• 道内最大級の映画レビューサイト

アンソニー・ホプキンス最高傑作『ファーザー』5/14公開 作品レビュー

作品紹介

《第93 回アカデミー賞主演男優賞、脚色賞2 部門受賞!名優アンソニー・ホプキンス最高傑作!》ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネート!<作品賞・主演男優賞・助演女優賞・脚本賞>

主演は『羊たちの沈黙』でアカデミー賞に輝いたアンソニー・ホプキンス。現実と幻想の境界が崩れゆく父を演じ、世界中から絶賛され、本年度アカデミー賞主演男優賞、脚色賞2 部門を獲得、30年ぶり2度目の栄冠への距離が日に日に近づいている。父を支える娘には、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞を受賞したオリヴィア・コールマン。
老いによる思い出の喪失と、親子の揺れる絆を描く、かつてない映像体験で心揺さぶる今年最高の感動作!

ストーリー

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ?
なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか?ひょっとして財産を奪う気か?そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか?現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは――?

作品レビュー

認知症がテーマの映画『ファーザー』は冒頭から、霧に包まれたような感覚を覚える。観る側が認知症を疑似体験する新感覚のストーリーだ。主人公のアンソニー(83歳)の思考は、アンソニー自身だけではなく観客にも理解できない。まるで抜け出せない迷路に迷い込んだようだ。

アンソニーは『何かがおかしい』と言う。認知症によって記憶が曖昧で思考がはっきりとしないことが原因だ。アンソニーは大事な腕時計を失くしては、周囲の誰かが盗ったと言い張る。認知症の典型的な症状の一つとして、物を失くしては盗られたと言い、失くした物やお金を探そうとする。そして記憶が曖昧になり時系列を忘れてしまう。

他人事ではないとザワッとした気持ちになる。まさしく私の89歳の父の症状と類似している。父は認知症では無いが、物忘れも多く年齢的に入り口に差し掛かるため、軽度の認知障害がある。
腕時計やお金を失くし盗られたと言い、感情の起伏も激しい。夜はすっきりと眠れず『何かがおかしい』と嘆き体力も落ちてくる。

認知機能の低下によって、生活上での混乱や周囲とのトラブルや猜疑心から不安に駆られる。年齢的にも死と隣り合わせのはずだが、逆に生に執着する。

超高齢化社会の弊害である認知症の問題。家族はどこまで親の認知症に介入しなくてはならないのか?認知症の親との関わりは辛いものだ。上映時間97分の中で、家族や将来の自分の問題と向き合うことになる。

主人公アンソニー役の名優アンソニー・ホプキンス。彼が演じるアンソニーのリアルな認知症の症状は、健康的に生きることへの危機と恐怖心を伴う。
フローリアン・ゼレールの戯曲「Le Père」をアンソニー・ホプキンス主演でゼレール自身が監督・脚本で映画化。脚本はアンソニー・ホプキンスにあて書きし、主人公の名前と年齢をアンソニー・ホプキンスと同じにしたという。圧倒的な存在感を誇るアンソニー・ホプキンスの重厚な演技に引き込まれる。

娘・アンを務めるのは、『女王陛下のお気に入り』でのアカデミー主演女優賞受賞を獲得したイギリスの女優オリビア・コールマン。父の変化に戸惑い、自分の人生との両立に苦悩する様子と、父を想い泣くシーンにグッとくる。介護する側にしか理解できない辛い状況を見事に演じている。

記憶が薄れ現実と幻想の境界線が無くなる父親を想い、介護生活で悩みながらも新しい人生を踏み出したい娘・アンの人生の選択での答えとは―。

アンソニーとアンの視点が混ざりながらも、ラストではモヤモヤとした霧が少し晴れる感じがある。しかし認知症患者の脳内に触れるため、全体像を理解するには観る側の想像力が要る。

健康的に長生きし、ピンピンコロリで死を迎えないと家族に迷惑を掛けてしまう。自分のために家族の人生を奪ってしまうのは忍びない。今から介護保険を掛けるか、身体と脳機能を保つ努力が必要と思う。老後と向き合うきっかけを与えてくれる、共感度の高い映画である。

予告動画

『ファーザー』5月14日 札幌シネマフロンティア 他で全国公開

監督:フロリアン・ゼレール (長編監督一作目)
脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール
出演:アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、イモージェン・プーツ、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・ウィリアムズ
2020/イギリス・フランス/英語/上映時間: 97分
原題:THE FATHER
配給:ショウゲート
公式サイト
@NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!