべきクソやばい14人の悪党たち——サメ人間・悪カワ・武器オタ・筋肉野郎・水玉の陰キャ・ほか多数!人類最大の脅威、極秘「怪獣」プロジェクトに立ち向かう!? たった10年の減刑と引き換えに、いつ誰が死ぬかわからない、成功率0%のデス・ミッションがいま開幕する!

作品レビュー

DCエクステンデッド・ユニバース、記念すべき10作品目の『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が前作とリンクしない、新たに構築した新生スーサイド・スクワッドとして登場。

チームとなる14人の悪党たちの中でも、最も存在感ある悪カワのハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)。クレイジーで予測不能。持ち前の頭脳を活かし、ダイナミックでアクロバティックな戦いを得意とする。目立ちたがり&自由すぎるが、現在は彼氏募集中!『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OFPREY』で見せた人間らしさを払拭し、今回はさらにハチャメチャで、美しい赤いドレスを着て大胆な戦いを披露。その能力は、ワンダーウーマンと匹敵するレベルで、実はアマゾン族の出身では?と思うほど強い。

チームの中心格となるのはブラッドスポート(イドリス・エルバ)。
スーパーマンを半殺しにした罪で服役中の、世界最強のスナイパー。身のまわりのものすべてを凶器にする超一流の刺客でもあり、人生を特訓に捧げてきた彼に、死角はないかのように思えたが、娘のために今回は仕方なく参戦!

他にも、ラットキャッチャー2(ネズミ使いの女子)や、ポルカドットマン(水玉使いの陰キャラ)、ピースメイカー(平和のために暴力をふるう筋肉野郎の狙撃手)、キング・シャーク(サメ人間のカイジュウキャラ)など、この協調性の無いメンバーで戦争をするのか?!と驚く“極”悪党の面々だ。

今回のミッション成功に導くため、“スーサイド・スクワッド”を監督するエリート軍人のリック・フラッグだが、やりたい放題なメンバーが原因で、危険にさらされ続ける。チームで唯一まともな存在だが、作戦通りには進まず苦戦を強いられる。


本作は出だしからビックリするほど面白い。力を発揮できそうな強キャラ囚人たちが、あっけなく死んでいくから、キャラの推しはせず鑑賞すべし!伏線や回収などの観客への気遣いは無いまま、突き進むように加速し、ひたすら面白い方向に持っていかれる手法は痛快だ。

ピースメイカー役を務めるのは、プロレスラー兼俳優のジョン・シナ。
同じく8月に公開の映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』にも露出度の高い役で登場。2022年には『ピースメイカー』のスピンオフドラマが米HBOで放送されるので今後の活躍に注目したい。さらにサメ男のキング・シャークの声としてシルベスター・スタローンが出演している。

日本の特撮映画を意識した巨大カイジュウやサメ男、イタチ男(?)や、ブラックユーモア満載のぶっ飛んだ映像。ジェームズ・ガン監督の脳を覗き見する新感覚の戦争ムービー。何も考えずに笑いながら楽しめてスカッとするので、コロナ自粛のストレス発散にピッタリの映画だ。

予告動画

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』8月13日公開


監督/脚本:ジェームズ・ガン
シリーズ 製作総指揮:ザック・スナイダーほか
キャスト: マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ、ジョン・シナ、ジョエル・キナマン、ピーター・カパルディ、シルベスター・スタローン、ヴィオラ・デイヴィス
上映時間:132分
R15+指定
公式サイト
#新スースク
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!