• 道内最大級の映画レビューサイト

格闘ゲームを映画化!「モータルコンバット」6月18日公開

作品紹介

全世界を賭けた「禁断の死闘」が幕を開けるー 社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つ「モータルコンバット」。激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズが、唯一無二のデスバトルアクション映画として、ついに日本上陸!ゲームの枠をぶっ壊し、マーシャルアーツ映画の歴史に名を刻む、一瞬足りとも目が離せない、2021年最注目の“超攻撃型衝撃作、それが 映画「モータルコンバット」だ。

映画「モータルコンバット」には、映画、テレビ、格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャスト達が集結。日本注目の強力キャストとして『ラストサムライ』以降、数々のハリウッド作品に出演し続ける真田広之が超重要キャラクター<スコーピオン>として出演。 さらにマーベル作品を始め、『ミッドウェイ』などハリウッド大作への作品が続く浅野忠信が地球上の戦士たちの指南役<ライデン>を演じる。

世界各国から集結する強力キャストたちの中、この日本代表の2人に熱い期待が寄せられている。 ほか、コール・ヤング役にルイス・タン(『デッドプール2』、Netflix『五行の刺客』)、ソニア・ブレイド役にジェシカ・マクナミー(『MEG ザ・モンスター』)、カノウ役にジョシュ・ローソン(『スキャンダル』)が出演。さらに、ジャックス役のメッカド・ブルックス(TVシリーズ「SUPERGIRL/スーパーガール」)、リュウ・カン役のルディ・リン(『アクアマン』)、シャン・ツン役のチン・ハン(『ダークナイト』『スカイスクレイパー』)、サブ・ゼロ/ビ・ハン役のジョー・タスリム(『スター・トレック BEYOND』『ザ・レイド』)、クン・ラオ役のマックス・ファン、ミレーナ役のシシィ・ストリンガー、エミリー・ヤング役のマチルダ・キンバー、アリソン・ヤング役のローラ・ブレントも出演している。
スタッフは、オーストラリアで数々の賞を受賞した監督:サイモン・マッコイドが長編監督デビューを果たし、あのジェームズ・ワン(『アクアマン』監督、『死霊館』シリーズ)をはじめ、最強映画に相応しいスタッフが集結した。

ストーリー

情け容赦ない無慈悲な物語。
胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手<コール>は自らの生い立ちを知らぬまま金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝が<コール>を倒すために放った最強の刺客<サブ・ゼロ>に命を狙われる。
<コール>は家族の危険を察知し、特殊部隊少佐<ジャックス>と女性戦士<ソニア>と合流。地球の守護者<ライデン>の寺院を訪れる。
そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。 コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことが出来るのか?

作品レビュー

あまりにもグロテスクすぎる内容で、日本では未発売となっているアメリカの格闘ゲーム「モータルコンバット」。その実写版がこの度公開される。浅野忠信、真田広之という日本注目のキャストも参戦し、全人類を揺るがす禁断の死闘が描かれる。

全編、胸のすくような残忍アクションが展開し、観る者を骨の髄まで魅了する。原作ビデオゲームの恐ろしい魅力を十二分に描き出し、また、映画オリジナルの主人公を設定することで、原作ファンも新鮮な気持ちで観ることができる。

ただグロテスクなだけでなく、ストーリーも非常にエモーショナル。人間界と魔界との壮絶な戦いを背景に、主人公とその家族、そして先祖の因縁などを描き、普遍的な共感を与えてくれる。

主人公は、総合格闘技(MMA)選手のコール・ヤング。生まれつき、胸にドラゴンの形のアザを持つコールは、ある日、魔界からの刺客サブ・ゼロ/ビ・ハン(ジョー・タスリム)に命を狙われる。そこに突然、特殊部隊少佐のジャックス(メカッド・ブルックス)とその部下ソニア・ブレイド(ジェシカ・マクナミー)が現れ、コールを謎の寺院に導く。そこでコールは全世界を懸けた恐るべき死闘“モータルコンバット”の存在を知る。ドラゴンのアザこそが、その死闘への出場権だったのだ。コールは家族と仲間を守るため、死闘への参加を決意する。

原作未プレイのひとが観ても楽しめるのはもちろん、原作ファンもニヤリとできる様々な演出が施されている。原作の定番キャラクター、カノウ(ジョシュ・ローソン)、リュウ・カン(ルディ・リン)、クン・ラオ(マックス・ハン)の登場はもちろん、格闘ゲームさながらの一騎打ちなど、「モータルコンバット」の世界をそのまま実写化した世界には流石の一言である。

過去には『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督が一度実写化している「モータルコンバット」だが、この度の新作映画では、アンダーソン版を上回る、R指定さく裂の残忍アクションが展開する。

浅野忠信が演じるのは、人間界の守護者ライデン。人間たちのメンターとなる頼れる存在だ。そして、真田広之が扮するのは、原作の超人気キャラ、スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ。どちらも重要なキャラクターである。

そのほか国際色豊かなキャストが登場し、そういう意味では、非常に多様性に富んだ作品だと言える。監督は、オーストラリア出身の新鋭サイモン・マッコイド。製作には『アクアマン』『死霊館』のジェームズ・ワンも参加し、素晴らしいスタッフがそろった。今夏、禁断の死闘を目に焼き付けろ!

予告動画

モータルコンバット  6/18 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他で公開


製作:ジェームズ・ワン 他
監督:サイモン・マッコイド
出演:ルイス・タン、真田広之、浅野忠信、ジョー・タスリム
原題:Mortal Kombat
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:110分
原題: MORTAL KOMBAT
R15+指定
公式サイト
© 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

投稿者プロフィール

Hayato Otsuki
Hayato Otsuki
1993年5月生まれ、北海道札幌市出身。ライター、編集者。2016年にライター業をスタートし、現在はコラム、映画評などを様々なメディアに寄稿。作り手のメッセージを俯瞰的に読み取ることで、その作品本来の意図を鋭く分析、解説する。執筆媒体は「THE RIVER」「IGN Japan」「映画board」など。得意分野はアクション、ファンタジー。
error: Content is protected !!